人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

カテゴリ:ミニカー( 290 )

タカラトミー・トミカギフト110番!警察車両&DVDセット

トミカギフトに人気のパトカーセットが新しく登場。



b0098271_16310672.jpg
とりあえずパッと見て共通性のないセットに見える。何となく話題になった警察車両のセットなのかと思ったが、もしかしたら付属のDVDを見れば納得するのかもしれない。



・トヨタ ランドクルーザー 現場指揮車(DJポリスカー)
b0098271_16312531.jpg
b0098271_16312789.jpg
b0098271_16312906.jpg
b0098271_16313130.jpg
今回はこれが欲しくてこのセットを買った警視庁の現場指揮官車。実車は機動隊の現場指揮官車として活躍するランドクルーザー200系であるが、トミカでは200系ランクルがラインナップにないので新型ランクル70系になったのだろう。全体の雰囲気はとても良い。詳細を見ていくとルーフの指揮官が立つ装備はこのクルマ専用と思われる。簡単な構造ながら拡声器、回転灯などのモールドが施され、芸が細かい。



・トヨタ クラウン アスリート パトロールカー
b0098271_16443349.jpg
b0098271_16444790.jpg
一部方面では有名な神奈川県警のクラウンアスリート。神奈川県警では何年も前からボディサイドの神奈川県警察の表記の下に、POLICEと黄色いロゴが入れられているが、今回はそれが無い。ロゴが無い理由は分からないが、第1交通機動隊本隊所属のクラウンアスリート、無線番号438号車の存在が確認できた。モデル化の理由はともかく、フェンダーの裏の塗装が施されているのが質感が高い。



・スバル インプレッサ 覆面パトロールカー
b0098271_16480890.jpg
b0098271_16481035.jpg
トミカ通常版では2番WRX S4 覆面パトカーがラインナップされているが、今回はわざわざスタンダードなインプレッサの捜査用車両仕様。トミカ78番のインプレッサをベースにしている。ワイドタイヤでないのでより覆面パトカー感が増して良い。

by gramman | 2019-04-28 16:52 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカギフトならべてたのしい!新幹線輸送トレーラーセット

トミカギフトの新商品、新幹線輸送トレーラーセット。
b0098271_15450098.jpg

・三菱ふそう スーパーグレート -E5系新幹線はやぶさ 輸送車
b0098271_15451454.jpg
今回のメインのトラクタと新幹線トレーラ。ロングトミカ122番で展開されているものと同じだ。

b0098271_15453251.jpg
b0098271_15453616.jpg
トラクタ部分。プラスチックのピンのようなものは外すことが出来ない。

b0098271_15451900.jpg
b0098271_15452830.jpg
新幹線とトレーラ。新幹線と台車は金属ピンで固定されており、動かすことはできるが外すことはできない。



・日産 セレナ 先導車
b0098271_15494786.jpg
b0098271_15495078.jpg
法令で定められた緑色の回転灯を載せた先導車。それ以外はいたって普通のセレナだ。



・いすゞ エルフ 後方警戒車
b0098271_15510975.jpg
b0098271_16281081.jpg
b0098271_16281779.jpg
新幹線輸送の最後尾で後方の一般車両に注意を促す後方警戒車。トミカでは本来は道路公団の車両であるが塗装を一新し、見事に化けている。看板の上下が可能だが、実際の車両は上げた状態では走行しないと思われる。



b0098271_15531295.jpg
実際に並ぶとこんな感じ。セレナ、スーパーグレート、エルフとスケールが全く違うので統一感は無いが、雰囲気は出ている。トラクタのキャブに描かれたNITTSUの文字が誇らしい。

by gramman | 2019-04-28 15:54 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.15 ランボルギーニ ディアブロ SV

2019年4月のトミカプレミアム新車第2弾はランボルギーニディアブロSV。



b0098271_15311774.jpg
b0098271_15312077.jpg
b0098271_15312338.jpg
個人的にはあまりなじみのない車種ではあったが、登場は1990年と意外に古く、カウンタックの後継車種と位置付けられていた。言われてみれば楔形の空気抵抗の少ない車体にシザーズドアを採用、リトラクタブルヘッドライトとまさに新型カウンタックと呼ぶにふさわしいクルマであると言える。エンジンはV型12気筒DOHCをリアミッドに搭載、シャフトを前側に出しトランスミッションを介してリアホイールを駆動する方式をとっていた。スーパーカーにしては珍しく4WD仕様もラインナップされたが、この駆動方式ゆえAWD化するのも容易だったであろう。

中でもディアブロSVは96年に登場したモデルで、最高出力が標準モデルの492PSに対して530PSに高められていた。



b0098271_15312511.jpg
b0098271_15312747.jpg
今回のトミカプレミアムでは、外観上の特徴であるシザーズドアとリトラクタブルヘッドライトの可動が再現されている。これはこのスケールでは驚異的と言って良い。同じくトミカプレミアムのカウンタックではシザーズドアは閉じたままであったし、ライトも閉状態しか見ることが出来なかったが、これが登場から5周年経ったトミカプレミアムの技術力ということなのだろうか。タカラトミーは本当にすごいミニカーシリーズを展開したものだとつくづく思う。

by gramman | 2019-04-28 15:43 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.08 日産 シルビア

トミカプレミアム2019年4月の新車第1弾はシルビアだ。



b0098271_10020412.jpg
b0098271_10020635.jpg
b0098271_10020882.jpg
特に説明されていないがS13系シルビアに間違いなく、もはや解説も必要ない超有名車である。本家トミカでも長らくラインナップされたロングセラーモデルであった。独特な色のツートーンもトミカと同じだ。

ボディサイドのエンブレムからターボモデルのK'sであると分かる。このS13のグレードはトランプになぞらえて下からJ's、Q's、K'sと洒落たネーミングが与えられていた。もっとも、ターゲットであった若年層と、後年になってからの走り屋層からはQ'sはクズ、K'sはカスとシルビアユーザーに問答無用で殴られるようなネーミングで呼ばれていた。ほぼ競技仕様であまり売れなかったJ'sは蔑称すら与えられなかった。



b0098271_10021023.jpg
左右ドアが開閉可能。ドアミラーは対象年齢の関係で再現できなかったのだろう。



b0098271_10021251.jpg
b0098271_10021563.jpg
フロントライトを見てみると、うっすらとプロジェクターヘッドライトのモールドが再現できる。リアもテールライト部分に反射板部分が再現されており、1000円を切る1/64スケールモデルでここまでやるのはまったく驚異的というほかない。

by gramman | 2019-04-28 10:12 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.28 いすゞ サインカー

トミカ2019年4月の新車は、いすゞサインカー。



b0098271_09510384.jpg
b0098271_09510873.jpg
b0098271_09511010.jpg
箱絵を見る限り警視庁所有のサインカーを再現していると思われるが、実車を調べてみると実は警視庁のいすゞサインカーは4tクラスのフォワードであった。今回のトミカはどう見ても2tクラスのエルフであるが、既存のキャブを流用して上手くモデル展開している(実際フォワードとエルフの顔つきは1/64スケールでは大差ないほど似ている)。あえて「いすゞエルフサインカー」ではなく「いすゞサインカー」としたのはそのためか。



過去にはトイズドリームプロジェクトの同じくいすゞ製警視庁サインカーもあったが、エルフが代替わりした格好だ。
b0098271_09533977.jpg
b0098271_09534129.jpg



b0098271_09552975.jpg
b0098271_09553208.jpg
b0098271_09553525.jpg
後方の電光掲示板部分は収納状態、展示状態の回転上下が可動。実車同様に高さを稼いでアピールすることもできる。側面上部にも横長の電光掲示板がセットされる。海上保安庁でも巡視船、巡視艇に横向きの電光掲示板が導入されており、それを思い出した。



b0098271_09584435.jpg
いっとき全く存在しなかったトミカのシールがまた復活してきた。上の状態ではのっぺらぼうなので、警視庁のロゴ、掲示板部分にシールを貼りつけて楽しむ。

by gramman | 2019-04-28 10:00 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N180a マツダRX-7 パトロールカー

トミカリミテッドヴィンテージネオ2019年3月の新車第2弾はFD3SRX-7のパトカー仕様。



b0098271_17084065.jpg
b0098271_17084552.jpg
b0098271_17085583.jpg
1990年代後半、全国で合計で7台のFDパトカーが導入されたと言われており、群馬県警では1997年度予算にて導入された。厳密には群馬県警察高速道路交通警察隊に導入され、主に群馬県内の高速道路にて取締り活動を実施した。イベントにも積極的に参加し、交通安全啓発活動に従事した。GT-Rパトカーにも同じことが言えるが、このパトカーは存在感が抜群で、視界に入ると一般ドライバーはてきめんに安全運転になったそうだ。ベースになっているのはタイプRSの寒冷地仕様と言われており、フロントバンパー形状とリアランプの形状からⅣ型と推定される。



b0098271_17090218.jpg
b0098271_17090571.jpg
実車を再現している割にナンバープレートは真っ白だ。左リアフェンダー上のTLアンテナはユーザー取付パーツになるがボンネットのバグガードが装着された状態になっているのがうれしい。赤色灯は納入メーカーによって形状に差があるが、特徴的なスピーカー部分の形状からパトライトのエアロソニックと推定される。特にリア周りのずっしりしたスタイルはなんともカッコいい。

が、やはりまた特徴的なドアミラーはユーザー取付パーツなので頑張ろう。

by gramman | 2019-03-30 17:38 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N179a トヨタ マークII 2.5グランデG(白)

トミカリミテッドヴィンテージネオ2019年3月の新車は、2月の2.5GTツインターボに続き、80系マークⅡ2.5グランデGだ。



b0098271_16313571.jpg
b0098271_16313903.jpg
b0098271_16314191.jpg
b0098271_16314429.jpg
2.5グランデGはラグジュアリー志向が強いグレードとして、スポーティ志向の2.5GTツインターボとは趣が異なる。ノンターボながら直列6気筒DOHCエンジンは最高出力180PS、最大トルク24.0kg・mを発揮、滑らかな走りと力強い加速を実現した。

昔見かけた実車は白が圧倒的に多かった記憶があるので、白色を購入した。この他にグレーのボディカラーもラインナップされる。3ナンバー車らしい大型バンパーが目立ち、特にリアは実車よりもかなり大きいのが気になるが、全体的なバランスはとても良い。モデル化に恵まれなかった80系ではありながら、一番後出しになった今回のモデルは傑作と言えるだろう。

by gramman | 2019-03-30 16:57 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・タカラトミーモールオリジナル トミカプレミアム レクサス LFA ニュルブルクリンクパッケージ

タカラトミーモールオリジナルトミカプレミアムのその2、レクサスLFA。



b0098271_23395067.jpg
b0098271_23395335.jpg
b0098271_23395500.jpg
実車のレクサス・LFAは2010年から12年にかけてトヨタが生産した高級2シータースポーツカーである。総生産台数は500台と言われている。カーボンモノコックシャシーにカーボンモノコックボディを搭載、ヤマハ製V型10気筒4800ccエンジンを採用し最高出力560PSを誇った怪物である。中でもニュルブルクリンクパッケージはエンジンをチューンナップ、車体各部をCFRP製パーツに交換することにより軽量化を実現しており、0-100km/h加速が3.7秒、最高速は325km/hとなった。この特別なモデルは50台のみ製造され、新車当時の価格は4500万円であった。



b0098271_23395905.jpg
b0098271_23400210.jpg
トミカプレミアム30番ではスタンダード版がラインナップされているが、そちらはイメージカラーでもあるオレンジ色となっている。タカラトミーモールオリジナル版はよりスパルタンなイメージのつや消し黒となる。通常版と同じように左右ドアの開閉が可能。路面とシャシーのクリアランスの少なさは実車並だ。

by gramman | 2019-03-29 23:54 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・タカラトミーモールオリジナル トミカプレミアム フィアット 500F

インターネットショップのタカラトミーモールのみで入手できる限定商品を、送料無料キャンペーンを使って入手。トミカプレミアムのフィアット500Fだ。



b0098271_23295195.jpg
b0098271_23295664.jpg
b0098271_23300065.jpg
b0098271_23300479.jpg
実車はもはや解説の必要が無いどメジャー車種。トミカプレミアム29番では黄色寄りのクリーム色となる(ルパン三世カリオストロの城で有名な色)が、今回のオリジナルカラーは白色となる。リアルさには定評のあるトミカプレミアムであるが、顔つきや全体の雰囲気が何となくアニメチックで何ともかわいい。タイヤが自重に負けてハの字を切っているのも愛嬌だ。

ちなみにトミカプレミアムはスケールが統一されておらず、本家トミカと同じように「箱に入るサイズ」に車体の大きさが決まっている。他のクルマが1/60~64程度であるのに対して、今回の500Fは1/45スケールなのでやたらデカい印象だ。

by gramman | 2019-03-29 23:38 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.128 那覇市消防局 ハイパーミストブロアー車

2019年3月の新車ロングトミカ部門は「那覇市消防局 ハイパーミストブロアー車」である。



b0098271_22300281.jpg
b0098271_22300562.jpg
b0098271_22300857.jpg
b0098271_22473003.jpg
一見して消防車両なのは間違いないが、最初見た感想は「なんだこりゃ?」だった。子どもが飛びついて買ったところで配備の意義は分かるはずもなく、まずもって大人が説明できない装備品であろう。

とっさに記憶から呼び戻されたのが東京消防庁の保有していた無人放水車「レインボー5」であった。これは30年近く前の子ども向け働く車の絵本では大人気で、今となっては古臭い、さながら工事現場の発電機にキャタピラが着いたような外観であったが子供には斬新な装備品だった。要するにハイパーミストブロアー車も消火方法は違えど役割は同じだ。レインボー5は今では全く話題にもならず、この記事を書いた人間の歳がバレる。



b0098271_22360705.jpg
b0098271_22361067.jpg
b0098271_22361306.jpg
b0098271_22361590.jpg
トミカで再現されるハイパーミストブロアー車。正式名称は自走式大量噴霧放水大型ブロアー車である。平成28年度に沖縄県の沖縄振興特別推進交付金(賛否両論ある予算ではあるが)活用して導入された車両で、同型の車両としては国内で初の配備であった。現在は那覇市西消防署の小禄出張所に配置され、緊急消防援助隊には登録されておらず、那覇市消防局管内での出動が想定されている。

開発は消防車両の開発に造詣のあるテイセンと、建設機械に強いマルマテクニカが担当。隊員は本体に乗車することなくリモコンで操作する。本車の最大の特徴はブロアー車としての排煙性能はもちろん、ブロアー装置を生かしたミスト放水、ブロアー中央部からの直線放水が可能な点である。ブロアー車自体は全国でも珍しくは無くなってきているが、直線放水も可能なブロアー車となると今のところこの装備しか存在しない。

トミカでも簡略化されているが特徴をしっかりとらえており、ブロアーの上下も再現される。キャタピラのモールドの下にはプラ製の車輪が仕込まれているため、前後の手ころがし遊びはとてもスムーズに行える。



b0098271_22471629.jpg
b0098271_22471914.jpg
セットになる重機搬送車。ブロアー車のみではとてもではないが災害現場に駆けつけることはできないので、搬送車とセットで1つの装備となる。ロングトミカの特徴を生かし、短くデフォルメされることなくより実車に近いバランスで再現される。荷台前方には資機材収納庫が備わり、ブロアー車の活動に欠かせない資機材が積載されるものと思われる。なにぶんにも新型装備であり、ブロアー車本体はともかく積載車に関しては情報が少ないのが現状だ。実車は荷台底部とみち板の内側が黒色になっているので、よりリアルさを求める方はツヤ消しの黒で塗ると良いだろう。



b0098271_22525083.jpg
ブロアー車を卸下するの図。実車は荷台鳥居にアウトリガが設置され、建設機械を運ぶ積載車よろしく車体全体が傾くのでここまでみち板が急になることはないのだが、やはりそこはトミカなのでジャッキアップまでは再現できず、このように遊ぶのが正しい。

by gramman | 2019-03-25 22:56 | ミニカー | Trackback | Comments(0)