人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12
数々の旧型トラックのメー..
by gramman at 20:50

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

カテゴリ:鉄道( 4 )

くびき野レールパーク 公開イベント

その昔、新潟県上越市には私設の鉄道が走っていた。新黒井駅と浦川原駅(旧・浦川原村)とを結ぶ、軽便鉄道であった。大正3年に開業し、昭和46年の全面廃止まで実に57年間地元に愛された鉄道の歴史の数々は、今なお地元有志の手によって大切に保存されている。
b0098271_2224643.jpg
(Wikipediaより)

それが平成25年9月22日に満を持して公開されたのだ。なお公開イベントは定期的に開催されている。その模様をお伝えしたい。



所在地は上越市百間町。当時の頸城鉄道の社屋があった場所だ。

b0098271_2252872.jpg
入ってまず出迎えてくれるのは記念碑だ。まさにここから歴史が始まったことを示してくれる。



b0098271_2263939.jpg
記念碑の横に建つ建物は旧・頸城鉄道本社だ。昭和6年に建てられ、昭和36年に本社が直江津に移転して後はしばらく電気部品メーカーの組み立て工場として使われていたが、現代にいたるまで保存されている。最近大規模改修があったようで外壁はもちろん内部も資料館として生まれ変わっていた。これはこれでアリだろうが、当時の雰囲気はなくなってしまったのは残念だ。



b0098271_22111673.jpg
メイン会場となるのは機関庫として使われていた建物だ。ベニヤ板で簡易なホームが設置され、両壁に展示がされてるが、当時の雰囲気を感じ取ることはできる。左下にチラリと見えるのはターンテーブルだ。

b0098271_221329100.jpg

b0098271_2215545.jpg
国鉄やJRのようなターンテーブルを想像してみると、非常にチープ。ターンテーブルにはキャスターのような車輪がついているだけで、動力はない。つまり完全手動だ。いくら機関車を回転させるとは言っても重量の軽い軽便鉄道なら、手動で十分だったのであろう。

b0098271_22205143.jpg
機関庫壁面には昭和43年の新黒井―百間町、飯室―浦川原の部分廃止の時に使われた垂れ幕が保存されていた。廃止時、客車のホハの側面に貼られていたもののようだ。



・蒸気機関車2号機(新3号機)
b0098271_22253510.jpg

b0098271_2226393.jpg

b0098271_222717100.jpg

b0098271_22275060.jpg

b0098271_22282579.jpg

b0098271_22285786.jpg

b0098271_22295138.jpg
開業時に用意された蒸気機関車3号機に代わり、国鉄大井工場敷設に使用された蒸機を明治44年に頸城鉄道が購入したのがこの新3号機、後の2号機である(開業時に用意した2号機も売却され、新3号機から2号機に番号変更された)。この車両はドイツのオーレンシュタイン・ウント・コッペル社で製造された9トンCタンクであり、製造社の名前から「コッペル」の愛称で親しまれている。昭和41年の引退後、本社前でしばらく展示されていたが昭和47年に西武鉄道に貸し出され、再び直江津に帰ってきて後はずっとここ百間町で保存されていた。15年ほど前、私が小学生当時「ふるさとの宝を探す」といったような授業でここを訪れた際にはすでにあったことを覚えている。

さすがに新造当時のままとはとは言えないが、最後の運行から約40年近く経っているとは思えないほど状態は良い。軽便鉄道を保存するNPOが発足してからまだ間もないため、それ以前から放置することなくずっと会社(現・頸城自動車)が面倒を見てきたのだろう。残念ながらカマに火が入った様子はない。



・ディーゼル機関車DC92
b0098271_22544925.jpg

b0098271_22553085.jpg

b0098271_22561534.jpg

b0098271_2256541.jpg

b0098271_22573627.jpg
1号蒸気を昭和29年に協三工業でディーゼル機関車に改造したものがこのDC92である。軽便鉄道らしい形状の3軸凸型DL機だ。改造と言っても上を全部取っ払って車軸のみを利用したので事実上の新造機関車である。特別パワーがあったわけではないが当時から機関好調だったらしく、冬場はほぼフル稼動状態だったようだ。

運転台はシンプルだが両運転台仕様だ。目立つのはスロットルレバーとブレーキ、逆転装置用のレバーだ。計器盤も必要最低限の情報しか表示されない。



・有蓋貨車ワ14
b0098271_239536.jpg
昭和24年に国鉄と経由して魚沼鉄道から嫁いできた木製有蓋貨車。車長は3.6メートル、荷重4トンとかなり小型の貨車だ。米出荷時期には米袋を満載して活躍した。



・有蓋貨車ワ7
b0098271_23134119.jpg
開業当時に新造した有蓋貨車。この頸城鉄道は開業時に機関車、客車、貨車を全て新造でそろえた点が特筆すべき点だ。このワ7は貨物輸送し重宝されたが昭和35年に木板張りから鉄板張りに改造された。荷重は5トン。



・無蓋貨車ト
b0098271_23202537.jpg
開業当時に新造した無蓋貨車。ト1からト6まで用意され、ト1、ト4についてはハンドブレーキが後年設置されてそれぞれトフ1、トフ4になったため今保存されているのはト2、3、5、6のいずれかと思われる。



・客車ハ6
b0098271_23245171.jpg

b0098271_23253473.jpg
魚沼鉄道を経て青梅鉄道から嫁いできたのがこの木製客車であるハ6だ。ダブルルーフ、オープンデッキの2軸客車で、室内は全てロングシートだ。詳細な製造年は不明だが、明治期のものと推定される。いかにも軽便鉄道らしいバランスのとれた小型客車だ。外観は後ほど登場する。



・客車改造気動車ホジ3
b0098271_23314062.jpg

b0098271_23321275.jpg

b0098271_23324862.jpg

b0098271_23333217.jpg

b0098271_2334131.jpg

b0098271_23343866.jpg

b0098271_23352392.jpg
開業時に用意された畳敷き特別客車ホトク1を昭和7年に自社工場で改造て気動車に仕立てたのがこのホジ3である。外観は客車に前照灯と尾灯がついただけのあか抜けない感じだ。客車を自社で改造して気動車に仕立てるというのは当時から珍しかったようで、内部文書では何度も許可を申請してやっと取り付けたとの記述があるようだ。

台車も客車のものを使用、当初は動力台車はロッドを使い両軸駆動とされたがすぐにロッドは外され、一軸駆動となった。自重8トンの車体に定員42名、わずか90馬力のエンジンでは非力だったに違いないが、全線廃止まで走りぬいた。運転台も簡素で計器類もわずかしか備わらない。客室中央にはエンジン整備のためカバーが大きく張り出しているが、乗降扉の目の前という非常に邪魔なところにあるので、きっと乗り降りはしにくかったに違いない。このホジの前後に客車を繋いで運用することもあったようだ。最大勾配6.7‰の平坦な路線とは言え、駆動するのがホジの一軸だけではさぞ鈍重だったことだろう。



当日は2号機関車を先頭に短区間ながら運転も行われた。
b0098271_23514144.jpg

b0098271_23525014.jpg

b0098271_23531613.jpg

b0098271_23534830.jpg

b0098271_23541379.jpg
2号機関車、DC92、ト、ハ6を編成だ。2号機関車が先頭とは言っても実際に動いているのはDC92だ。まだまだ蒸機を動かす段階には来ていないらしい。トとハ6に乗客を乗せる体験乗車イベントも開催されていた。ボギー車では乗り心地は望むべくもないが、当時を知る人にしてみれば良い思い出だろう。



b0098271_23571527.jpg
最後に機関庫から浦川原方面を望む。今はわずか300メートル先で途切れてしまっているが、延伸させる計画(というか願望)もあるようだ。しかしながら最終的には国や県の認可ということになってくる。浦川原までの線路敷設はロマンある話だがそう容易くない。だがこうして、この車両たちがここを行き交ったのかと思いながら見ていると万感の思いが込み上げてくる。
by gramman | 2013-09-23 00:00 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)

碓氷峠鉄道文化むら

碓氷峠鉄道文化むら10周年ということで、祝日に当たる4月29日、つまり今日ですが行ってまいりました。


まずは入り口となる横川駅。今年から信越本線でもSuicaが使えるようになってます。駅舎そのものは相変わらずですが。このような駅舎を持つ駅に、過去は特急電車が止まったのかと思うとにわかには信じがたいのでありますが。
b0098271_20269100.jpg



入場して最初に「シェルパ君」で峠の湯へ。
その途中の「丸山変電所跡」
b0098271_20281696.jpg



この「シェルパ君」、転車台が無いのでずっと横川側に連結されています。つまり鉄道文化むらから、峠の湯へ向かうときには推進運転となるのです。この推進運転、先頭車には車掌役の女の人が乗ってはいますが安全確認のために乗っているというよりバスガイドみたいなものなので、推進運転結構危ないかも。
b0098271_20304280.jpg

b0098271_20305258.jpg

b0098271_203145.jpg

このDLは碓氷峠の保線に活躍した車両だったようで、DBですので動輪は2軸という控えめなもの。


b0098271_2032132.jpg

「ぶんかむら」駅から「とうげのゆ」駅の間には「まるやま」駅がありまして、帰りはそこで途中下車して歩いて下りました。画像の向かって左側が遊歩道、右側が「シェルパ君」専用の線路となっています。過去は碓氷新線の複線区間として使われていたようです。ちなみに「まるやま」駅から「とうげのゆ」駅間で最大66.7‰を記録します。本当は保線用のDLじゃなくてEF63で客車牽けたらいいんでしょうけど、架線に電気通すとなると保線とコストが半端じゃなくなるので、おそらく実現は不可能でしょう。


b0098271_20355799.jpg

b0098271_20362667.jpg

非常に碓氷っぽい情景。天気が良くて助かりました。


b0098271_20363829.jpg

遊歩道の際にはこんなものがあります。


ここからは車両紹介と参ります。
・EF63
b0098271_20364688.jpg

b0098271_20365591.jpg

b0098271_20365721.jpg

1枚目の画像はさながら現役時のようです。後ろに見える189系あさまもいい感じです。下の2枚はEF63の運転台。


・GA-100新幹線用起動試験車
b0098271_20375172.jpg

b0098271_2038228.jpg

10周年の企画としてこれが展示されるというのは聞いていたのですが、碓氷線は全部狭軌、新幹線軌道試験車は標準軌なのにどうやって展示するんだと思っていたら、特設の展示台がありました。運転台は非常にシンプル。「新車は取扱説明書を読んで運転しろ」と書いてあったのが印象的でした。


・ED42
b0098271_20422141.jpg

b0098271_20423939.jpg

碓氷峠が電化され、EF63の新線開通まで活躍したED42形。アプト式に対応している国産電機です。下の画像は第三軌条を備えていたことの名残。ここから電気を取るわけです。


ここから下はまとめて紹介
・EF53
b0098271_20443752.jpg


・EF58
b0098271_2045626.jpg


・EF70
b0098271_20452826.jpg


・EF62 1号機
b0098271_20454963.jpg

珍しいC-C配置の電機で、碓氷線対応として作られたものの、東海道線などの平地区間では平均速度が高すぎて何の役にも立たなかった悲運の電機。

・EF15
b0098271_20471735.jpg


・EF80
b0098271_20472473.jpg


・EF53
b0098271_20473022.jpg


・EF60
b0098271_20473439.jpg


・DD51 1号機
b0098271_20474153.jpg


展示してある車両の一部を紹介しました。どうも電機が多い気がします。また碓氷峠に関係ないものもちらほらと。話を聞くと、西の蒸気機関車の梅小路に対抗して、高崎操車場跡地に電機の博物館を作ろうとしたものの話がお流れになり、処分に困った機関車をここに持ってきたとか。だから碓氷峠鉄道文化むらとかいいつつ交流機がいたりするんですな。碓氷にEF30形がいるのも納得。こいつのふるさとは関門海峡なのに。



b0098271_20523365.jpg

碓氷峠鉄道文化むら自慢のHOジオラマ。時間が来るとコンピュータ制御で車両が動きます。客との距離が近いので、大宮の鉄道博物館よりも規模では劣るものの楽しめるかも。



b0098271_20535560.jpg

b0098271_2054412.jpg

帰りは釜飯で有名なおぎのやに寄ったのですが、とてもオシャレになっていた。確かに以前のは古臭かったけど、ちょっとやりすぎじゃないか?


b0098271_2055025.jpg

b0098271_20551257.jpg

というわけで釜飯。善光寺の御開帳に合わせて限定の包み紙だったらしいけど、後で気づいたので普通に捨ててしまった。


b0098271_205643.jpg

b0098271_20561513.jpg

おみやげにこんなものを買いました。列車愛称板とか呼ばれるもので、碓氷にちなんで「あさま」をチョイス。裏面は「特急」です。
by gramman | 2009-04-29 20:57 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)

鉄道博物館みやげ

前回紹介した例のみやげをあけましたので、ご報告まで。

b0098271_2204122.jpg

外装のフィルムをはいで、下の辺りを開けるとこのようになります。一番下じゃなくてちょっと上に切込みが入ってたので、最後の一枚までちゃんと取り出せるのか、と心配していたのですが、上げ底になってました。



b0098271_222187.jpg

このように出てきます。工夫がされてて、2枚一緒に出てきたりということはない。お遊びでありながらも、商品として取り出しやすいように作られている点には脱帽です。少し立たせるのが難しいけど、こういう形状の箱ならやむなしでしょうか。

菓子の包装紙には切符が印刷されていまして、裏は全部黒と、ディテールにもこだわりがあるようです。駅名は「新宿」「東京」「横浜」「上野」「大宮」と有名どころを網羅しています。ただ運賃は同じでした。




b0098271_2243931.jpg

裏面の注意書き。「壮観です」のフレーズが気に入った。
by gramman | 2008-03-08 22:05 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)

鉄道博物館

今日、鉄道博物館へ行ってきました。その前身、交通博物館へ行ったのが、2006年の5月、ちょうど閉館するときでしたね。

入館してすぐに出迎えてくれるのが、展示車両たち。

b0098271_22184195.jpg

碓氷のシェルパ、ED40。思えばこれを知ったのは「鉄道模型趣味」が最初だったなぁ、と考えた。碓氷峠鉄道文化むらでも見かけなかった代物です。代わりにED42はありましたけど。

b0098271_22193143.jpg

EF58。

b0098271_22195471.jpg

b0098271_2220756.jpg

ED17とその車内。

b0098271_2221299.jpg

DD13。中央のシゴナナを撮らずに、これを撮った奴って何人いるだろうか。

b0098271_22225066.jpg

ED76。マニア垂涎の塗色。色あせはありません。

b0098271_22233256.jpg

ホームの上にかかっているプレート。昭和時代はこんなものでした。「特急はくたか」が泣かせる。

b0098271_22241185.jpg

485系初期型。自分がまだ子供の頃は「白鳥」などで現役だったんですが、いつしかその「白鳥」自体がなくなってしまいました。

b0098271_22251057.jpg

181系「とき」。485系との区別が難しいです。マニアは分かるんでしょうが。
b0098271_22261341.jpg

その181系の行先表示幕。まだロール式ではありませんでした。

あとはラーニングホールで鉄道の運行や営業についても学びました。子供向けでしたけどね。あとはミニ運転列車を見学して、日本食堂でハヤシライスの昼食。味はファミレス級。そして鉄道模型ジオラマを見学。

みやげものは食べ物だけを選びました。Nゲージとか勢いで買っちゃいそうだったけど、気に入った車両がなくセーフ。

b0098271_22364821.jpg

鉄道博物館カステラ。今食べてますが、いわゆる「おみやげ」の味。普通です。

b0098271_22374878.jpg

石炭あられ。テレ東、「アド街ック天国」でも紹介された逸品。食用竹炭を練りこんだ、見た目まんま石炭のおかき。味は普通のせんべいらしい。まだたべてません。

b0098271_2239232.jpg

自動発券機型メープルパイ。ちょうど実際の切符が出てくる辺りに横長の穴を開けて、そこから切符の印刷が施された包装に包まれたパイが出てくるらしい。まだ開けてないので、開けたときに、レポートを予定しています。バージョン違いで国鉄時代の発券機の「ミルクコーヒーパイ」もありました。もしかすると切符の印刷も違うかも。

行きはニューシャトル、帰りは徒歩で大宮駅まで。歩きだと、ちょうど途中にJR大宮車両センターがあって、D51が1両と、EF58の頭だけともう1両(たぶんEF57かな)の頭だけがあります。壁にはJR東日本の所有する主な列車が写真と解説付きで展示されています。

総じて言うと、碓氷のほうが、オレは好きかな。
by gramman | 2008-03-05 22:44 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)