クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

トミーテック・TLV-西部警察20 シルビア(白)

2018年1月に発売した西部警察のTLVを今さら入手。もはや大門軍団車両でもパトカーでもなんでもないクルマだが重要なクルマだと思う。以前のフェアレディZ 2by2はずっとオープニング映像を飾ることになるので同じく重要なクルマと言えるが、それとはまた違った意味合いで。



b0098271_18595735.jpg
b0098271_19000042.jpg
b0098271_19000397.jpg
西部警察PartⅢ第14話「マシンZ 白昼の対決!!」は偽物のスーパーZが登場することでファンからの人気も高い。また、当時まだ売出し中であった長塚京三が犯人役で登場したこともエピソードとして語られる。話の筋としては、長塚京三演じる深町がスーパーZを駆る大門部長刑事に逮捕され、レーサー人生を絶たれたことから逆恨みをし、スーパーZの偽物を作り出して大門に勝負を仕掛けるというものである。このシルビアは深町が逮捕されるシーンで乗っていたクルマである。



b0098271_19113905.jpg
b0098271_19114147.jpg
b0098271_19114443.jpg
ベースになっているのはS110系シルビアの後期型である。目立つパーツの後付は無く、ホイールもノーマルである。外観上で唯一の判別ポイントは、リアガーニッシュのステッカーだけで、キッチリと再現されている。これは推定だが、当時S110シルビアのスーパーシルエットがレース活動を行っており、トップレーサーの愛車、ということでこのシルビアを選んだのだろうか。しかしまさかこの車両を用意したスタッフもチョイ役に過ぎないこのクルマが35年後に細部まで考証の上モデル化されるとは思わなかっただろう。ちなみにこの第14話の放送は1983年7月17日であり、放映当時はこのシルビアは現行型であった。しかし1ヶ月には後継のS12型が登場するので最後の勇姿を飾った形だ。

このシルビアにはフォグランプが本来装着されるが、ユーザー取付パーツなので今回はまだ装着していない姿である。これはフォグランプをつけたらさぞカッコいいことだろう。ちなみにフェンダーミラー仕様だがパーツは着かない。



b0098271_19220642.jpg
b0098271_19220834.jpg
b0098271_19221175.jpg
先行して2017年にリリースされた姉妹車であるTLV154番ガゼールとの比較。ボディ形状は同じ3ドアハッチバックで、全体のデザインは全く同じなので区別が難しい。実車はフロントグリル、リアコンビネーションランプのデザインが異なる。画像では全く分からないがフロントグリルはシルビアが格子型、ガゼールは横一線となり、リアコンビネーションランプも同様にシルビアが格子状、ガゼールが横基調となる。これは画像でもうっすら確認できる。



b0098271_19291122.jpg
TLVスーパーZとの共演。性能の違いで追い詰められる深町。

b0098271_19291343.jpg
シルビアがスピンしてスーパーZに止められるの図。深町が「大門!マシンが同じなら俺は勝てたんだ!」と絶叫する。



恐ろしいことに、大門部長刑事のスーパーZのほかに、偽スーパーZもTLVでモデル化されている。この14話だけで2台もTLVが生み出されるとは、トミーテック内部にもこの話が相当記憶に残った担当がいたのだろう。確かに私自身も好きな話である。このミニカーを入手し、近所のTS○TAYAでこの14話が収録されているDVDを借りてきて見返したくらいだ。また、この話はエンディングシーンが2つあることもファンにはお馴染みの話だ。ネタバレになってもいけないので気になる方は検索を。

[PR]
# by gramman | 2018-12-01 19:39 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミー・トミカ西部警察スーパーマシンスペシャル

今回は少し目先を変えて手持ちのコレクションをご紹介。木暮課長のガゼールの入手によってにわかに活気づいてきた西部警察シリーズから、2000年に発売されたトミカ西部警察スーパーマシンスペシャルだ。



b0098271_16151719.jpg
b0098271_16152107.jpg
企業名が懐かしのTOMY。まだタカラと合併する前の商品だ。



●スーパーZ
b0098271_16163088.jpg
b0098271_16163352.jpg
b0098271_16163515.jpg
団長専用車、スーパーZ。実車同様S130Zのトミカをベースに再現されている。既存のZを金/黒ツートンに塗り分け、赤色灯とボンネットの催涙弾発射機を追加。ツートンの塗り分けが若干歪んでいるが、これは塗りなおしたわけでなく初めからこうだった。トミカらしくドア2枚が開閉可能。ガルウィングの再現はさすがに出来なかったようで、黒でガラス風に塗装されている。

b0098271_16190147.jpg
b0098271_16190862.jpg
b0098271_16191131.jpg
手持ちのトミカリミテッドヴィンテージのスーパーZと比較。TLVを基準とするとトミカのおもちゃらしさが際立ってしまうが、よく頑張っているほうだと思う。



●RS-1
b0098271_16233059.jpg
b0098271_16233215.jpg
b0098271_16233569.jpg
攻撃・戦闘指揮車と位置付けられたマシンRS-1。ベースはR30系最上級グレードの2000RSターボとなる。出来る限りのトミカの技を使って実車を再現している。特にこの西部警察セットでしか見たことのない大型警光灯とリアスポイラーを装着した姿は実にカッコいい。フロント部分が印刷になっているのはR30スカイラインの金型の都合だろうか、おかげで後期型の鉄仮面の再現が容易である。今回のセットでは後期型は含まれないが。

b0098271_16273134.jpg
b0098271_16273513.jpg
b0098271_16273724.jpg
TLVのRS-1との比較。トミカでは印刷でしか再現できなかった助手席上ルーフの連装機銃が再現されている。収納した際の天井の厚みも再現されている点に注目。



●RS-2
b0098271_16311817.jpg
b0098271_16312053.jpg
b0098271_16313734.jpg
情報収集車として位置づけられるマシンRS-2。RS軍団の中で唯一サンルーフを活用するために大型警光灯を装備していない。また、唯一助手席に人が座ることが出来る車両でもある。ベースはRS-1と同じ2000RSターボである。

b0098271_16340885.jpg
b0098271_16341085.jpg
b0098271_16341494.jpg
TLVのRS-2との比較。トミカでは印刷でしか再現できなかったエアロパーツの各種がTLVではしっかりと再現され、大きく雰囲気が異なる。



●RS-3
b0098271_16362513.jpg
b0098271_16362819.jpg
b0098271_16363122.jpg
b0098271_16363382.jpg
RS軍団の最後は情報分析車の役割を与えられたRS-3。採証用のサーチライト、ビデオカメラ等がコンピューター等とともに助手席に搭載されており、トミカでもカメラが再現されている。このRS-3は本来大門軍団に所属していたマシンRSを改造したもので、マシンRS開発当時にまだターボモデルがなかったためRS軍団の中で唯一NAエンジンの2000RSをベースとしている。そのためボディサイドのデカールにTURBOの表記が無い。

b0098271_16411260.jpg
b0098271_16411493.jpg
b0098271_16411797.jpg
TLVのRS-3との比較。なんだかだんだんとトミカとTLVを比較するのが可哀想になってくるほどTLVはよく出来ている。



●ガゼール
b0098271_16442225.jpg
b0098271_16442459.jpg
b0098271_16442671.jpg
木暮課長専用車のガゼール。トミカにはガゼールが存在しなかったので、同じS110系シルビアを流用していると思われる。本来木暮課長専用ガゼールはオープンモデルであるが、市販車両にはオープンモデルが無かったので、苦肉の策としてルーフと後方を黒色で塗装、幌を装着した状態を再現としたようだ。ボンネットのグラフィックも描かれ、制約の多い中でよく再現したと思う。

b0098271_16475801.jpg
b0098271_16480164.jpg
b0098271_16480360.jpg
TLVでのガゼールとの比較。やはりまったく異なっている。特にTLVでは実車同様トランク部分にもグラフィックが再現されるが、トミカではボンネット部分にしか描かれていない。それでもボディ側面の車名の印刷は施されており、トミカでやりたいことは伝わってくる。



●マシンX
b0098271_16510769.jpg
b0098271_16510983.jpg
b0098271_16511163.jpg
記念すべき大門軍団初代特殊車両。主に大門団長が乗車するが、後のスーパーZと異なり団長専用車という位置づけではなかったようだ。助手席部分に各種コンピューター、サーチライト、スチールカメラを搭載している。助手席ドア部分に再現されているのがそのカメラとサーチライトだ。ベースはC210系スカイライン2000GTターボである。

このモデルに関してはTLVからリリースされておらず、唯一無二の存在となっている。反対にTLVから特殊車両としてサファリがラインナップされているが、トミカにはサファリが存在せず、このセットには含まれていない。それにしてもTLVのサファリは高かったので買えていないのが残念でならない・・・。
b0098271_16555381.jpg

[PR]
# by gramman | 2018-11-24 16:57 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-NEO 西部警察 Vol.21 ガゼール

今回もまた以前の作品を入手したもののご紹介。気になっていた西部警察シリーズのガゼールだ。



b0098271_13002153.jpg
b0098271_13003304.jpg
他の西部警察シリーズ同様ブック型の入れ物を採用。表紙に大きく木暮捜査課長こと石原裕次郎が写る、風格すら漂うミニカーである。表紙裏には西部警察の多くの話の監督を務めた柏原寛司氏によるエピソードが掲載されており、西部警察ファンにはたまらない。



b0098271_13004449.jpg
b0098271_13003995.jpg
b0098271_13004782.jpg
ベースとなった日産・ガゼールは1979年3月にS110シルビアの兄弟車としてデビューした。型式は同じS110、ガゼールとしては初代となる。兄弟車であるため基本的なコンポーネンツはシルビアと共通であるが、フロントグリルの形状(シルビアはブロックまたは格子、ガゼールは横スリット)、リアコンビネーションランプに若干の差異が見られるほか、メッキを多用する等シルビアよりも高級感を演出していた。オープンモデルは市販モデルには存在せず、2ドアハードトップと3ドアハッチバックがラインナップされた。

西部警察のガゼールに話を移そう。西部警察の初回放送日は1979年10月14日、あの有名な「無防備都市」の前編で既にガゼールは登場していた。ドラマ設定上は木暮課長の自家用車であるが、必要に応じてパトカーとしても活躍する。当時の憧れの的だった自動車電話、コンソールに警察無線を秘匿装備しているが、他のスーパーマシンのような特殊装備はない。Part1第75話では犯人が逃走手段としてこのガゼールを指定したこともあり、西部警察の世界ではそれなりに有名なクルマだったようだ。このクルマが派手なカーアクションを繰り広げる回はないが、PartⅢまでオープンニングでは木暮課長がドアを開けずに颯爽とガゼールに乗り込むシーンがあり、憧れた諸兄は多いことだろう。



b0098271_13005189.jpg
b0098271_13005486.jpg
オープンモデルは市販仕様に存在しないので、このモデルは福岡県に本拠を置くガレージタルガ(現・TRG)が架装を行った。劇中車でありながらも無理な作りはせず、しっかりと作りこまれている。移動用に幌も用意されているが、市販車で主流の格納するタイプではなくパイプ状の支柱を車体に固定、その上に幌を被せる方式だった。特徴的なボンネットとトランクのグラフィックは、特注などではなくれっきとしたディーラーオプションであった(ガゼルをモチーフにしたと言われている)。車内は前述の自動車電話と、劇中で1回だけ点灯したダッシュボード上の赤色灯が再現される。刑事ドラマではよく真似されるが、このような赤色灯の置き方をしたのは西部警察のガゼールが最初なのではないかと個人的には思っている。

初登場時は警察車両であるがゆえに「品川88い・・77」だったが、劇中で言及されることもなく今回の「品川58た25-78」へ変更されている。他の捜査車両も同様にある時期から8ナンバーではなくなっているとのことだ。以前にトミカの西部警察スーパーマシンスペシャルセットでも再現されたことがあるが、その時はトミカの通常ルーフのシルビアをベースにしたため、苦肉の策でルーフをピラーを黒く塗り、幌を装着した状態を再現していた。それもよく出来てはいたが、今回は誰が見ても文句なしだ。

b0098271_15593569.jpg
b0098271_15593888.jpg
b0098271_15594018.jpg
トミカセットとの比較。トミカ単体で見るとそれほど違和感はないのだが、やはりTLVと比べてしまうとかなり見劣りしてしまう。結論、やはりTLVはすごい。

[PR]
# by gramman | 2018-11-23 13:31 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-166b トヨタパトロール 移動電話車

今回は最新作ではないが入手する機会があったので購入したTLV。2017年8月に登場したトヨタ・パトロール移動電話車だ。



b0098271_12322410.jpg
b0098271_12322760.jpg
b0098271_12323021.jpg
b0098271_12323249.jpg
トヨタ・パトロールというとあまり耳なじみのないクルマであるが、クラウンとは違ったクルマである。今回のパトロールは車種としては2代目となり、初代トヨペットクラウンRS型をベースとしている。本来当時のクラウンは直列4気筒を縦置きに搭載していたが、こちらはパトカーとしての職務に耐えられるよう、20系から55系ランドクルーザー、トヨタ救急車などに採用されている頑丈なトヨタ・F型3900cc直列6気筒ガソリンエンジンを採用した。このため6気筒エンジンを積むためにボンネット部分がクラウンよりも200mm延長されている。

さらに移動電話車とは警察で使用していた捜査用の車両のことで、車名は「トヨタ・パトロール」でありながらエンブレムは「TOYOPET」と警察車両であることが秘匿されている。後年の特殊パトロールカーと呼ばれるものは赤色灯が反転することで室内に格納できるようになるが、この年代ではまだ赤色灯とスピーカーは隠匿する気が無いのかあるいは技術的に難しかったのだろうか。

このトヨタ・パトロールは日本初のパトカー専用車両とも言われており、それまで米国製ジープ、ボンネットトラックで巡邏していた警察にとってはようやく近代化の一歩をたどったと言えるだろう。

[PR]
# by gramman | 2018-11-23 12:49 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-174a プリンスグロリア スーパー6(水色)

来年2019年でTLVは15周年となる。その15周年を記念して、あるいは前祝いとしてTLV最初期にラインナップされたプリンス・グロリアが装いを新たに登場。以前ラインナップされたものを手直ししたわけでなく完全新規金型だ。



b0098271_12040228.jpg
b0098271_12040580.jpg
b0098271_12040863.jpg
実車は1962年に登場したA40系と呼ばれるもので、グロリアとしては2代目となる。先代グロリアは開発期間短縮のため同時期のスカイラインとほぼ同じボディであったがグロリア独自のフラットデッキスタイルを採用したが、なんと言っても外観上はこれでもかとデコレーションが盛り込まれており、ショルダー部分を取り囲むように施されたメッキモールから、「ハチマキグロリア」の愛称でも親しまれる。

登場初期は1900cc直列4気筒エンジン搭載車のみであったが翌63年に直列6気筒G7型エンジンを搭載したスーパー6が登場、これが今回のモデルとなっている。スーパー6は日本初のOHCエンジン搭載車として有名であるが、当時5ナンバーサイズとしては国内唯一の6気筒エンジン搭載車でもあった。



b0098271_12041231.jpg
b0098271_12041864.jpg
足回りはフロントがダブルウィッシュボーン、リアはド・ディオンアクスルリーフと呼ばれる独特の仕組みを採用していた。TLVでもそれが再現されているらしいが・・・残念ながら写真を撮らなかった。

TLV最初期のグロリアはコレクションしていないが、当時の画像を見る限りアンチモニーの風情を漂わせており、限りなく実車を再現したとは言い難くやはり隔世の感がある。グロリアスーパー6としては、15周年に相応しい風格ある仕上がりとなっている。

[PR]
# by gramman | 2018-11-23 12:24 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N176a クラウン2.8ロイヤルサルーンG(白)

2ヶ月連続で120系クラウンの新車が登場。前回は後期型の2000ccのロイヤルサルーンであったが、今回は前期型2800ccのロイヤルサルーンだ。



b0098271_11485529.jpg
b0098271_11490200.jpg
b0098271_11490611.jpg
実車は1983年に登場した120系クラウンの最高峰グレードである。エンジンには5M-GEU型直列6気筒2800ccDOHCを採用。足回りは歴代クラウンで初となる4輪独立懸架となった。外観上はCピラーにクリスタルピラーと言われるアクリル製のピラーが話題を呼んだ。実は2800ccモデルは登場から1年後には6M型の3000ccに変更されるためレアなクルマである。

スポーティさを演出するために前期型の途中から採用されたフロントアンダースポイラーは今回もユーザー取付パーツである。

[PR]
# by gramman | 2018-11-23 11:56 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トランペッター・1/35 日本 陸上自衛隊 87式 偵察警戒車

本当に久しぶりになってしまったプラモデルの記事を掲載。題材は購入から何年か越しで完成した陸自87式偵察警戒車だ。以前に訪れた新発田駐屯地の創設記念行事に触発されて購入したので1年半ほど経っていると思われる。買ってからもっと年数の経っているキットもたくさんあるのでなんとかしたいところだ・・・。



b0098271_16424647.jpg
b0098271_16425095.jpg
87式偵察警戒車は陸自の保有する偵察用装備である。略称は「87RCV」、愛称は「ブラックアイ」であるが、部隊内では「RCV」と呼称される。概要を簡単に言えば82式指揮通信車のコンポーネントを流用し砲塔と偵察員室を増設したものである。製造は小松製作所だが、いすゞ製ディーゼルエンジンを搭載、装輪式の強みを生かし路上最高速度100km/hを発揮する。高速道路も自走できるため部隊展開はもちろん、駐屯地祭への参加も容易である。主武装にエリコン社製25mm機関砲、副武装として同軸に74式車載7.62mm機関銃を搭載する。25mm機関砲はAFV程度の装甲なら貫徹可能とされる。



b0098271_16431317.jpg
b0098271_16425206.jpg
b0098271_16431602.jpg
キットは現在1/35スケールで唯一プラキット化しているトランぺッター製。例によって気になるところは多いが、気長に組み上げると全体のプロポーションは悪くない。説明書は細かいところの説明が省略されているので、製作に際しては実車の写真を多用する。申し訳程度のエッチングパーツもついてくるが、扱いやすいのがありがたい。塗装はタミヤの自衛隊色を筆塗り。10式戦車や16式機動戦闘車は迷彩のパターンが決まっているが、今回はやりたいように気ままに進めた。

総輪車両はその特性上どうしても足回りにスペースが必要となるので、組んでみると全体の腰高感は否めない。また、1987年から2005年まで調達された関係だろう、細部が異なっている個体が多く、トランぺッターのキットは初期のものを再現していると思われるのでその年代の資料を収集したほうが組みやすい。後部カメラは現在は角ばったより小型のものを採用しているし、ボディサイドのリフレクターの位置、色も異なるものが多い。無線アンテナもキットでは0.5mm真鍮線で再現したが、最近の広域多目的無線のものはより太いものになっている。

陸自定番装備のワイヤーは、キット付属のタコ糸ではなく手持ちの1mm金属ワイヤーに置き換えた。またキットにはバックミラーが再現されるが、公道走行時しか装着されないので、今回は外した状態とした。外した状態にするための基部はついてこないのでそれらしく見えるジャンクパーツをくっつけただけのまったくの創作状態なので、あまり注目してほしくない。

余談だがキットにデカールはついてくるもののあまりアテにしてはいけない。キット指定の銘板はサイズが合わないうえ、思いっきり「90式戦車」と書いてあるので、サイズ違いの3枚付属する銘板っぽいデカールのうち中くらいのサイズのを貼ったが、本当は何用なのか、何と書いてあるのかは分からない。

車台後部にはジュリ缶が載せられるラックがあり、ジュリ缶もパーツとして付いてくるが、ジュリ缶に施される「防衛庁」のデカール、留め具、バンドも無いのであえて搭載しない状態とした。これらの不満を解消するため、ピットロード社からライオンロアのエッチングパーツ、細部のデカールをセットした商品がラインナップされているので、気になる方はそちらを入手してもらいたい。



b0098271_16432926.jpg
b0098271_16432251.jpg
b0098271_16432648.jpg
b0098271_16433212.jpg
砲塔は360度旋回が可能。機関砲部分は実車では俯仰角-10~+45度の範囲で可動する(模型では不明)。砲塔には車長と砲手を載せた。訓練風景を再現していないので、顔へのカモフラージュ塗装は行わなかった。ちなみに砲塔部分に乗り込むのは車長と砲手だけで、前部右側(ペリスコープが3枚のハッチ)が操縦手、その隣のハッチから前部偵察員が乗り込む。後部には後ろ向きに後部偵察員が乗り込む。車体後部に走行時に路肩側となる左側にペリスコープがついているのはそのためである。



b0098271_16433713.jpg
偵察装備に勢ぞろいしてもらった。所属を第1偵察隊としたのは前の1/2tトラックと合わせたかったからという理由のほかに、砲塔に部隊マークを描かないという理由もあった。他の偵察隊は砲塔側面に部隊マークが描かれることが多い。ちなみに第1偵察隊の表記はデカールに含まれないので手持ちのデカールを使った。



b0098271_16434121.jpg
おまけでついてくる普通科隊員のフィギュア。トランペッターからは82式ファミリーであるCCV、87式RCV、化学防護車の3種がラインナップされておりそのすべてに全く同じ普通科隊員フィギュアがおまけでついてくる。89式小銃とカールグスタフを持った突撃の姿勢をとる普通科隊員3名であるが、あまり動きに意味がなくジオラマには正直使いづらいが、ただ捨てるのももったいないので立体化してみた。

[PR]
# by gramman | 2018-11-04 17:13 | 模型 | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.105 日産 GT-R パトロールカー

2018年6月、栃木県警に日産・GT-Rのパトカー仕様が導入され、パトカー好きのみならず多くの人が度肝を抜かれた。実車の登場から遅れること4ヶ月、トミカにも登場した。



b0098271_22154980.jpg
b0098271_22155561.jpg
b0098271_22155979.jpg
実車は2018年6月15日、栃木県警の高速道路交通警察隊に制式配備された。ベースになったのはGT-R2018年モデルのスタンダードグレードである。一部情報ではGT-R NISMOになるのではないかとの情報もあったようだが、実際にはベーシックなGT-Rであった。と言っても公道では十分すぎる性能だ。

一般的にパトカーは警察本部の提示した条件に合う車をメーカーが競争入札する方式だがこのGT-Rについてはこの限りではなく、県民からの寄付によってまかなわれているとのことである(一説には個人が寄付したとの話も)。購入費用は1870万円と推定されている。ベース車両に比べると倍近い価格であるが、これはエンジン等チューニングの費用ではなく警察車両に仕上げるための部品代、手数料と考えて良いだろう。というのもGT-Rのパトカーは日本に1台しかなく、何をするにもワンオフで製作するため数の論理が通用しないためだ。パトランプの台座から無線機の納め方まで、1個だけを一から作るのだから仕方ない。

栃木県警と言えば記憶に新しいのが2007年のフェアレディZ NISMOのパトカーで、これも登場時には大いに注目された。さらにさかのぼって90年代にはNSX、さらにさかのぼればフォード・マスタングも存在した。NSXとフェアレディZ、そして今回のGT-Rに関して言えば、いずれも栃木県内に自動車メーカーの工場があるためで、まったく栃木県と縁がないというわけではない。



b0098271_22294247.jpg
b0098271_22295089.jpg
今回のモデルでは左右のドアが開閉する。実車では両ドア端にテープ状の青色LEDが装着され、夜間でもドアが開いていることが後続車に分かりやすくなっており、取り締まり活動中の事故防止に抜かりはない。描ける位置の少ない後部の県警名とPOLICEの表記は担当者の頭を悩ませたことだろうが、なんとか収まっている。

このGT-Rは当初広報活動が目的とも言われていたが実際に取り締まり活動に従事することが明らかになっている。栃木県警高速道路交通警察隊鹿沼分駐所に配備され、東北自動車道、北関東自動車道で取り締まり活動を行うこととなる。この他にももちろん広報活動もあり、過去の実績から言ってもツインリンクもてぎで開催されるSUPER GTのイベントにパレードで参加する等の活躍が期待される。NSXのパトカーも未だ現役であり、NSX、フェアレディZ、GT-Rの3台揃って広報活動に参加する日も来るかもしれない。

トミカでは実車のスタイルを最大限に引き出している。テールランプがわざわざメタリックを混ぜている辺りは工夫が見られ好感が持てる。一点、前後フェンダー裏にツートンの塗料が乗っていないのが目立つが、気になる人は塗れば良いだけの話で、製品の不良などと言う気は毛頭ない。

[PR]
# by gramman | 2018-10-31 22:36 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.96 自衛隊 高機動車

トミカ2018年10月の新車はまさかのラインナップ、自衛隊の高機動車だ。



b0098271_19152112.jpg
b0098271_19152925.jpg
b0098271_19154171.jpg
もはや街中でもよく見かける装備となった高機動車。自衛隊の中でも有名でありながら模型化にはあまり恵まれなかった車両であったが、採用から20年以上経って、ついに王道トミカに登場した。あえて「陸上自衛隊高機動車」とは名乗っていないが、海自、空自では高機動車の民生仕様であるメガクルーザーを使用しているので、実質陸自専用装備である。唯一空自では基地防空用対空誘導弾(陸自の11式地対空誘導弾発射機を高機動車のシャシーに載せたもの)を装備しているが、これは例外中の例外だ。

野外での活動を主任務とする陸自の車両であるがゆえに悪路走行性能を追求しており、エンジンはトヨタ製直列4気筒直噴ディーゼルエンジンを搭載(現行型は日野自動車製)、最低地上高を稼ぐため駆動はハブリダクション仕様とされた。



b0098271_21104498.jpg
b0098271_21105169.jpg
b0098271_21111055.jpg
察しの良い方ならお気づきだと思うが、実は荷台の幌は外すことが出来る。今回最大の見どころはこの幌を外した状態で、室内がただならぬ熱意を感じられるほど作りこまれている。運転台周辺はもちろん、隊員が乗車する座席、後部のバーなど実車の雰囲気をよく再現している。トミカは3歳以上を対象年齢にするために誤飲を防止するなどの観点から、製品化するには様々な制約があったことだろうが、よくぞここまで再現できた。これは幌を外さずに遊ぶのはもったいない。

ちなみに初回特別仕様は乗員2名、後部に隊員8名がフル乗車したフィギュアが載った仕様となる。初回特別仕様をたくさん並べて観閲式を再現したい諸兄はそれほど多くないと思うが、例によってすぐに売り切れていた。

これでトミカで発売中の自衛隊車両は軽装甲機動車と高機動車となった。さらに昨今のトミカのラインナップを見ていると予想外の車両が見受けられるので、ここは3トン半トラックの登場にも期待したいところだ。もちろん初回特別仕様は荷台に隊員フル乗車仕様で、陸上自衛隊中央観閲式を再現できるようにしてもらいたい。

[PR]
# by gramman | 2018-10-31 21:18 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N175a クラウンHTロイヤルサルーン(白)

TLV2018年10月の新車は久々のクラウン。1983年に登場した120系だ。筆者が生まれた頃の新車は130系だったので120系クラウンは「新しいクルマ」という感覚はないが、クルマ好きな諸兄にはまだまだ新しいクルマという意識があるかもしれない。でも街でぱったり見かけなくなったのは事実だ。



b0098271_23383159.jpg
箱絵はフォグランプが点灯した状態で描かれているのが素晴らしい。前述のように120系クラウンは83年に登場したモデルであるが、今回は85年のマイナーチェンジ以後の後期型が再現されている。前期型は110系の面影を残し、80'sの雰囲気を感じられる外観であったが後期型はマークⅡ3兄弟のように、より洗練された雰囲気を醸し出している。120系にまつわるエピソードとしては、有名な「いつかはクラウン」のフレーズが用いられたモデルでもあった。

b0098271_23383783.jpg
モデルグレードは2000ロイヤルサルーンスーパーチャージャー。エンジンは直列6気筒DOHCの1G-GZEU型を搭載、日本初のスーパーチャージャーを搭載したクルマとして知られる。サスペンションも4輪独立懸架を採用、スーパーホワイトを引っ提げて、同時期のマークⅡ3兄弟とともにハイソカーブームをけん引した。ユーザ取付パーツとしてフロントバンパー下のスポイラーが付属するが、画像では取り付けていない。

b0098271_23384141.jpg
新時代のクラウンらしいリアビューも再現。内装はワインレッドで再現されており、当時の雰囲気を色濃く感じることが出来る。

[PR]
# by gramman | 2018-10-29 23:52 | ミニカー | Trackback | Comments(0)