クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2006年 11月 ( 64 )   > この月の画像一覧

「大地の兵」第32話

「担架・・・必要ですか?」
「いや、歩けそうだ。」
「では、50mほど言ったところに救急車を待機させています、着いてきてください。陸曹長、あなたもです。」
「いや、俺は大丈夫だ。」
金村は答えた。
陸曹長、とは金村の階級である。
「しかし曹長、1人では危険です。下がってください。小隊長からの命令です。」
「小隊長か・・・それなら仕方ないか。」
金村は観念することにした。
後方を警戒しながら、4人はその場を後にした。
「そういや笠松、俺とお前で離脱したら誰が指揮をとるんだ?」
「いや・・・その次に高い階級の者じゃないですか。」
「吉田か・・・」
金村は無線機を取った。
「班長から吉田2曹、どうぞ。」
『こちら吉田2曹、班長どうぞ。』
「班長、戦線離脱。指揮権は吉田2曹に委譲する。」
『吉田2曹、了解。』
あとで分かったことだが、笠松1曹に命中した弾丸はヘルメットの内部を1周し、入った穴から出て行っていた。
つまり笠松1曹は無傷であった。
すごい確率で命拾いしたな、と金村は笠松の肩を思い切り一発叩いた。
[PR]
by gramman | 2006-11-30 23:02 | Trackback | Comments(0)

陸上自衛隊74式戦車

昨日に引き続き、今日は74式戦車です。通称・ナナヨン。

b0098271_21554684.jpg

(陸上自衛隊HPより)

90式戦車が最強とはいえ、現在でも主力は74式です。90式があまりに高価なゆえ、配備が進まないからです。今74式は北海道を除く東北、中部、東北、九州の戦車部隊で活躍中です。北海道の戦車隊は90式ばっかりですんで。

[諸元]
*乗員:4名
*重量:約38t
*全長:9.41m
*全高:2.25m(標準姿勢)
*全幅:3.18m
*最低地上高:0.4m
*登坂能力:tanθ約60%
*最高速度:53km/h
*航続距離:約300km
*エンジン:空冷2サイクル10気筒ディーゼル機関
*出力:720ps/2200rpm

[武装]
*主砲:105mm戦車砲
*副武装:12.7mm重機関銃、7.62mm主砲同軸機関銃

スペックを見てもらえば分かるとおり、90式よりは劣ります。基本設計は70年代の車体なんで。特にエンジン出力は90式の半分です。ゆえに最高速度がかなり落ちます。重量も軽く仕上がってはいるんですが、やっぱり遅いです。

90式に劣るとはいえ今でも十分に通用します。レーザ測距機、弾道計算機、砲安定装置を搭載し、射撃においては90式には負けておりません。主砲の横に付いている箱状のものがレーザ測距機です。まぁこのレーザーはパッシブ式なんで今使ったら砲弾が集中して飛んできますけど。でも砲自体は90式の滑腔砲ではなくライフリングが切ってある従来の砲を使っています。口径も15mmほど小さいです。

装甲が今となっては結構弱い。この頃はまだ砲弾がそれほど高速でなく、砲塔が丸型になっているのは砲弾を弾き飛ばしてしまおうという構想から生まれた形のようです。90式は完全に平面にして、装甲を強固にするという発想でした。

そういえば最初の画像を見て、「エヴァに出てきてないか?」と思った人はかなり鋭い。単行本の1巻でUN軍の戦車隊として登場しています。自分から言わせてもらえば2010年?だっけ。その頃になって首都防衛に74式なんか使うわけねぇと思いましたが、あれが書かれた頃はまだ90式が部隊配備始まったばかりで一部のマニアしかその存在を知らない時代でしたんで仕方ないとは思います。

そしてこの74式戦車の調達価格は約3億円強。90式の半値。でももう生産していませんし、74式を新たに配備するメリットもないのでもう増えることはないでしょう。さらに74式戦車の総生産台数、873両。お疲れ様でした。
 
ちなみに現在全国に90式は約300両、74式は約800両。まだまだ日本の戦車は74式がリードしていくようです。

ちなみに自分は74式も90式も好きです。でも74式のほうが少しだけ好きでしょうか。
[PR]
by gramman | 2006-11-30 22:13 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)

12代目日産スカイライン

先日発売された日産スカイラインですけど、売れ行きはどうなんでしょうか。自分としては売れて欲しいんですけどね。日が経ってないからか、売れてないとも売れたとも何にも情報が入ってこないんですが。このスカイラインってやつはまさに昔から日産の旗艦で、スカイラインが不調だと日産も不調。(フェアレディZでも同じことが言えるが)売れ行きが低迷する日産の起爆剤となるか、非常に注目しています。

デザイン的には売れない要素はないんですけどね。テールライトもちゃんと丸テールになってますし。長年のファンが離れることはなかろうと。ただボンネットの処理がちょっとまずい。ここは改良して欲しいところ。ライトの上で途切れてるんでね。高級車はやっぱりボンネットとフロントグリルが一体化していたほうがいいんじゃないかと自分なりのこだわりがあります。

しかしながら全体的に大人しい感じがするなぁと思ったら、これはセダンでした。クーペはまだ売り出されてないんですね。スカイライン=クーペ、つまりスカイラインはスポーツカーであって欲しい。スカイラインにはレクサスと張り合ってラグジュアリーには走って欲しくない。ラグジュアリーなら日産にはフーガがあるじゃないか。クーペはブッとんだモノであって欲しいと、切に願います。と言ってもセダンも最大出力が315psあるらしいんで、十分ブッとんでるとは思いますが。スカイラインには、日産の旗艦だけではなく日本のスポーツの旗艦となって欲しい、と思います。

何か今回は希望ばかりになってしまった。ご容赦願いたい。

ちなみに雑誌や何か(クルマ雑誌以外)を読んでいると、スカイラインの記事に「GT-Rの登場が待たれる」とか書いてありますけど、あれ「スカイラインGT-R」はもう発売されませんよ。来年の10月に発売されるのは「日産GT-R」でスカイラインとはシャシー、ボディ、全くの別物です。でもスカイライン=GT-Rという認識は広く知れ渡ってるんだなぁとちょっと嬉しくなりました。自分はGT-Rには全く期待してませんが。GT-Rはスカイラインの最上級グレードであるべきで、モデルとして独立すればそれはもはやGT-Rではないというのが持論ですので。
[PR]
by gramman | 2006-11-30 17:48 | 自動車 | Trackback | Comments(0)

「大地の兵」第31話

 金村は笠松の頭を見た。
しかし不思議なことに穴どころかどこからも出血はない。
確かに弾はヘルメットを貫通していた。
「どうなってんだ・・・?」
金村は笠松に聞いた。
「いや、自分でもよく分かりません・・・」
笠松も現状が飲み込めていないようだった。
「でもなぁ・・・異常がないというなら・・・大丈夫なんだろうな。とりあえず救護班を呼んだ。診てもらえ。」
「いや、大丈夫です。」
「何かあってからじゃ遅い。プロに診てもらえ。」
「・・了解しました。」
しばらくその場で警戒しながら待つと、2人の陸自隊員が担架を持ってきた。
「被弾したのは?」
1人の隊員が聞いた。
「自分です。」
笠松が手を上げた。
[PR]
by gramman | 2006-11-29 23:45 | Trackback | Comments(0)

陸上自衛隊90式戦車

今日から連続で陸上自衛隊の兵器について解説していこうかと思います。

初回の今日は「90式戦車」です。

b0098271_2202073.jpg

(陸上自衛隊サイトより)

90式戦車といえば、説明するまでもなく陸上自衛隊において最強の戦車。日本最強の陸上兵器というわけです。見た目はまるでブロックを積み重ねたようなフォルム。色気も何にもありません。ただ戦うために生まれたものという雰囲気が出ています。

[諸元]
*乗員:3名
*重量:約50t
*全長:約9.8m
*全高:約2.3m
*全幅:約3.4m
*登坂能力:tanθ約60%
*最高速度:約70km/h
*エンジン:水冷2サイクル10気筒ディーゼル機関
*出力:1500ps/2400rpm
[武装]
*主砲:120mm滑腔砲
*副武装:12.7mm重機関銃、7.62mm主砲同軸機関銃

この諸元だけを見てもすごいですが、もっとすごいのは電子機器。日本はこの電子機器が強いんです。射撃を全てコンピューターで制御、いかなる姿勢でも、夜間であっても1度標的を捉えたら解除するまで砲はずっとその方向を向き、自動で追尾するという「砲安定装置」。例え走行中でも撃てる。砲手(射撃する人)はタイミングを見計らって発射ボタンを押すだけで弾丸は標的を貫きます。74式にいた装填手が廃止され、自動で砲弾が装填されるシステムが導入されました。

また油圧式のサスペンションにより、走行中でも姿勢は乱れない。さらにはどんな地形でも待ち伏せできるよう、車体の姿勢が自由に選択できる。これは先代の74式戦車ではじめて採用され、好評だったため90式にも受け継がれました。まるで生き物のように自在に姿勢が変化する様は見ものです。

防御装甲も素晴らしい。材質はセラミックを主体に、様々な合金が採用されているらしいですが、機密なので明らかになっておりません。まぁあたりまえですけど。車体前面には相当の装甲が施されるとか。また弾薬庫、燃料タンクと乗員との間に壁を設置、万一弾薬庫に被弾しても、爆発を上に逃がす構造になっていて、爆発が乗員に及ばないようになっています。

主砲は残念ながら輸入。ドイツのラインメタル社の120mm滑腔砲を採用。滑腔砲というのは、内部にライフリングが切ってない、つるつるの砲です。発射時には弾丸と共に大量の炎を同時に発射することで弾丸の速度を高めています。その砲から発射されるのは「装弾筒付翼安定徹甲弾」。弾丸は自身の運動エネルギーを熱に変換し、標的の装甲に潜り込んでいくという弾丸です。さらに「対戦車榴弾」もあり、弾丸に爆薬が充填されており着弾すると弾丸自体が爆発するようになっています。

90式戦車の特徴はこれくらい。まだまだ書ききれませんが、他国の現役戦車と比べてもほとんど遜色のない実力を持っています。米軍のエイブラムスにはちょっと勝てないとは思いますが。

ちなみに値段は1両あたり約7億9000万円(弾丸別売)。これは安いか、高いか。個人的には高くないと思います。
[PR]
by gramman | 2006-11-29 21:58 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)

郵政造反組

先の衆議院選挙で郵政民営化に反対し、自民党を去った人々。通称「郵政造反組」。その人たちが自民党に帰ってくることとなった。

一言で言わせてもらおう。「どのツラ下げて帰ってきたんだ。」

一旦は党の方針に合わないと言って抜けた人々。それがここに来て帰ってくる。例えてみれば、捨て台詞吐いて「こんなところにいられっか!!」とでも言って家を飛び出し、でも家出したものの行くアテもなく結局帰ってきてしまった子どものようなもの。かっこ悪い。

捨てた自民党も「お前みたいになんでも反対する奴は出て行け!!」といったものの、「あ~やっぱりあいついないと不便だなぁ・・・」と呼び戻したみたいな感じ。かっこ悪い。

しかしまぁここであの人たちを呼び戻して参議院選で票を獲得したい自民党の意図もよく分かる。でも有権者は投票するだろうか?紆余曲折を経て国民は茶番劇を見ただけなんではないだろうか?自民党の1人芝居という意味では今話題の「タウンミーティング」のサクラとあんまり変わらないような気もします。

ここにきて安部内閣、結構やばいんじゃないか。良くも悪くもインパクトがないと首相は務まらない。「バカヤロウ」と言って記者に水をかけた吉田茂。「貧乏人は麦を食え」と言い放った池田勇人。言うこと全てが大きかった田中角栄。パンダを連れてきた佐藤栄作。とにかく変人だった小泉純一郎。そういうものが、安部晋三にはない。
[PR]
by gramman | 2006-11-29 00:24 | Trackback | Comments(0)

「大地の兵」第30話

「おい、大丈夫か、しっかりしろ!!」
笠松はまだ息があった。
「死ぬな、おい!!」
笠松はしばらくすると目を開いて起き上がった。
「痛ぇっ・・・」
「大丈夫か、頭を撃たれたんだぞ。」
金村は聞いた。
「はっ、しかし頭自体には痛みはないし・・・無事なようです。」
「馬鹿言え、ヘルメットに穴があいてるだろ!!」
「いやしかし、痛みとか・・・当たった感じはありません。」
「ああ・・・?どういうことだ・・・」
金村は無線を持った。
「小隊長、小隊長、こちらイチ。どうぞ。」
『こちら小隊長、イチ、どうぞ。』
「現在敵と遭遇、攻撃を受けた。笠松1曹、被弾。救護班頼む。」
『小隊長、了解。現在位置を報告せよ。』
金村は地図を開きながら自分の位置を報告し、無線をきった。
笠松はまだ、生きていた。
「ちょっと見せてみろ。」
金村は笠松のヘルメットを取った。
[PR]
by gramman | 2006-11-29 00:19 | Trackback | Comments(0)

欲しいもの

最近また作りたいものが陸上の兵器に戻ってきたようです。

今手元にあるのが陸自の「軽装甲機動車」。買ってからもう1ヶ月経ちますね。イラクに持っていって話題になったあれです。まだ塗装すら終わっていないんですけどね。キットはイラク戦仕様なので全体をOD(オリーブドラブ)色で塗れと書いてあるのですが、自分は迷彩でいこうと思います。イラク戦仕様ではなく、国内仕様でいこうと。

そして次に欲しいのは、90式戦車です。普通のじゃなく、「砲弾搭載セット」か、「マインローラ装備」の90式戦車が欲しいのです。普通のは1回作ったので。

軽装甲機動車と、陸自の隊員のキットはあるので米兵のキットと合わせて日米共同演習の様子を再現しようかと思いましたが、陸自の隊員が普通の立ち方なのに対し、米兵は突撃しているので組み合わせることはほぼ不可能です。

でも実際陸自のばっかじゃなくて各国の戦車も作りたいんですよね。仏軍の「ルクレール」とか独軍の「レオパルドA6」とか英軍の「チャレンジャー2」とか米軍の「エイブラムス」とか。90式と何が違うのか、比較してみたいという気持ちがあります。露軍の「T-72」とかはあんまり興味持てないですけど。あ~でも今は「T-80」か。でもタミヤからはT-80のキットが出てないか。
[PR]
by gramman | 2006-11-28 22:38 | 模型 | Trackback | Comments(0)

マニア垂涎の品

さっき「なんでも鑑定団」を見ておりましたらば、旧日本海軍戦闘機「紫電改」のプロペラらしきものが鑑定の対象となっておりました。見つかった場所は九州・別府の海中。さぁ、果たしていくらなのか。そして本当に「紫電改」なのか。

結果は、30万円でした。そしてプロペラの正体は「1式陸攻」のものだとのこと。どうやら愛媛・松山の伝説の343航空隊の行動範囲に別府が入っていたため、勘違いしたのでしょう。でも確かに鑑定に出されたプロペラは金属4枚翅、「紫電改」のプロペラも金属4枚翅。根本的に間違っているわけじゃなかったんですね。

もし本物の「紫電改」のプロペラで、状態がよければ4~500万円くらいするであろうと。まぁ「紫電改」の部品といえばマニアにとっては垂涎の逸品。それくらいするでしょうな。

鑑定に出されたプロペラは被弾した形跡があり、撃墜されたのではなかろうかと予測されるようです。「1式陸攻」はアメリカから「ワンショットライター」(1発当たるとすぐに火を吹く)なる不名誉な名前を授けられるほど、撃墜されやすかった。何百機も落とされたうちの一機であろうと思われます。にしても戦争の一端を垣間見た気がしました。

30万円ならちょっと欲しい気もしましたが、モノがモノだけに大きすぎますわねぇ。実際欲しいのは照準器。機銃撃つ時に覗き込むあれです。零戦の照準器の1つくらい格安であるといいんですがね。でもやっぱり収納にも場所を取らないし、かなりかっこいいものなのでなかなか高値。みんな欲しがるようです。数はあるんでしょうけどね。
[PR]
by gramman | 2006-11-28 21:35 | Trackback | Comments(0)

「大地の兵」第29話

 金村は、緊張しているのが自分でも分かった。
次第に周囲は暗くなり、さらに危険が増していた。
その時100mほど前方で人影らしきものが動いた。
「誰か!!」
金村は叫びながら銃を構えた。
こうすることで、相手の氏名と所属を名乗らせるのが歩哨の役割だった。
しかし相手は答えない。
「誰かと聞いているんだ!!」
金村はもう一度言った。
相手は立ち上がり、銃を構えたように見えた。
金村は自分の小銃の引き金に指をかけた。
直後パンという乾いた音がした。
うあっ、という声ともに人が倒れたような音がした。
しかしその音は自分の横でしていた。
伏せながら横を見ると、笠松が1mほど飛ばされて倒れていた。
見るとヘルメットに穴があいている。
自分と金村より、相手が引き金を引くのが一瞬早かった。
金村はもう一度前を見た。
しかし姿は消えていた。
[PR]
by gramman | 2006-11-27 22:43 | Trackback | Comments(0)