人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

カテゴリ:ミニチュア( 17 )

トミーテック・THEトラックコレクション第8弾

待ちに待ったトラックコレクションの新作がようやく登場となった。第8弾となる今回のキーワードは「総輪駆動」だ。今回はいすゞのTX系、TS/TW系を中心に除雪車やシリーズ初の自衛隊車両等、バラエティに富んだラインナップとなった。




・いすゞTXD-A タンクローリー
b0098271_0152162.jpg

b0098271_0153116.jpg

個人所有のタンクローリーがモデルだと思われる見慣れないカラーリングのタンクローリー。社名等も一切記載がない。このTX系は総輪駆動のバスのベースにもなっているため、全く同じ顔をしたボンネットバスを今でも見ることができる。

・いすゞTXD-A 日本通運
b0098271_0155392.jpg

b0098271_016486.jpg

お馴染みの日通カラーを身にまとったTXD-40。書体と塗色から言って、現役当時をモデルにしたものと思われる。今よりも少し濃い橙色が印象的だ。幌部分は取り外しが可能で、凝った意匠の鳥居も再現されている。




・自衛隊 2 1/2tカーゴトラック
b0098271_0164534.jpg

b0098271_016544.jpg

いかにも古めかしい外観を持つ自衛隊のトラックであるが、実は平成になっても調達され続けていた長寿モデルである。正式には「2 1/2t 4X4トラック」という。フロントバンパー部に「千基」と「基教」の文字があることから航空自衛隊千歳基地基地警備教導隊の所属と分かる。これも幌の脱着が可能で、取り外すと延長されたアオリが確認できる。それにしてもこのボンネットトラックを平成の世になっても調達し続けて防衛庁(当時)は理解に苦しむ。

・いすゞTSD/TSG 消防車
b0098271_0171374.jpg

b0098271_017226.jpg

まだドアが装備されていない往年の姿を再現した消防車。1灯の赤色灯も良い雰囲気を醸し出すのに一役買っている。総輪駆動の消防車はさぞや重宝したに違いない。特に所属などは描かれていない。

・いすゞTSD/HTS 岩崎工業除雪車
b0098271_0174533.jpg

b0098271_0175527.jpg

ブレードを装備し、これまた良い雰囲気の除雪車。ブレードを避けるように上部に移設されたライト類も再現されている。後部反射板が描かれているところを見ると、現代でも現役という設定か。ブレードは左右に可動する。それにしても、この時代を感じる塗色には落涙を禁じ得ない。

・いすゞTWD/HTW ダンプ
b0098271_0181572.jpg

b0098271_018314.jpg

短い車体に後部2軸のスタイルがかなり異彩を放って見えるダンプ。ベッセル部分は上下に可動する。これも後部反射板を装備していることから、設定は現代か。

・いすゞTWD/HTW クレーン付平荷台
b0098271_0184973.jpg

b0098271_019016.jpg

これも後部2軸の総輪駆動車。フロントバンパー部にウインチを装備し、さながら林業に携わる働き者といったところか。これも後部反射板を備えているが、ある日突然こんなトラックに出会ったら、思わず歓喜の声を上げてしまうだろう。



<自衛隊車両>
・自衛隊 74式特大型トラック
b0098271_0193560.jpg

b0098271_0194327.jpg

これこそ働く総輪トラックというべきか、自衛隊の74式特大型トラックだ。「とくだいがた」ではなく「とくおおがた」と読むのが正しい。よく見かけるトラックが3トン半しか積載出来ないのに対し、74式特大型は倍の7トンが搭載できる。見て分かるようにふそうのスーパーグレートがベース。所属は「12施」とあるように、陸上自衛隊第12施設群だ。これも幌の脱着が可能。延長されたアオリが確認できる。

・自衛隊 74式特大型トラック重レッカ
b0098271_020053.jpg

b0098271_0201097.jpg

まさかこれを立体化するとは思わなかった重レッカ。「重レッカ」が制式名称だ。お分かりだろうが「じゅうれっか」と読む。戦車の砲塔を持ち上げたりする整備にはこれが欠かせない。「11後支-2」と表記があるが、その横に「武」か「高」のタンポ印刷が見て取れる。今は無き陸上自衛隊第11後方支援連隊武器大隊の所属なのか、陸上自衛隊第11後方支援隊第2整備中隊高射直接支援小隊の所属なのか判断に困る1台だ。クレーン部分が回転する。


<ビッグサム>
・日産ディーゼルビッグサム レッカー車
b0098271_0204145.jpg

b0098271_0204853.jpg

重レッカのコンポーネントを流用して民生用のレッカー車に仕立てられた(逆かもしれないが)のがトラックの故障時等に活躍するこいつだ。重量のあるトラックを引くため総輪駆動車が適しているのだろう。同じくクレーン部分が可動。


<クオン>
・UDトラックスクオン 岩崎工業除雪車(一般道仕様)
b0098271_0212045.jpg

b0098271_0212857.jpg

この時期の雪国でよく見かけるのがこの除雪車であるが、主要国道などある程度速度が速くなければならない時に活躍するのがこのトラック型除雪車だ。除雪車という任務上、総輪駆動が適しているのは言うまでもない。雪に埋もれてしまわないよう、マフラーがキャブ後方で上部に延長されている点に注意。前部ブレード部分と中央のブレード部分が可動する。

・UDトラックスクオン 岩崎工業除雪車(高速道路仕様)
b0098271_021492.jpg

b0098271_0215640.jpg

b0098271_022390.jpg

前述の一般道仕様の除雪車に比べ、より大型のブレードを装備しているのがこの高速道路仕様の除雪車だ。このブレードのおかげで今回のラインナップの中で全長が一番長い。通常このトラック型の除雪車が4台ほどで編隊を組んで除雪作業を行う。高速道路上で40km/hほどで走行するので、正直とても邪魔だが、彼らのおかげで降雪時でも安心して高速道路を通行できるということを忘れてはならない。前部のブレードは左右に可動するほか中央部分やや右から折り曲げることも可能。車体中央部のブレードも可動する。



数が多いため急ぎ足で紹介した。今回のトラックコレクションは1個840円とかなり強気の金額だ。12個コンプリートすると10080円となりかなり高額になってしまうが、それに見合うだけのクオリティは期待できる。いつもすぐにメーカー欠品になってしまうので、店頭やネットで見つけたら即決をお勧めする。



ちなみに今回のシークレットはベッセルを装備したTSD/HTSの除雪車らしい。
b0098271_0583362.jpg


いつも不満の声が聞こえるシークレット商品だが、今回に関しては合格点をもらえるだろう。
by gramman | 2013-02-04 01:00 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

TOMIX・JR475系電車(北陸本線)セット

久しぶりに鉄道模型のご紹介。地元を走るお馴染みの列車ということで、475系北陸本線の新塗装仕様を購入。



b0098271_14275685.jpg


b0098271_1428749.jpg




自分にとっては「祖父母の家に行くときに乗る列車」のイメージが強い本車。通勤型である115系の3扉車に慣れた自分にとって、この急行型475系2扉車は乗降口が狭く、セミロングシートを備えない点は子供ながらに「いつも乗っている電車とはどことなく違う」と認識したものだ。



本車は「新塗装」の名がつく通り、「旧塗装」仕様なるものも存在する。
b0098271_14392095.jpg


ただし1985年に導入されたこの塗装は不評だったようで、わずか3年後の1988年に新塗装に変更された。その後2010年より人件費削減等を目的として、青一色塗装の導入が進んでいる。
b0098271_14445437.jpg


費用削減の流れは致し方ないとしても、なんの色気もない、ソリッドなボディカラーの電車は、愛着などわかないもの。実写を見たことはあるが、言いようのない違和感を感じたのは事実だ。今のところ北陸地域で2編成ほどしかないようだが、塗り替えが進んでいくのは寂しい限りだ。



さて、そんな歴史を踏まえたうえで今作を見ていこう。新塗装のラインの塗り分けもキッチリなされ、さすが日本を代表する鉄道模型メーカー、TOMIXである。台車には黒車輪を採用している。画像の状態では付属機器、ナンバー等をつけていないなので、ご了承願いたい。ちなみに本作は「ハイグレード仕様」ということだ。
by gramman | 2012-10-28 14:54 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・THEトレーラーコレクション第6弾

トミーテックの展開するジオコレの中でも高い人気を誇るのがこのトレーラーコレクション。今回はその第6弾となります。


<TOMYTEC公式コメント>「大好評のトレーラーコレクション第6弾は、30ftコンテナ(2種)と20ft有蓋コンテナを新規作成しました。40ft背高海上コンテナでは本シリーズ初収録の事業者が7社と充実したラインアップとなります。トラックキャブは日野ドルフィンプロフィア2種が新規作成となります。20ft、30ft、40ftコンテナは今回もTOMIX貨車に搭載可能です!」



上記からもわかるように、今回はドルフィンプロフィアの仕様違い2車種が初登場。街で見かける回数からいえば意外な感じもしますが、ドルフィンプロフィアは今までのトラックコレクションも含め、立体化されてこなかったのです。



・日野ドルフィンプロフィア+T.S.LINES(40ft背高コンテナ)
b0098271_1848564.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+MSC(40ft背高コンテナ)
b0098271_18483384.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+Tex(40ft背高コンテナ)
b0098271_18485842.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+KMTC(40ft背高コンテナ)
b0098271_18492373.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+Hapag-Lloyd(40ft背高コンテナ)
b0098271_18495481.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+中海コンテナ(40ft背高コンテナ)
b0098271_18502886.jpg


T.S.LINESとMSCのトラクタが前期型、TexとKMTCのトラクタが日野ウィングマークが廃止された中期型、Hapag-Lloydと中海コンテナのトラクタが「テラヴィ顔」の愛称を持つ後期型という扱いになるようです。



・いすゞギガ+神原汽船(40ft背高コンテナ)
b0098271_18594058.jpg


ギガからは1事業者のみ収録。40ft背高コンテナ搭載トレーラーのみの再現となっております。



・UDトラックスクオン+日本通運(30ftコンテナ)
b0098271_1914452.jpg


・UDトラックスクオン+フリー(30ftコンテナ)
b0098271_1921159.jpg


・UDトラックスクオン+日本石油輸送(20ft有蓋コンテナ)
b0098271_1923928.jpg


UDトラックスからはクオンのみ登場。連結されるトレーラーはいずれも新規製作のコンテナを搭載しており、多様なラインナップが楽しめます。また、30ftコンテナのトレーラーは12ftコンテナを3個積載できるよう留具がついているのも留意すべき点です。



今回のシークレットは日本通運の旧塗装仕様の日野ドルフィンプロフィアに30ftコンテナを搭載した仕様のようです。またこのトラクタは今回の通常仕様にはない導風板を装着しているようで、既にヤフーオークションではプレミア価格で取引されています。ちなみに私は今回のBOX買いでは入手することができませんでした。



※撮影車両はすべて付属のサイドバンパーを装着していない状態です。あらかじめご了承ください。
by gramman | 2012-03-25 19:05 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・THEトレーラーコレクション第5弾

日本中のトレーラー好きの話題を席巻したトレーラーコレクションの最新版、第5弾の登場です。初ラインナップとなる日野・スーパードルフィンと、お馴染み日産ディーゼル・ビッグサム、日野・プロフィア、日野・HEが脇を固めるラインナップ。Nゲージと並べることを想定しているためか、コンテナが多くなるのはやむをえないのかと思いますが、個人的には重トレーラーとか平ボディのトレーラーなどが好きなので少し物足りない感は否めない。今回だけじゃなくていつもそうだけど。



シリーズ初となる「フラットラックコンテナ」を収録、とのことですが、フラットラックコンテナって何?早速Google先生に質問だ。wikipediaにも収録されている。「ドライ・コンテナに積載できない大型機械、円筒形工場用設備、木材、石材、鋼材、工作物、インゴット、大型タイヤ、各種車両、小型ボート、各種ケーブルドラムやロール状の鉄板などを積載するため、天井・両側壁が無く土台となる床のほかに両妻壁(トラックの荷台で言う前後の壁の部分)または、四隅の柱だけの開放型コンテナである。」との事だ。いわゆる一般的なコンテナの、フレームだけと理解すればいいのか?


b0098271_2232695.gif
(出典:http://www.tptc.co.jp/Portals/0/terminal/harbor/somecontainer.htm)
分かりやすい図も見つけたぞ。さすがGoogle先生だ。



今回もBOX買いを敢行、全10種類を一気にコンプリート、かと思いきや少し今回は様子が違ったようで。



〇日産ディーゼル・ビッグサム
・国際コンテナ輸送 日産ディーゼルビッグサム中期型+商船三井(40ftフラットラックコンテナ)
b0098271_222731100.jpg




〇日野・HE
・日本通運 日野HE+セミトレーラー(特急アロー)
b0098271_22342217.jpg




〇日野・プロフィアハイルーフ
・日本通運 日野プロフィアハイルーフ+31ftドライコンテナ積載トレーラー
b0098271_2235525.jpg


・日野プロフィアハイルーフ+セミトレーラー
b0098271_22361943.jpg


・西濃運輸 日野プロフィアハイルーフ+セミトレーラー(カンガルー便)
「欠品」



〇日野スーパードルフィン
・日本コンテナ輸送 日野スーパードルフィン+日本郵船(40ftフラットラックコンテナ)
b0098271_22373162.jpg


・日野スーパードルフィン+40ftフラットラックコンテナ
b0098271_2238569.jpg


・全国通運 日野スーパードルフィン+31ftドライコンテナ積載トレーラー
b0098271_22385131.jpg


・日野スーパードルフィン+南星海運(40ft海上コンテナ)
b0098271_22393352.jpg


・日野スーパードルフィン+グランドチャイナシッピング(40ft海上コンテナ)
b0098271_22402960.jpg


・西濃運輸 日野スーパードルフィン+セミトレーラー(カンガルー便)<シークレット>
b0098271_22412627.jpg




なんとシークレットが出てしまったため、コンプリートならずという結果に。シークレットは毎回、「これ本当にシークレットか?」と疑いたくなるほど地味なものばかりでしたが、今回は割と分かりやすい。キャブ上のシートキャリアに時代を感じ、荷台の字体にロマンを感じる。これこそが正しいマニアのあり方。このシークレットなら、欲しい方結構いるのでは?
by gramman | 2010-12-25 22:44 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TheカーコレクションVol.12 現代の街並み編

トミーテックのスケールミニカーを紹介した後で、ミニチュアの紹介。今回はカーコレクション初のBOX買いを敢行。これまでのカーコレクションって現代のものが少なくて(あっても現代2種類、過去2種類)手が出なかったけど、今回は全部現代のクルマということで購入。車種は後述。

・日産AD
b0098271_0144648.jpg


・トヨタプリウス
b0098271_015595.jpg


・日産パラメディック
b0098271_0152199.jpg


・トヨタクラウンセダン
b0098271_0153583.jpg




どの車種もよく再現されています。ドアミラーなんかもしっかり再現されていて、相変わらず1/150スケールとしては驚異的なまでの作りこみを見せています。これぞトミーテックの真骨頂。なんかだんだんと値段が高くなっていくけど、高まる買い手の要求に応えるためには仕方ないかね。



ハイライトはやはりパラメディックだろうか。東京消防庁、松戸市消防局、大阪市消防局を再現しております。それぞれに異なる塗装が施してあって、面白い。これでバックドア開閉機構でもあれば完璧だけど、1/150にそれを求めるのは酷か。と思ったけど、過去の1/150トラックコレクションの馬匹車では後ろの扉の開閉が再現されていたな・・・。



そうそう、おなじみのシークレットはプリウスの自主防犯車(青色警告灯を搭載した、最近良く見るアレです)の江戸川区仕様、クラウンセダンの個人タクシー仕様だそうです。まぁ相変わらずシークレットにしては地味。だがこれがトミーテッククオリティ。
by gramman | 2010-11-30 00:21 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

カトー・115系1000番台新潟色 3両セット

久しぶりのNゲージの編成セットを購入。モノは昔から慣れ親しんでいる、115系1000番台新潟色。この115系はオレが生まれたときから走っていて、あの旧車特有のやかましいモーター音と、今となっては快適とはいえないセミクロスシートなど、いくつかの特徴を持った車両です。私個人としては、そろそろ老朽化しているので新型車両の投入を考えるべきだろうと思うのですが、慣れ親しんだ車両であるだけに完全に置き換わるとそれはそれで一抹の寂しさを覚えるような、微妙な思い入れのある車両というわけです。

やはり地元民としては万難を排してでも入手しなければならないだろうと思い、今回の購入に踏み切った次第です。とは言っても3両セットで1万円を超えるようなら、きっと購入には踏み切らなかったと思いますが。



b0098271_23343952.jpg


b0098271_23345253.jpg


KATOといえばおなじみの、濃緑の外箱で登場。3両セットで、中間車がM車となります。



b0098271_2336364.jpg


b0098271_23361391.jpg


鮮やかな2色の緑がバッチリ再現されています。現在JR東日本新潟支社管内では、115系はこの塗色のほかに青を基調とした新新潟色と呼ばれるものと、Jリーグのジェフ市原をイメージカラーとする黄色と白と緑の編成が存在するようです。うち新新潟色は追ってKATOから製品化されるとのことです。



・1号車 クモハ115-1063
b0098271_23393149.jpg


・2号車 モハ114-1111
b0098271_23394361.jpg


・3号車 クハ115-1075
b0098271_23395268.jpg


1両ごとのプレビュー。ちなみに1号車側が村上・新潟方、3号車側が柏崎・直江津・新井・水上方ということです。中間車であるモハ114-1111車にモーターが積んであるわけですから、越後線などで見られる2両編成は再現することが出来ません。

プロトタイプは新潟車両センター所属の車両のようで「新ニイ」の文字は再現されています。また、編成の番号については印刷済みであり、列車種別と行き先方向幕、優先席のシールのみユーザーが貼る仕様となっております。今回の撮影においては、いずれのシールも貼っておりません。



●実車の紹介(製品同梱資料より抜粋)
JR東日本新潟支社新潟車両センターの115系は、70系電車置き換え用として昭和53年(1978)に新製投入された1000番台と、昭和59年(1984)の越後・弥彦線電化にあたり、全国から集約された0番台を始めとする改造車から構成されています。編成は2・3・4両編成があり、バラエティに富んだ車種が見られます。
当初の塗色は湘南色でしたが、白地に青帯と赤帯を組み合わせた1次色を経て、濃淡グリーン帯を組み合わせた塗色とされました。(弥彦線用の2両編成は除く)。
3両編成の中には室内のアコモデーション改良や機器更新、シングルアームパンタグラフ化が施工されたリニューアル車があり、塗色は濃淡青色の帯を配して従来車とは大きくイメージが異なります。
新潟支社の115系は新潟車両センターに集約配置とされ、JR東日本最多の両数を誇ります。
運用範囲は新潟支社管内の直流電化区間全域にわたり、妙高高原以北の信越本線・上越線・越後線・白新線・羽越本線で活躍しています。
by gramman | 2010-08-29 23:58 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・THE トラックコレクション第7弾

いよいよ発売になったトラックコレクション第7弾。



b0098271_130024.jpg


b0098271_130898.jpg


ボックス買いの特権。外箱を入手できる。まぁたいした特権ではないけどね。

今回の主役はいすゞのギガ。新型と旧型の両方をラインナップ。その間に挟まれて完全新金型の今やなつかしのいすゞニューパワーがちらほら。さらにその間に挟まれて散々使いまわされた日産ディーゼルクオン。いすゞが主役。個人的にはいすゞ好きでもなんでもないから特に期待はしていなかったんだけど、やっぱり通販で頼むと届くの楽しみだよね。



ここからは、その勇ましき12台を一挙にご紹介。
※今回は撮影用に箱から出した状態のため、サイドバンパーは全て取り付けていない状態です。

〇いすゞギガ
・ランテック 冷蔵パネルバン
b0098271_133959.jpg




・福岡運輸 冷蔵パネルバン
b0098271_1333475.jpg




・キューソー便 冷蔵パネルバン
b0098271_1345985.jpg




・一般営業用 冷蔵パネルバン
b0098271_1352290.jpg




・ヤンマー 31ft冷凍コンテナ
b0098271_135449.jpg




・日本石油輸送 31ft冷凍コンテナ
b0098271_136960.jpg




・日本通運 31ft冷凍コンテナ
b0098271_1362860.jpg




・西久大運輸倉庫 31ft冷凍冷蔵コンテナ
b0098271_137924.jpg




・福岡運輸 31ft冷凍コンテナ
b0098271_1373785.jpg


これでもかと言わんばかりのギガばかり。総勢9台。1種類、「一般営業用 冷蔵パネルバン」のみテールランプの形状が違います。あれ何ていうのかね、あの3連の角テール。



〇いすゞニューパワー
・一般営業用 冷蔵パネルバン
b0098271_1381240.jpg




・一般営業用 幌付き平荷台
b0098271_1383278.jpg


今となっては懐かしい顔のいすゞニューパワー。すっかり見なくなってしまいました。この金型が新たに開発されたことで、今後のトレーラーコレクションとトラックコレクションに応用されるんでしょうか。



〇日産ディーゼルクオン
・ランテック 31ft冷蔵コンテナ
b0098271_1435787.jpg


お馴染みUDクオン。個人的にはどうもこの31ftコンテナを積んだトラックというのは不細工に思えて仕方があるめぇ。トレーラーなら許せる。



以上。これといったハイライトも無く、終了。今までのを全部集めたら、市場の風景くらいは再現できそう。
by gramman | 2010-08-03 01:46 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トレーン・Nゲージ「ブルートレイン」

帰省した時の定番、鉄道模型をご紹介。



KATOの新製品、EF64-1000番台を見つけたので、次の日もまだあるかと思って見に行ったら、全てなくなっていました。同時においてあったEF64-37号機(茶色)も全て品切れ。その腹いせに買ったもの。



b0098271_23545685.jpg


よく駅の売店等で売っている、あの安っぽいNゲージの電車シリーズ。単行でもサマになるものを、ということで機関車を選択。DD51などがあれば最高だったのですが、コレのほかはEF81型のカシオペア色しかなかった。だったらこっちだろうと。



カラーリングから推測するに、EF65かな、と鉄道好きは思うだろう。しかし、箱を開けたとき、超額の事実が発覚するのだ。



まず前面貫通扉が無い。ということはEF65型の0番台かな?しかし銘板を見ると・・・「EF81」との表示が。何てことだ!!しかしこの布石が実はあった。この記事の2段落前を見て欲しい。EF81の記述が出てくるのだ。そして、EF81型トワイライト色のラインナップもある。そう、金型は共通で、カラーリングを変えたに過ぎないのだ。TOMIXやKATOが出したら非難囂々で社員は外歩けなくなってしまうだろうというくらいの手抜き。この適当さ、むしろ懐かしい感じもします。



意外とまともなラインナップだったりするので、気になった方はこちらへ
http://www.trane.org/ngauge/index.html
by gramman | 2010-07-27 16:52 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・トラックコレクション第6弾BOX

お待ちかねのトラックコレクション第6弾のご紹介です。



b0098271_23375559.jpg


今回もアマゾンで20%OFFの箱買いで。「全種類そろわない場合があります」と箱に書いてあるけど、ほぼ間違いなく全種類揃う。揃わないのはシークレットが入ってた時とかだろうね。

この第6弾では期待の日産ディーゼル・レゾナがラインナップ。個人的に大型車の中で最も好きかもしれないこのマスク。強烈に印象に残っているのはあぶない刑事の劇場版第1作の最後に登場した、レゾナのトレーラーヘッド。あれがなぜか最高にかっこよかったのを覚えてます。



・レゾナ中期型
b0098271_23422653.jpg

(左)共同石油(右)日本石油新ロゴ

b0098271_23431872.jpg

ミルクローリー


レゾナには前期、中期、後期型とあるようで、今回のラインナップには中期型と後期型がラインナップ。まずはそのうちの中期型から。昔のトミカシリーズの日産ディーゼルミキサー車とかはこの中期型の顔でしたな。



・レゾナ・後期型
b0098271_23452848.jpg

b0098271_23463187.jpg

(左)JOMO(中)出光興産(右)ENEOS

b0098271_23461993.jpg

化成品タンク車

b0098271_23473987.jpg

活魚輸送車


活魚輸送車のモデル化なんて、数えるほどしかないんじゃなかろうか。

レゾナのうちの後期型。レゾナといえばこの顔だと思う。この中で言うと、カラーリング的には活魚輸送車が最もそれっぽいね。昔親父が乗ってたトレーラーもこの顔だったな・・・。今ではもうクオンになっちまった。



・スーパーグレート
b0098271_2349116.jpg

b0098271_2349949.jpg

(左)岩谷産業(右)太陽日酸



トレーラーコレクションでもすっかりお馴染みスーパーグレート。今回はガスローリーに化けてます。トラックコレクションでは、ガスローリーの存在が全く珍しく思えなくなってくるから不思議。



・日野TC
b0098271_23505816.jpg

出光興産(旧塗装)



今回のレトロ車は日野TC。出光がちゃんと旧塗装なのが分かってるね。



・プロフィア
b0098271_235255.jpg

b0098271_23521388.jpg

消防水槽車



トミータックの開発陣の中には、よほど消防マニアが居るのかと思うくらい最近活発になっている、トラックコレクションに消防車をねじ込む運動。一応今回のテーマに則ってタンクつながりなのがまた憎らしい。これはもしかしたら、12月25日頃に発売される1/64の日野消防車を販売する布石なのかと思うと・・・寒気すらしてくる。


てなわけで、今回はここでおしまい。ちなみにシークレットは、「日本石油」の旧ロゴをつけたレゾナ中期型みたいです。
by gramman | 2009-12-03 23:55 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・トラックコレクション第5弾

トミーテックの誇る最強シリーズ、バスコレにも優るとも劣らないシリーズ、ついに登場です。

今日地元の行きつけの模型屋(電気屋ですが)に行ったら、残りわずか2個になってました。どうやらネットで買って正解だったようです。もしかしたら明日にも完売?オレの目の前で箱買いしていった人もいました。この人気はさすがです。

「THEトラックコレクション」。第5シーズンを迎えました。今回は4t車と、おそらくスケール初のモデル化となる「馬匹車」。競走馬を輸送する、バスみたいなあれです。今回は全車が日野自動車のもの。権利的なモノでもあるんでしょうか。UD党としては少々寂しかったりもしますが。



・12個入り
b0098271_23123222.jpg


こんな感じで箱絵です。トップを飾るイメージはクルージングレンジャーのユニック車ということで。



・ラインアップ
b0098271_23133094.jpg


12種類の説明です。12車種+シークレットが1個存在するということで、私は所持していませんが確かに存在するようです。詳細は後ほど。



・ダンプ(日野クルージングレンジャー・道路作業維持車、日野クルージングレンジャー・ダンプ、日野旧型レンジャー・ダンプ)
b0098271_23142856.jpg

b0098271_23141626.jpg


1枚目を見てもらえば分かりますが、しっかりダンプアップします。道路作業維持車だけダブルキャブなのか気になりますが、詳細は後ほど明らかになります。



・日野旧型レンジャー・国鉄貨物自動車
b0098271_23172179.jpg

b0098271_23173022.jpg


こいつだけちょっと車高高めです。どうもタイヤがでかいらしい。リアからのショットで分かるかと思いますが、幌は外せます。まぁ外すと荷台とシャシーを留める穴が見えてしまうので、リアリティにこだわるなら幌はつけたままがよろしいか。そもそもこの車種なら幌つけたままでもスタイル的に問題と思いますが。



・日野クルージングレンジャー・幌付平荷台
b0098271_2320207.jpg

b0098271_23203233.jpg


旧型レンジャーの国鉄貨物に相対する存在(であろう)としてのこの車種。平ボデ車なので、できれば幌はつけたくないのですが、残念なことにこいつにも荷台とシャシーを留める穴が露出している。最近ちょっとクオリティ落ち気味ですよ、トミーテック。いや最初の出来が良すぎたのか・・・。



・ユニック車(日野クルージングレンジャー・平荷台、日野旧型レンジャー・平荷台)
b0098271_23212263.jpg

b0098271_23213196.jpg


こういう形状のトラックを昔からなぜか「ユニック」と言ってしまうんですが、これは一般的な名称ですか?平荷台ってのも色気がなさ過ぎると思うけど・・・。

左側が新しいほう、右側が古いほう。荷台の部分は一緒です。旧型レンジャーのほうはシャシーが赤いので、レトロ感を演出するのに一役買っているかな?といった印象です。そういえばシャシーが赤いトラック最近見なくなった。



・消防車(日野クルージングレンジャー・ポンプ車、日野旧型レンジャー・ポンプ車)
b0098271_23271630.jpg

b0098271_23272544.jpg

b0098271_23273641.jpg


この2台、ポンプの部分も同じかと思いきや、ぜんぜん違います。レンジャーの年代に合わせてそのとき主流だった架装をつけているようです。これは評価できる。恐ろしくコアだ。箱をよく見ると、「日本機械工業」とある。これ、消防車の架装をしているメーカー。ということはきっちり作り分けないと、この会社から怒られてしまうわけですね、トミーテックは。

さてさて、先ほどのダンプ、道路維持作業車だけなぜダブルキャブなのか。ここに答えがあるわけです。勘のいい人ならお気づきとは思いますが、消防車とヘッド部分の金型を共用しているからなのです。とは言っても今度は他のダンプとシャシーが共用できない(ホイールベースを延長しないと荷台が収まらない)ので、どっちを優先するのかはさまざまな判断があってのことなのでしょうが。

実はシークレットはこのクルージングレンジャーのポンプ車の警察仕様らしいです。色を変えただけ、という手抜き、手抜きといってはいけないな、スペシャルカラーリング!!がシークレットのようです。



・馬匹車(日野馬匹運搬車・日本通運、日野馬匹運搬車・鷹野運送、日野馬匹運搬車・日本馬匹)
b0098271_23364635.jpg

b0098271_23365751.jpg


これ、需要あるのかと疑問に思ってしまうのが今回のトラックコレクションのハイライト、「馬匹車」。「ばひつしゃ」と読んでください。変換もバッチリ出ます。トラックコレクションといいつつボディはバスなんですが。ひっくり返すとシャシーはトラックのフレームなので、「トラックにバスのボディを架装した」ということが伝わってきます。と、いうことはこれはトラックなわけです。

b0098271_23403640.jpg

b0098271_23404652.jpg

実はコレ、後ろ開きます。このギミックを再現したという点には、もはや執念すら感じますが・・・。(消防車では上の放水銃ですら可動しないのに)ちなみにこれはそのまま開くのではなく、ちょっと開きつつ、スロープ部分を少し上に引っ張らないと出ません。実車を再現したのか、はたまた模型の構造上こうしないとだめだったのか。そして開いた中には競走馬が1頭収まるスペースが再現されています。トミーテックのこの馬匹車にかける意気込み、並大抵のものではありません。そこにはもはや執念すら・・・。



前回のトラックコレクションを入手したがごとく、今回も12箱セットを2割引で買いましたので、シークレット以外、コンプリート。(シークレットはコレクターじゃないから正直いらない)

なかなか楽しめるラインナップでありましたが、どうもトレーラーコレクションの第2弾と比べるとアラが目立つような気もする。まぁ・・・・本文中にも言ったように最初のハードルを自分で上げてしまったんでね・・・。市場全体の仕上がりで言うと文句なしのトップクラスなのでございますが。

トミーテックからは大規模ではないもののトレーラーコレクション第3弾の製品化が予告されています。車種は試作画像(とは言ってもまだクレイモデルどころかCGの段階)を見る限りでは、UDのビッグサム。プラス3軸のトレーラのようです。値段が結構上がりそうですが、その分期待ということで。お金に余裕があったら2箱買ってしまうかもしれない。
by gramman | 2009-04-03 23:50 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)