クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2006年 06月 ( 70 )   > この月の画像一覧

「大空の侍」第47話

その後5分、大村は直線で飛びつづけた。
小松はイライラし始めていた。
『大村、どうした。戦う気があるのか。』
しかし大村は応答しない。
『聞いてるのか!!』
小松が叫んだとたん、大村が小松の視界から消えた。
小松は半分パニックになりかける。状況が全く理解できなかった。
ピ――――!!
小松の機内に警報が鳴り響いた。ミサイルの警報である。
「1回死んでるぜ、小松。」
大村は言った。
「どこだ?!」
小松は思わず言った。
辺りを見渡すが、大村の機体は見えない。
ピ――――!!
再び小松の機内にミサイル警報が鳴り響いた。
「2回目の棺おけだ。」
小松は周囲を見渡すが、やはり大村を見つけられない。
小松は頭に血が上っていた。2回もロックオンされたこと、大村の姿が見つけられないこと。全てが頭に来ていた。
[PR]
by gramman | 2006-06-30 23:59 | Trackback | Comments(0)

カテゴリを変えて

懸賞で当たった賞品を紹介しましょう。

プラモデルです。「韓国陸軍88式K1主力戦車」です。

b0098271_19194476.jpg

でもこれ「トランペッター」の製品なんだよなぁ。中国の会社なんですよ。説明書が分からん。全部中国語だ。部品はいいけど塗装の説明がわからない。

「トランペッター」は、部品の完成度は高いんですよ。クオリティとしては日本の「フジミ模型」とあんまり変わらないくらい。ただ中国語がね~・・・せっかく漢字なのに、読めない。まぁ頑張って作るか、売るか・・・

ここで88式の説明をしておきましょう。韓国は日本よりさらに山地が多く、何よりもまだ戦時中です。なので、日本と気候は似ていても(北海道とほぼ同じ)、戦略は結構違います。なので88式も結構日本の90式と違う。まず、戦時中ということで、デザインは米軍のM1A2に似ている。米軍も戦争を知ってるから。次に戦略的に言うと、山地が多いのでM1A2よりも小型、さらに全高が低くなっています。今んとここれくらいしか分からないんですけど、誰かご存知だったら詳しいことを教えてください。


さらに、プラモデルを買ったという。

日本海軍の駆逐艦「霞」、潜水艦「イ-16」と「イ-58初期型」です。

「イ-16」には真珠湾作戦で使用された特殊潜航艇、いわゆる「豆潜」が搭載されています。これはマニア向きの装備だな。

「イ-58」には、零式観測機が付属していました。

これらについては、」また完成時に詳しくお伝えしようかと思います。
[PR]
by gramman | 2006-06-30 19:28 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トピック

訪問者が1000人を突破いたしました。ありがたいことです。これもひとえに皆様のご愛顧のほどだと感謝しております。

このブログが出来たということを6人くらいにしか言っていないのに、これだけ集まるとは。さすがインターネットはすごい仕組みですね。世界は1つだと、こんな小さいことから実感しました。


それと、雑誌の懸賞に当選しました。「4名様」に当たるのでまぁ当たればいいなぁとは思ってましたが、本当に当たるとは思っていませんでした。

思い返せば、確か雑誌の懸賞でカレンダーも当たったことがあるなぁ。

でも、宝くじとか現金に関わるバクチは当たらんのですわ。競馬も。
[PR]
by gramman | 2006-06-30 19:18 | Trackback | Comments(0)

韓国人拉致

この問題は、日本人の拉致よりも深刻だ。

まず、韓国人は北朝鮮人と異なる民族ではない。戦争によって、国が分かれているだけで同じ朝鮮人だ。だから認識も日本とは違う。いつか統一されると信じている。だから北朝鮮に拉致されようと、自由に行動できないにしろいつかは会えると信じている。

しかも北朝鮮とは陸続き、攻め込まれる可能性が高い。だから事を荒立てて反感を買いたくない。だから本腰を入れて抵抗するわけにもいかない。

このうち、「同じ民族」というのが最も大きな障害だろう。韓国は北朝鮮を疑えない。なぜなら同じ血が流れているからだ。

北朝鮮は脱北者がいるから、良くない国だという人もいるであろうが、そうだろうか。日本人だって日本に永住する人ばかりではない。出国するのが許されているだけで、もしかしたら海外へ出て行く人は北朝鮮よりも日本が多いかもしれない。

北朝鮮は財政の危機だ。だから人がいてもらわないと困る。ただそれだけの話で、別に北朝鮮だから自由が無いのではない。人民がいないと困るからだ。

拉致を肯定する気はさらさら無いが、拉致も1つの世界を知る方法として利用しているのではないだろうか。なにより他国に人間を連れ去ってくるのだから、どんな方法よりもその国を知ることが出来る。まして拷問でもすればその国の人しか知らない弱点、短所もわかるだろう。

そうしてみてみると、北朝鮮の行為は人道に外れているが合理的ではある。拉致、洗脳など北朝鮮のお家芸は、もしかしたら世界で最強かも知れない。

ただ悔やむべきことに、共産主義を取り入れて極貧になってしまった。そのうち世界は自分の国から離れてしまった。これを自分の身に当てはめてみると、とても悲しい。いつのまにかクラスの中で自分が1番貧乏になっていった。気が付くと友達はいなくなっていた。これはもう、犯罪に走るしかないのかもしれない。

日本人は皆、北朝鮮を批判することしか知らない。だから今回は違った視点に立ってみた。北朝鮮だって国だ。国を愛している人もいるに違いない。
[PR]
by gramman | 2006-06-29 22:30 | Trackback | Comments(0)

「大空の侍」第46話

大村はやむなく正攻法で戦おうかと考えた。
しかしF-15は現代においても最強の戦闘機の一種である。決してMiGが劣るわけではないが、やはり真っ向から立ち向かおうとすれば難しい。ましてパイロットはあの小松である。正攻法で勝てるわけが無い。
大村は思いとどまった。
生粋の戦闘機、F-15。実戦配備から30年あまり、いまだ世界ではF-15が撃墜されたことは無い。
「これを落とせば、俺は世界ではじめてF-15を落としたパイロットになるな・・・」
大村は小さく笑った。
その瞬間、大村は何かが吹っ切れたような気がした。
「そうだよな、たかが空戦じゃないか。何をそんなに片意地張ってやがる、大村。やってみるしかねぇだろ。」
大村は自分に言い聞かせた。
そしてスロットルを全開にして速度を上げた。
小松はその後に、確実についてきていた。
[PR]
by gramman | 2006-06-29 21:48 | Trackback | Comments(0)

空母「翔鶴」進水

完成しました、「翔鶴」

b0098271_2057369.jpg

いやまぁ戦時中なんで資料不足で。ほとんどが軍規で一般には漏れてこないもので。

頑張ったんだけども93年のキットだからデカールの強度が足りなくてブチブチ切れたのが大変でした、何より。他は何も問題が無かったんですけども。

次は潜水艦か軽巡かな。重巡もありだけど。
[PR]
by gramman | 2006-06-29 20:59 | 模型 | Trackback | Comments(0)

「大空の侍」第45話

『何をたくらんでる、大村?』
「そんなこと、言えるかよ。」
大村は言った。
そしてスロットルをゆっくり下げた。速度が徐々に落ちる。
小松はそのことに気づかず、距離を縮めてきた。
その距離が200に達したとき、大村は突如スロットルを最低に下げ、ブレーキをかけた。
速度が一気に低下する。
これで小松は大村の失速に合わせることが出来ず、大村を追い抜いてしまうというやり方であった。
大村は目を疑った。小松は自分の前には飛び出してこない。
『どうした小松、俺はまだ後にいるぞ。』
小松が言った。
大村が振り返ると、確かに小松は大村の後にいた。
「やるな・・・」
口ではそんなことを言いながらも、大村は動揺していた。このやり方で失敗したのは、初めてだった。
もし小松が並のパイロットだったら、大村を追い抜いてしまっただろう。
しかし小松は信じがたい瞬発力で、同時にブレーキをかけた。
『大村、だからF-15をナメるなと言ったろう。こいつはいい機体だぞ。』
「そうだな、予想外だ。」
大村は必死に考え始めた。今の状況は誰が見ても大村に不利である。だが大村がまだ落とされていないのは、相手が小松だったからだった。
大村が落とされるのは、時間の問題だった。
[PR]
by gramman | 2006-06-29 01:35 | Trackback | Comments(0)

艦載機のマーキング

私は今、困っています。

空母「翔鶴」の艦載機のマーキングが、分かりません。

垂直尾翼に引かれる帯、文字は、空母「赤城」なら黄色で「AⅠ-101」とか。

なら「翔鶴」なら何だろう?「EⅠ-101」かなぁ。「AⅡ-101」か。

知っている人がいたら教えてください。機種は、零戦21型、99式艦爆、97式艦攻3号です。ちなみに真珠湾攻撃の時の仕様で。
[PR]
by gramman | 2006-06-28 19:39 | Trackback | Comments(0)

「大空の侍」第44話

大村に小松は真正面から向かってきた。
「度胸試しって訳か・・・いいだろう。」
大村はそう言うとスロットルレバーを強く握って出力を上げた。加速Gが強まる。
両者の距離が1kmに近づいた時、小松が機銃を撃ってきた。負けじと大村も撃ち返す。と同時に回避行動をとる。
両者はそのまますれ違う。機体と機体の距離は1mと離れていなかった。
そのまま両者は反転する。また2人は真正面から向かい合った。
そしてまたお互いに機銃のレバーを引いた。
そしてまたすれ違う。
しかし今度は大村は反転しなかった。小松だけが反転し、小松は大村の後に食いついた。
『いいのか大村、お前の後ろについちまうぞ。』
「構わんさ、ちゃんとついてこいよ。俺のMigにF-15が付いて来れるわけが無いだろ。」
『それは・・・偏見だぞ。たぶん後悔するぜ。』
「いいだろ、そのときはそのときだ。」
言い終わった瞬間、大村はスロットルレバーを全開にし、出力を最大にした。
小松のF-15との距離が少し広がった。
しかし小松はその距離を保ってついてくる。
「なるほど・・・確かに普通のFじゃねぇな・・・」
大村はつぶやくと急に右旋回した。
そのまま小松の後につこうとする。
だが小松も回避をして、後ろにつかせない行動をとった。
「これは・・・普通の旋回じゃ無理だな・・・伝家の宝刀を使うか。」
大村はあえて速度を落とし、小松が後に来るのを待った。
まもなく小松は大村の真後ろについた。
『大村、いつでも撃てるがどうする?』
小松が無線で聞いてきた。
「撃てよ、後悔はしないぜ。」
言うと同時に小松は機銃を掃射した。
その弾道は、大村を的確に捉えていたが、大村はかろうじて弾を避けた。
そしてまたスロットルを全開にして、速度を上げた。しかし旋回はしない。
相変わらず小松は後についてくる。
「お前の弱点は、おとりをチャンスだと思い込むことだ。その従順さが、命取りになるぞ。」
大村はつぶやいた。
[PR]
by gramman | 2006-06-28 00:36 | Trackback | Comments(0)

個人売買の要請

自分の所有するプラモデル(完成品)があまりにも増えてきて場所がなくなってきたので、売りたいと思います。どなたか買ってください。完成済みですけど。

1・田宮模型 1/48傑作機シリーズNo.61 ボート・F4U-1Dコルセア
b0098271_222158.jpg

仕様としては、第112海兵戦闘飛行隊 空母ベニントン1号機です。ちなみにカウルフラップは開いてます。

完成度としては、塗装に多少のムラがあって、接着剤の浮きも気になります。瞬間接着剤を使った箇所は、白くなってしまった場所もありますが、まぁ気にならないと思います。
本体価格は50円です。ただし、輸送費は入っておりません。

ちなみにパイロットも付きます。
[PR]
by gramman | 2006-06-27 22:24 | Trackback | Comments(0)