クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

アオシマ・陸上自衛隊 73式特大型セミトレーラー"74式戦車付属"

新年最初の模型製作はアオシマ1/72スケールの73式特大型セミトレーラだ。73式特大型セミトレーラは陸上自衛隊の有する輸送車両で、他国では「タンクトランスポーター」などと呼ばれる主として戦車輸送に供される車両である。読みは「とくだいがた」ではなく「とくおおがた」なので注意が必要だ。

トラクタ部は全て三菱製の6×6の総輪駆動車、トレーラ部は東急車輛製の3軸低床トレーラである。トラクタ、トレーラ共に民生品を流用しており、ベース車両がモデルチェンジすると納入させる装備も若干仕様変更される。

全長11.32m、全幅:3.29m、全高:3.15m、トラクタとトレーラを合わせた自重は17,820kg、最大積載量は40,000kgとかなり大型の車両だ。牽引時の最高速度は60km/hとされるが、総重量が最大で57tにもなる車体を60km/hで走らせるのは果たして現実的なのだろうかと疑問に思ってしまう。

最大積載量が40tであるため74式戦車以下すべての装備が積載可能であるが、唯一90式戦車は重量が50tとかさばるため、車体部と砲塔部を2台の特大型セミトレーラで運搬する、あるいは一体で輸送できる専用の特大型運搬車を使用する。これにより90式戦車の配備される方面隊の輸送隊には特大型運搬車が少数配備されているが、自重はさらに約3t重く、トレーラは4軸となっており只者ではないオーラが漂う。

10式戦車は重量が約44tで最大積載量からオーバーしてしまうが、各地で73式セミトレーラに積載される光景が目撃されており、4t分軽量化して積載していると推察される。ちなみに施設隊の重機や軽量の装甲車等の輸送には最大積載量20000kgの中型セミトレーラが供され、これは特殊車両の制限を定めた車両制限令の範囲内なので日中でも輸送が可能だ。73式セミトレーラは全幅、総重量などの点で車両制限令で規制される。



少し脱線したが、そんな後方支援の車両をアオシマが立体化。今回はSP仕様としてピットロードの同スケール74式戦車が付属する。メーカーの垣根を越えてタッグを組んだ形だ。


b0098271_1075661.jpg

b0098271_1081988.jpg

b0098271_1085152.jpg

積載状態ではこうなる。1/72スケールでも全長が約240mmとかなり長大なキットになる。既にリリースされている航空自衛隊PAC-3よりも長い。

全体の塗装はタミヤアクリルカラーXF-74 OD色(陸上自衛隊)で筆塗り。同スケールの陸自3トン半トラックと同じだ。シャシー部は本来はツヤありの黒だが、小スケールでは浮いて見えるのでセミグロスブラックとした。基本的な塗装、組み上げ共に何の問題もなく実に順調に進んだ。

所属はデフォルトで付属する第301輸送隊とした。これは朝霞駐屯地に所在する東部方面輸送隊隷下の部隊で、第1師団、第12旅団隷下の各輸送隊等で対処できない任務への支援を実施する部隊だ。平たく言えば東部方面隊における輸送のエキスパートというわけだ。例によって各部隊を再現できる細かなデカールも付属するので思い入れのある部隊もお手軽に再現できる。



b0098271_1013825.jpg

b0098271_10132976.jpg

b0098271_10134421.jpg

トラクタ部は塗装が違うだけで基本的にPAC-3牽引機と同じだ。キャブチルト機構もある。唯一の違いはキャビン上部に設置された青色の灯火だ。前述の通りこの車両は車両制限令に抵触してしまうため、走行時は青色の灯火を点灯させて先導車を随伴させる必要があり、青色の灯火を装備することが法令上必須となっているためだ。灯火はキャビンに直付けではなく専用のステーを介して据え置かれている。灯火用のクリアーパーツが用意されるのが細やかな配慮だ。

キャビン内部は本来細かな塗り分けが指定されているが、手を抜いてセミグロスブラックで塗装してしまった。完成後もそれほど違和感はないので良しとしよう。



b0098271_1018456.jpg

b0098271_1019658.jpg

トレーラ部のグースネックには幕が張られているが、これはキットでは再現されていないのでキットの包装ビニールを貼った。他の作例ではティッシュペーパーに木工用ボンドをしみこませたお馴染みの方法がとられているものもあったが、厚みが増す上なにより面倒なのでビニールを切って貼っただけのお手軽な方法を採用した。接着と塗装には気を遣うが材料なら山ほどあり、いくらでもやり直しが効く点ではいい方法だったと言えよう。更に凝る人は内部に収められた輪止めなどを再現するのも良い。



b0098271_10233366.jpg

b0098271_10235427.jpg

b0098271_10241419.jpg

b0098271_1024518.jpg

トレーラ部は前述のように民生品を流用しているため、納入時期によってテールライトが丸型のものもあり、車体側面など詳細が異なる個体が様々存在している。今回再現されている角テールのものは比較的新しい。

車両が積載される面の両端には白線が引かれている。先に白を塗ったうえでマスキングしてOD色に塗るという方法をとったが、これが正解だったようだ。個体によっては中央部にも白線が引かれているものがあるので、腕に覚えのある方は挑戦してみよう。今回は腕に覚えがなかったので挑戦しなかった。

積載用のローディングランプも再現されている。使用しない場合は中央部に並べて置くというのが定番のようだ。ちなみに積載時には戦車の車底部に敷く台枠のようなものを使用する。いうなれば「木」なのだが、それを再現してみるのも面白いだろう。74式と10式ではその枠の形状も異なる。



b0098271_10465293.jpg

b0098271_1047112.jpg

今回「荷物」としてセットされたピットロード製74式戦車であるが、なかなかに泣かされるキットであった。ランナーのゲート部が太い割に繊細なパーツが多く、アオシマの最新キットを組んだ後ではなおさらに手間に感じてしまった。細かいパーツが再現されている甲斐もあって仕上がりはそれなりに繊細になる。最後の最後、ゴム製履帯の取り扱いにも泣かされたが・・・。

b0098271_10473978.jpg

b0098271_10503119.jpg

これまでの画像では砲塔を真後ろに回した形で積載していたが、長距離の輸送時はこの位置で車体後部のトラベリングロックを用いて固定するのが正解だ。しかし残念ながらキットではトラベリングロックがモールドされているだけなので、再現にはパーツの自作が必要になる。本来長距離の輸送時はトラベリングロックで砲身を固定の上、トレーラ部と車体をチェーンロックを用いてガッチリ固定するのでこれも腕に覚えのある方は挑戦してみよう。駐屯地から演習場への移動などのごく短距離では作例のような形での輸送もありうるので間違いではない、と自己弁護しておこう。



b0098271_10553411.jpg

b0098271_10555142.jpg

b0098271_1056822.jpg

積載の様子を妄想するのも手軽にできる。ただ実際はトレーラに乗り上げる前に74式の車高を最大高にした上で進入、中央で停止して車高を最低高にするというのが正解だ。しかし模型で姿勢制御を再現するのは大変なので我慢する。


実際の積載の様子を貼っておくので時間のある方は勉強してみよう。



ちなみにこの73式特大型セミトレーラ、それほど目にする機会の多くない装備である。何せ戦車の輸送そのものがそれほど機会のないことであるがゆえに仕方ないのだが、偶然目にすることが出来れば有難く観覧させてもらおう。これから春にかけて駐屯地祭の増える時期になれば、普段よりは見かける機会が増えるかもしれない。
[PR]
by gramman | 2015-01-07 11:07 | 模型 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gramman.exblog.jp/tb/23978524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。