クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12
数々の旧型トラックのメー..
by gramman at 20:50
自分はZMダンプ(出して..
by いなばん at 19:22

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

トミーテック・LV-165a コスモスポーツ パトロールカー

マツダ・コスモスポーツは世界で初めて「実用的な」量産車として登場したロータリーエンジン搭載車である。あえてカッコ書きになっているのは厳密には世界初のロータリーエンジン搭載車はNSU社が開発したヴァンケルスパイダーであるためで、ただこのクルマは数々の課題が未解決のまま市販され、また仕上げも量産と呼ぶほどのものではなかったため、特に日本国内ではこのコスモスポーツが実質的な世界初のロータリーエンジン搭載車として認識されている。

ロータリーエンジンの開発についてはそれだけで1か月分のブログ記事が書けるほどになってしまうので割愛するが、当時の東洋工業(現・マツダ)の総力を結集して作られたエンジンで、従来のレシプロエンジンに比べてはるかに高性能を発揮することができ、かつ驚異的にコンパクトにすることができる夢のエンジンであった。この夢のエンジンを搭載する車体の設計にも東洋工業は情熱を注ぎ、夢のエンジンに恥じない今までにない未来的なデザインが求められた。その結果生まれたのがこのコスモスポーツであった。



b0098271_12135897.jpg
b0098271_12141738.jpg
b0098271_12142426.jpg
ロータリーエンジンのコンパクトさを最大限に生かし、車体は宇宙船を思わせる薄く丸みを帯びたデザインが採用された。これは現代の目で見ても相当スマートで、当時としてはいかにも先進的な見た目であっただろう。

1967年より市販が始まり、同年に耐久テストを兼ねて警視庁第8方面交通機動隊がこのコスモパトカーを採用した。同年12月に中央自動車道の調布-八王子間が開通し、来るべき自動車の高速化に向けて取締りの強化、抑止力を狙っての採用でもあったと思われる。このパトカーの採用はやはりセンセーショナルで、当時の子供向け図書(はたらくくるまの特集)にこぞって取り上げられた。その他地元広島県警での採用実績もあり、これは1/24スケールでハセガワ模型より立体化されている。


b0098271_12143394.jpg
b0098271_12144106.jpg
TLVでは1/64スケール名ながらボンネットの開閉が可能で、内部にはロータリーエンジン一式が再現されている。差し色も施されており、エアクリーナーの黄色が目を引く。今の基準で見るとやたら赤色灯とサイレンが大きく見えるがこれはTLVの縮尺ミスではなく、実際にこの大きさなので、やはり車体が小さいということになる(実車の写真を見るとここまで大きくはないような気がするが)。

フロントにはフォグランプが本来装着される。ユーザー取付パーツとして付属するが、この画像では取り付けていない。

[PR]
# by gramman | 2017-07-22 12:31 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N152a スカイライン GT-R パトロールカー(神奈川県警)

今年2017年は日産のスカイライン生誕60周年を迎える。これに合わせてトミーテックと青島文化教材社は一大キャンペーンを展開しており、今回のTLVもそれを受けての商品展開となった。ベースとなったのは初代スカイラインGT-RであるKPGC10以来となる4ドアGT-Rの復活となったR33スカイラインGT-Rオーテックバージョンである。



b0098271_11482310.jpg
b0098271_11483744.jpg
b0098271_11484857.jpg
実車のGT-Rオーテックバージョンはスカイライン生誕40周年となる1997年のモーターショーで発表されたもので、翌98年に市販化された。2ドアGT-Rは既に95年にラインナップされており、その2ドアGT-Rのコンポーネントを4ドアボディにそのまま移設したオーテックの意欲作である。正式名は「GT-Rオーテックバージョン 40thアニバーサリー」、型式は2ドアGT-Rの型式を受け継ぎ「BCNR33改」であった。総生産台数は422台と言われ、これは歴代GT-Rの中でもケンメリの197台に次ぐ希少さである。

警察車両にもこの4ドアGT-Rはドライバーの違反抑止効果と実際に取締りで役立つ高性能を買われて導入実績があり、神奈川県警で白黒パトカーが2台、埼玉県警で覆面パトカーとして2台採用された。余談だが2ドアGT-Rも埼玉県警で覆面パトカーとして導入されており、その後R34スカイラインGT-Rも覆面パトカーの存在が確認され全国に衝撃を与えた。余談の余談で、R32スカイラインGT-Rは警視庁で覆面パトカーでの採用実績がある。

話を戻そう。本モデルは神奈川県警の白黒パトカーの個体を再現しており、前述のように2台存在したため、再現されたルーフのコールサインでどちらを再現しているかは推定できるが、ナンバープレートは白色で何も書かれていない。

アンテナとボンネットのバグガード、フロントグリルの赤色灯はユーザー取付パーツで、画像では取り付けていない。

[PR]
# by gramman | 2017-07-22 12:05 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

モノクローム・1/35 陸上自衛隊 1/2tトラック 斥候車

ハイラックス消防車以来のプラモデルは、久しぶりの1/35スケールに返り咲き。4月5月と陸自駐屯地祭が続き、装備を見る機会が多かったのでそれに影響されてのことだ。題材はモノクロームの1/2tトラック斥候車を選んだ。このキットは製作自体は2回目だが前回はエッチングパーツに泣かされて完成させることが出来なかったので今回は気合を入れて取り組んだ。
b0098271_13210168.jpg
b0098271_13211210.jpg
b0098271_13212495.jpg
b0098271_13213483.jpg
もはや説明するまでもないが、一番「自衛隊らしい」車両ともいえるのがこの1/2tトラックで、古くは73式小型トラック(新型)ともいわれていた。現車は1996年に登場し、その時は73式と呼ばれていたのだが、民生品を多く使っており、装備品の更新が随時行われるため2001年より納入が始まったものより名称が変更された。実際に年度によって何度か小変更がおこなわれている。ちなみにこのモデルは初期に納入された個体を再現している。



「斥候車」とは偵察に使用される車両のことで、その任務により機関銃(5.56mm機関銃MINIMI、12.7mm重機関銃M2)、無線機を搭載したものが多い。運転手と助手席の偵察員と、後部の偵察員の3名が乗車する。主に師団偵察隊や普通科の情報小隊が運用している。陸自の偵察は数個小隊で行われるが、さらに1/2tトラックを保有するA班、オートバイを保有するB班、87式偵察警戒車を保有するC班に分類される。それぞれの班が単独で運用されることはなく、A班とB班が共同で偵察を行う「A混」、C班とB班が共同の「C混」となる。状況によってオートバイ班の班長が指揮をとれば「B混」と呼ばれる。

それぞれの装備には特徴があるので、簡単に言えばオートバイは山岳地等の狭隘な地域や隠密行動が要求される状況に使われ、87式偵察警戒車は敵の激しい攻撃が予想される状況に投入される。そんな中で1/2tトラックは「中途半端」は位置づけとなっているが、オートバイの次に控える装備が装甲車ではやはり柔軟な運用はしがたいので「使い勝手が良い」のだろう。

偵察隊の任務は敵の状況を視察することだが、味方の中で最も早く接敵するので敵のトラップにひっかかることも予想され、またあえて攻撃を仕掛けることで敵に応射させ、武器の種類、配置等を偵察する「威力偵察」も実施する危険な任務である。自らのもたらした情報によって味方の生命を左右するわけであるから、情報が誤っていることはもちろん、情報が足りないことも許されない重要な任務でもある。



b0098271_13221281.jpg
色はタミヤの陸上自衛隊OD色をスプレーで一発。吹きっぱなしで鮫肌にならない程度に絶妙なつや消しになる優れものだ。天候に恵まれたのでムラもなく塗ることが出来た。



b0098271_13222150.jpg
見所の後部座席周辺。ミニミはよく再現されているが、やたらパーツがゲートにくっついており、切り離す時に銃身が破断しやすいので注意が必要だと言っているそばから折れたので、かなり切れ味の良いニッパーがあると良い。偵察に欠かせない無線機のアンテナは真鍮線で再現した。長さは実車の写真を見て、感覚で決めたので正確な長さをご存知の方がいたら教えていただきたい。細かいことを言えば無線機のツマミなども塗ればよかったのだろうが、気にならなかったので取り掛からなかった。

b0098271_13223001.jpg
運転台周り。メーターと助手席前の注意書き、ラジオコンソールの再現にはデカールが付属する。画像では見えないがドア内側の小銃ラックはエッチングパーツで再現する。今回もモノクローム特有の柔らかいエッチングパーツにはかなり苦労させられた。

b0098271_13223933.jpg
フロントステアリングは可動する。今回はフロントガラスは剥き出しの状態としたが、演習等では反射防止と機関銃の射撃による破損を防ぐため古い毛布などで覆ってしまうようだ。それを再現するのも面白いかもしれない。

b0098271_14064476.jpg
所属は第1偵察隊とした。他の作例では機甲教育隊や戦車隊所属のものもあり、機甲科と偵察というものが密接にかかわっていることがよく分かる。リアバンパーの夜間行動用のライトはクリアパーツで用意される。



総評としてはエッチングパーツの取り扱いやゲート処理に苦労するところも多いキットだったが、それなりにスムーズに進めることができた。毎度思うが苦行としか思えないことばかりでも組みあがったときにはすっかりそんなことは忘れて次のキットに取り掛かるのだから、まったく都合が良いものだとつくづく思う。

[PR]
# by gramman | 2017-06-24 14:11 | 模型 | Trackback | Comments(0)

陸上自衛隊新発田駐屯地 創設64周年記念行事

b0098271_20451912.jpg
天候に恵まれた5月14日日曜日、陸上自衛隊創設記念行事が執り行われた。新発田の記念行事としては昨年振り2年ぶりの参加となった。残念ながら一眼レフのデジカメは前日の充電むなしくまさかの電池切れ、こういうときに限ってバックアップのコンパクトデジカメも持参せず、今回はすべてスマホでの撮影となった。



今年は観閲行進が終わるころに会場に到着したので、音楽隊演奏、格闘展示、模擬戦闘訓練から参加した。演奏と格闘展示はデジカメの電池切れのショックから立ち直れず撮影していない。

b0098271_20491569.jpg
模擬戦闘訓練の状況開始の図。中隊長が執行者に敬礼した後ラッパ吹奏により状況開始となった。今回の模擬戦闘訓練は会場左手が敵に占拠された想定で行われた。陸自側にとっては鉄条網が進撃を拒んではいるが、敵AFVはおらず、敵火力はミニミと小銃の小火器のみなので、87RCVと12.7mmM2重機関銃を保有していた高田の敵よりはラクだろう。

b0098271_20493195.jpg
OH-6による航空偵察。

b0098271_20500011.jpg

b0098271_20500949.jpg
偵察オート2台と87式偵察警戒車による偵察。あえて装甲車両で攻撃することにより敵の火力を探るのが威力偵察である。

b0098271_20503469.jpg
b0098271_20505382.jpg
特科のFH-70、普通科の迫撃砲、中距離多目的誘導弾、小銃小隊による敵勢力への攻撃が行われる。途中我の普通科隊員が負傷したとの想定で軽装甲機動車を盾に隊員を収容する様子も展示された。これは高田では見られない光景だ。

b0098271_20512570.jpg
敵火力が減殺されたため、進撃を阻む鉄条網、地雷を無力化するため普通科隊員によるM1爆破筒の設置。爆破筒は後端(自衛官側)に信管を仕込み、導火線に点火してから目標に押し込む。この爆破筒の設置はいくら味方の援護が受けられるとは言え、敵陣にいちばん近い箇所に長い爆破筒を抱えて突っ込んでいくので、まさに決死の作業である。点火したら速やかに離脱する。

b0098271_20515916.jpg
b0098271_20520963.jpg
決死の爆破筒設置により敵の構築した障害が取り除かれたため、普通科隊員による突撃が行われ占拠されていた台を奪取、状況終了となった。


午後からはおなじみの装備品展示となった。
b0098271_09174186.jpg
高田駐屯地にも2両登場し、今年は大活躍の87式偵察警戒車。

b0098271_09175493.jpg

b0098271_09193676.jpg
93式近距離地対空誘導弾。きわめて狭い範囲の防空を担う装備で、最大射程は5000mと言われる。ヘルメットに特徴的な装備を装着しているのが班長で、この目視照準具で目標を評定、射手が助手席に設置された射撃コンソールを操作することで敵航空機へミサイルを発射する。ちなみに射撃コンソールは実戦時は取り外して車外で操作するのが通常であるが、これは敵に発射装置を探知され破壊された場合でも隊員が生き残れるようにである。

b0098271_09180642.jpg
劇的に配備数を増やしている中距離多目的誘導弾。2012年から部隊配備の始まった装備で、民生品を多用して都度アップグレードが行われるため〇〇式という名称はつかない。79式対舟艇対戦車誘導弾の後継装備という位置づけではあるが、現代の誘導弾の用途が対舟艇対戦車のみならず、スナイパーつぶしなど多岐にわたることから「多目的」という名称となった。

b0098271_09182029.jpg
96式装輪装甲車B型。演習では普通科隊員を載せていたが、通常新発田には配備されていない。

b0098271_09183079.jpg
昨年も登場した野外通信システムアクセスノード。昨年は展示場所ではない片隅にひっそり置かれていただけだったが、今年は堂々展示車両の仲間入りをした。なぜか写真を撮りまくる女性陣がいたが、それほど目立つ装備でもないので何かと間違っていたのか、装備を開発した1人だったのだろうか。

b0098271_09200709.jpg
b0098271_09201701.jpg
b0098271_09202610.jpg
特科の主力、155mmりゅう弾砲FH-70。最大射程24km、推進弾を使うことで最大射程は30kmにまで伸びる。基本的に移動は特大型トラックをベースにした専用の牽引トラックだが、スバル製水平対向エンジンを搭載しており、最高16km/hながら自走することも可能である。

b0098271_09422902.jpg
駐屯地祭では久しぶりに見たAH-1S対戦車ヘリコプター。本来はAH-64Dの導入とともに退役する予定であったが、アパッチの調達価格が高騰したことで調達が終わってしまったため、まだまだ退役できない機体である。その後後継機の選定なども聞かれないが、対戦車ヘリコプターの役割は決して少ないものではなく、今後の情報が待たれる。



b0098271_09453352.jpg

b0098271_09453903.jpg
そんなこんなで駐屯地祭を満喫して帰路につくと、同じく帰路に就く87式偵察警戒車と遭遇。第12偵察隊は相馬原駐屯地に所在する部隊なのでそこまで自走していくのだろう。車長は移動中常にハッチから身体を出して周囲の警戒をしなければならないので。高速道路であってもそれは例外ではない。話に聞いてはいたが、目の当たりにするとなかなか感動的であった。ちなみに虫等が飛んでくるので透明なガードのようなものを身体の前につけている。操縦手、砲手、偵察員の命を預かる車長とはいえ、この移動こそが一番大変なのではないかと思ってしまった。ちなみに撮影は助手席から行った。

[PR]
# by gramman | 2017-05-27 09:52 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)

第13回クラシックカーミーティングinフォッサマグナミュージアム

2017年ゴールデンウィークの初日、というべきか後半の初日、5月3日に糸魚川市フォッサマグナミュージアムでクラシックカーミーティングが開催された。天気に恵まれた、とまではいかないが雨にはならず多くの人出があった。

b0098271_21313561.jpg

b0098271_21312497.jpg
昨年12月に糸魚川市は大火に見舞われた。糸魚川市は「クラシックカーのまち」としていくつかの活動団体もあり、大火によって被災したオーナー、そしてクルマもあったようだが、会場の雰囲気はそれを微塵も感じさせない、「復興」などという言葉を使うまでもなく前を向いていることを実感できたイベントでもあった。



b0098271_21382762.jpg
b0098271_21383998.jpg

b0098271_21412736.jpg

b0098271_21384882.jpg
今年も健在、日野・ルノー4CV。地元糸魚川市のオーナー所有の1台。個体そのものも珍しいが、地名なしシングルナンバーも非常に珍しい。今年気づいたのだが、ドアは逆観音扉とでも言うべきか、Bピラーに当たる部分に前後のヒンジがくっついている。ビートルを思わせるリアデザイン、腰かけられそうなリアバンパーなど、今見ても魅力的だ。



b0098271_21455255.jpg
b0098271_21460321.jpg
b0098271_21462006.jpg
b0098271_21463497.jpg
b0098271_21464335.jpg
ニッサンセドリックカスタム。セドリックとしては初代に当たる。特徴的な縦目2灯ライトは前期型の最大の見どころだ。縦長のテールライト、側面に回り込んだ前後ガラスなど、随所に50'sアメリカ車を思わせるディテールが見られる。こちらは1文字の地名つきシングルナンバー。「足」となってるがオーナーは富山在住のようで、このナンバーを維持するために足立陸運局に税金を払い続けているのだと思う。



b0098271_21533626.jpg
b0098271_21545124.jpg
b0098271_21550223.jpg
b0098271_21551746.jpg
b0098271_21553026.jpg
もはや説明の必要もないフェアレディZ。2シーターだ。モスグリーンの車体が一層味わい深い。マニヤはテールランプの形状で年式が分かるのだろうが、私はいくら日産党とはいえまだそこまでの知識はないので詳しい方は推理していただきたい。ちなみにこのZの後ろにいたワンちゃんは全く人見知りしなかった。



b0098271_22062905.jpg
b0098271_22064188.jpg
b0098271_22065924.jpg
b0098271_22070598.jpg
やたらキレイだったカルマンギアコンバーチブル。メタルルーフ、というか通常のカルマンギアは旧車イベントでは珍しくないが、コンバーチブルはなかなかお目にかかれない。ステアリング横には似つかわしくない1DINオーディオとポータブルナビが鎮座しているが、これはこのクルマがただの芸術品ではないことを物語っている。



b0098271_22114234.jpg
b0098271_22120368.jpg
レーシーに仕上げられたアルファロメオ2000GTV。シフトノブが尋常ではないほど延長されているが、おそらく着座位置を後方に下げた関係だろう。現代的な感覚ではギアボックス自体を下げてストロークを短くしようという発想になるのだろうが、この辺がやはり70'sあたりのレースの精神を見て取れる。外装も全てが完璧で、非常に興味の沸く1台だ。

[PR]
# by gramman | 2017-05-21 22:18 | 自動車 | Trackback | Comments(0)

陸上自衛隊高田駐屯地 創設67周年記念行事

b0098271_17181345.jpg
今年も4月16日、陸上自衛隊創設記念行事が盛大に執り行われた。昨年は直前に熊本地震があり、その災害派遣のため高田駐屯地の主要部隊が熊本へ行ってしまい式典は中止となったため、今回は2年ぶりの開催となる。前日の高田公園パレードは開始前後に強い雨が降り、当日も天候が心配されたがいざ始まってしまえば日焼けしてしまうほどの春先とは思えない、暖かいを通り越して暑い1日となった。




b0098271_17184306.jpg
観閲台から向かって左側が普通科部隊、右側が施設部隊、後方支援隊と続き最も右側の部隊が即応予備自衛官部隊という並びも例年通りだ。



b0098271_17190883.jpg
今回初となったのが防衛大臣の出席(実際には代理の防衛政務官ではあったが)で、警務隊に警護された来賓が入場するという高田駐屯地らしからぬ演出がなされた。駐屯地司令が交代したので司令の意向なのか、陸自全体としての傾向なのは分からなかった。

b0098271_17194255.jpg
群馬ナンバーの警務隊所属覆面パトカー。東部方面警務隊隷下の第125警務隊が相馬原に駐屯しているので群馬ナンバーなのだろう。警務隊は白色に赤色灯を装備した1/2tトラックも所有し、高田駐屯地にも何台かあるようだが、覆面パトカーはレア装備だ。ルーフに反転式警光灯、前面にLED点滅灯を装備した佇まいは交通取り締まり用覆面パトカーを惹起させるが、警務隊のパトカーはあくまで隊内の規律維持が任務なので駐屯地内での速度違反取締りなどはしない。交通取り締まり用パトカーが反転式警光灯を装備しているのは高速での追尾では脱着式警光灯では外れる危険があるため、と聞いたことはあるが警務隊でその仕様にする理由は不明だ。追加情報が得られればいつか披露したい。

b0098271_17200504.jpg
小林防衛政務官の乗車した乗用車。品川ナンバーの「わ」なのでレンタカーだが、ハイヤーとして使われているようだ。



b0098271_17201921.jpg
巡閲の図。1/2tトラックに乗車した駐屯地司令が、観閲部隊指揮官が同乗のもと部隊を見て回る。



b0098271_17212297.jpg
来賓祝辞など記念式典の後、観閲行進となった。先頭は第2普通科連隊であった。今年から行進の曲が「大空」から「陸軍分列行進曲」に変わったのには驚いた。

b0098271_17215195.jpg
今年入隊した新隊員教育隊の行進。やはり入隊2週間ではベテラン隊員と比較するまでもないが、自衛官らしい堂々とした行進を披露してくれた。



b0098271_17224304.jpg

b0098271_17230696.jpg

b0098271_17231916.jpg

b0098271_17233673.jpg
高田駐屯地所在部隊の所有装備による車両行進。普通科の82式指揮通信車、軽装甲機動車などに続いて第5施設群とその隷下部隊所属の施設科装備が登場。92式地雷原処理車は高田駐屯地に常にある装備のようだ。


b0098271_17244587.jpg
続いて他駐屯地からの応援装備が行進。新町駐屯地所在の第12対戦車隊の79式対舟艇対戦車誘導弾。

b0098271_17240344.jpg
第12高射特科中隊の93式近距離地対空誘導弾。相馬原駐屯地から。

b0098271_17242457.jpg
宇都宮駐屯地の第12特科隊所属、155mm榴弾砲FH-70。牽引するトラックも野砲けん引用の専用装備だ。

b0098271_17245792.jpg
第12偵察隊所属の87式偵察警戒車。相馬原駐屯地より。今年の車両行進はこれで最後で、残念ながら10式戦車の参加はなかった。



b0098271_17251131.jpg

b0098271_17253150.jpg

b0098271_17254304.jpg
車両行進の後、第12ヘリコプター隊のUH-60JAとOH-6Dによる観閲飛行が観閲台左手から右へ飛行していったが、間もなくCH-47JAが南方向から北へ飛行。空挺降下のアナウンスがなされたが、アナウンスと同時に上空を見上げると隊員は既に飛び出した後で、機体から飛び出す瞬間は見ることが出来なかった。

過去何度も予告されながら天候不順により実施されなかった空挺降下は今年初めて見ることが出来た。実施部隊は日本唯一の空挺部隊である第1空挺団で、降下する隊員は4名。いずれも新潟県出身者であった。使用される空挺傘は自由降下傘で、スポーツパラシュートと同形状で操縦性、安全性か向上している。特に高田駐屯地のような狭い場所に降下する際は、以前のように空挺専用の傘では危険なのだろう。降下に際しても5点着地などはせず、両足で立ったまま着地していた。



b0098271_17263466.jpg
恒例のラッパ隊吹奏披露。



b0098271_17270316.jpg
そして模擬戦闘訓練。今年の想定は会場右手、「関山の台」と呼ばれる地域が敵に占領されており、第2普通科連隊を基幹とする歩兵部隊が占領された地域を奪還するというものだった。敵役は赤いヘルメットを装備している。画像には写っていないがこのさらに右側に敵根拠地となっている国旗掲揚台に12.7mm重機関銃M2と、87式偵察警戒車扮する敵装甲車が陣取っている。

b0098271_17275735.jpg
航空機OH-6Dと偵察オート、87式偵察警戒車の偵察により敵情が解明され、普通科部隊による攻撃の図。前進基地(バラクーダで覆われた脚立)に進出した敵を後方へ追いつめる。

b0098271_17282311.jpg
特科部隊、FH-70による遠隔地からの支援射撃。砲弾が次々に敵陣地に着弾する。普通科の迫撃砲、重MAT、中距離多目的誘導弾も参加している。

b0098271_17290130.jpg
支援を受けさらに増派された普通科部隊。軽装甲機動車と下車した隊員により攻撃が続く。今年は戦車がいないのでおそらく代役を務めている87式偵察警戒車。この間に、UH-60JAより降下した狙撃隊員によりAPCに搭乗した敵指揮官が狙撃されている。

b0098271_17294818.jpg
普通科がさらに前進。敵からの攻撃はさらに熾烈さを増すが、臆することなく進撃する。

b0098271_17300567.jpg
いよいよ最終段階、特科による突撃支援射撃が開始。敵陣にさらに激しく砲弾が着弾した。この前に92式地雷原処理車により、敵地雷原は無力化されている。

b0098271_17311100.jpg
突撃支援射撃の最後の着弾があると同時に普通科が敵陣地へ突撃し、敵歩兵を全て無力化、占領された「関山の台」を奪還した。



以上で式典は終了。午後から装備品展示となったが、毎年と同じなので今回は割愛させてもらった。

[PR]
# by gramman | 2017-04-24 21:48 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.14 トヨタ スープラ

トミカプレミアム4月の新車第2弾は、これまた90年代を代表する名車であるトヨタスープラだ。



b0098271_00230874.jpg

b0098271_00231924.jpg

b0098271_00232833.jpg
このトヨタスープラは、国内でスープラの名を冠したクルマとしては2代目にあたるA80型である。デビューは1993年と古いが、トヨタを代表するグランツーリスモとして2002年まで生産が続けられた。最上級グレードであるRZは3000cc直列6気筒DOHCツインターボエンジンを搭載、最高出力280PS、最大出力46.0kg-mを発揮する日本を代表するモンスターカーであった。車両重量が1500kg以上あったことがネックとなりモータースポーツでは苦戦したが、その爆発的な加速には根強いファンも多く、トヨタ最後の直6エンジン搭載車のうちの1台として今なお愛されてやまない。



このスープラも先述の33R同様に以前にトミカのラインナップに存在していた。しかしこれは全くの別物で、ボディラインから何からすべて異なっている。ハイパワーパフォーマンス車らしい大径タイヤも再現され(実車よりおおげさではあるが)、ライト類の彩色も完璧である。リアスポイラーもしっかりと抜けており、1000円以下で買えるこのサイズのミニカーとしては決定版と言えるだろう。

[PR]
# by gramman | 2017-04-23 00:31 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.13 日産 スカイライン GT-R

こちらもトミカシリーズとしてはおじさんをターゲットにしているとしか思えないラインナップを展開するトミカプレミアム。4月の新車第1弾は説明の必要もない名車、スカイラインGT-Rだ。



b0098271_00131658.jpg

b0098271_00133999.jpg

b0098271_00135937.jpg
トミカプレミアムは基本的に対象年齢6歳以上なので、ボディは出来る限り突起などを取り除くため、実車を再現することは限りなく難しい制約の中で展開されている。そんな制約の中で次々とクオリティの高いモデルを輩出してきたが、今回の33Rにも驚かされた。既に標準トミカシリーズでR33スカイラインはGT-R仕様がラインナップされていたが、それをはるかに上回る出来である。フロントマスクの緻密さ、彩色の正確さどれをとっても一級品だ。トミカ使用ではリアスポイラーは抜けが再現されていなかったが、今作ではキッチリと抜かりない。

商品名は「スカイラインGT-R」でしかないが、このフロントバンパーは標準車には用意されず、ニスモ製バンパーを付けている辺り芸が細かい。ホイールも同様に、ノーマルホイールよりはニスモのものに似ている。前述のとおり制約上ドアミラーはないが、違和感を感じさせない仕上がりとなっている。

[PR]
# by gramman | 2017-04-23 00:21 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.21 アバルト 124 スパイダー(初回限定版)

トミカ4月の新車はフィアットアバルト124スパイダーだ。今回はいつでも買える通常版は買わず、初回限定盤のみ手に入れた。

アバルト124は言わずと知れたマツダ・ロードスターをベースにフィアットが独自のチューンを施したクルマで、アバルト124スパイダーといては2代目に当たる。基本設計はロードスターをそのものではあるが、エンジンはフィアットオリジナルのものが採用されている。ロードスターではマツダ製2000cc4気筒DOHC NAエンジンであるが、フィアットは1400cc4気筒マルチエアターボエンジンが積まれ、最高出力は170psとなっている。



トミカ通常版ではそんな124スパイダーのイメージカラーであるホワイトボディを再現しているが、初回限定版ではカラーリングが大きく異なる。フィアットはこのアバルト124スパイダーをベースにWRCへの参加へ意欲を見せており、そのプロトタイプとなるカラーリングがこのトミカでは再現されている。
b0098271_15071698.jpg

b0098271_15072489.jpg

b0098271_15073104.jpg
さらに通常版ではソフトトップとなり脱着が可能な仕様となっているが、このモデルはハードトップとなる。サイドガラスのチケットウィンドウ、フロントのドライビングランプも通常版には見られないなど、なかなか攻めた仕様になっている。実車はもっとスポンサーロゴなどが描かれているが、「大人の事情」とトミカの塗装の限界なのであろう、再現は控えられている。ちなみにゼッケンやアバルトのロゴ類は付属のシールを貼って再現する。このシールを貼るというのが、往年のトミカを思い起こさせてくれ、感慨深い。

[PR]
# by gramman | 2017-04-22 15:17 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.60 いすゞ エルフ 車両運搬車

連続でトミカ3月の新車のご紹介。60番のいすゞエルフ車両運搬車だ。



b0098271_14241710.jpg

b0098271_14242323.jpg

b0098271_14242994.jpg
キャブとシャシー自体は従来からラインナップにあったいすゞエルフだ。新規に用意されたのは荷台と積まれるクルマというわけだ。

しかしこの荷台、あまりにも玩具チックというか、アオリに無理がある。トミカなので大した問題ではないのだろうが・・・
b0098271_14243479.jpg

b0098271_14244159.jpg
車が載らないことは決定的である。同じタイミングでTLVからセフテーローダが出たので、単純に比較するのはかわいそうだがもうちょっとなんとかしてほしかった。



b0098271_14245288.jpg
とはいえ荷台はしっかりと彫刻が施されており、アオリの滑り止め、荷台の縞板が再現されている。この辺はクオリティが高い。鳥居は真っ平だ。



ところでこのモデルの見どころは本体ではなく積載される車両のほうで、同じいすゞにこだわったのであろう、117クーペがついてくる。
b0098271_14251661.jpg

b0098271_14250467.jpg

b0098271_14253069.jpg
2017年の新車に117クーペがついてくるというのもなんとも妙な話だが、まんまとつられた大人たちは多いことだろう。しかも新金型だ。昔のお子様ラーメンセットのおまけによくあったおもちゃチック、とでも言ってみるのが正しいのかとても懐かしい感じもグッドだ。かなりデフォルメされてはいるが特徴をよくつかんでいる。箱にも「117クーペ積み下ろし」と書いてあることからも、タカラトミーとしては相当な気合いを入れて作ったのだろう。



○初回限定版
b0098271_14254220.jpg

b0098271_14254993.jpg

b0098271_14255611.jpg

b0098271_14260178.jpg
そしてこのエルフの初回限定版はただのカラーリング変更しただけのものではない。積まれるクルマがベレットに変わるという芸の細かさ。そして117クーペとは全く違う佇まいに仕上がっていることからも分かるが、わざわざもうに度々使われることはないだろうベレットを新規の金型を起こして作るあたり本当にタカラトミーはすごい。ここまでして子供が喜ぶとは思えないが、もうトミカは大人向けに作られている製品が少なからずあるということを示唆しているのだろう。今後もトミカのラインナップには大人を喜ばせるものが続きそうで楽しみだ。

[PR]
# by gramman | 2017-04-04 14:23 | ミニカー | Trackback | Comments(0)