クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

トミーテック・TLV-95b ニッサンセドリックスペシャル6(66年式)

b0098271_222106.jpg


今は亡きセドリックという伝統の車名を受け継いだ1台の登場です。



b0098271_22215545.jpg


b0098271_2222487.jpg


66年式ということで国産車はまだまだ黎明期、デザイン的にも未だアメリカの影響を色濃く残したスタイルは、当時の高級車のイメージをそのままなぞったような安定感さえ感じます。



しかしこの130系、初代30系と230系にはさまれ、かなり居心地が悪そうである。というのも65年に登場した本車は、68年にフルモデルチェンジと言っても差し支えないほどのマイナーチェンジを受け、わずか3年間しかこの顔を見ることが出来なかった、セドリックの中でもかなり不遇の扱いをされた娘なのであります。おそらくは日産党、ひいてはセドグロ好きに聞いてもまっ先に本車を挙げる人は少なく、むしろマニアの間でも忘れ去れ、一部の不人気車マニアの記憶の中にしか残らないクルマだったのではないかという悲観的な見方すらも出来てしまいます。



そんな不遇のクルマにもスポットを当てる、トミカリミテッドビンテージはまさにクルマ好きにとっては宝箱のような存在なのです。
[PR]
by gramman | 2011-03-29 22:34 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-N48b HondaシビックSiR-Ⅱ

b0098271_2285929.jpg


90'sホンダ車の雄、EG系シビックがトミカリミテッドビンテージに仲間入り。この年代のホンダ車が今まで不足していただけに、嬉しいところであります。



b0098271_2211446.jpg


b0098271_22111655.jpg


TLV-N48aが赤に純正アルミ仕様、本作N48bはブルーメタリックに純正スチールホイールキャップ仕様という出で立ち。このホイールキャップ、今見ると流石に時を感じます。何たって約20年ですからね。



SiR-ⅡといえばEG系では最もスポーティなグレード。元バイト先の上司が本車に乗っていたのが印象的です。本車の特徴的なところは、リアハッチの開き方。全部ガバッと上に開くのがハッチバックでは主流ですが、本車はガラスだけ上に上がり、下半分は下方に開くと言うなんとも奇特な開き方をします。果たしてこの方が物をたくさん積めるのかどうかはオーナーでない以上分かりませんが、あまり使い勝手が良くなさそうな気はします。
[PR]
by gramman | 2011-03-29 22:16 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカリミテッドNo.0129トヨタ2000GT(後期型)

b0098271_21424557.jpg


b0098271_21425431.jpg


日本自動車市場に燦然と輝く名車、それが今回ご紹介するトヨタの2000GTです。当時のトヨタが総力を結集して作り上げたこのクルマ、日本を代表するスポーツカーにふさわしい流麗の一言に尽きるスタイリングに加え、内装はローズウッドをふんだんに使った高級感あふれる仕上がり。生産台数も前期型が228台、後期型が109台といわれ、その事実も本車により一層のスペシャリティ感を与えています。



車長の半分がボンネットフードなのでは?と思ってしまうほどのロングノーズは、その代表格であるS30型フェアレディZをも凌駕するのではないかと思ってしまうほど。これでも当時の6気筒エンジンを収納するにはいっぱいいっぱいで、補機類が結構追いやられてしまっているとか。ロングノーズも車長に対する割合の話であって、この当時の国産旧車は例外なくコンパクト。だから思っているほど、ボンネットの長さはないと思ってもらって結構です。




さて、今回のモデルは2000GTの後期型。前期型との違いはフォグランプの小型化と、そのライトベゼルも同様に小型化され、よりグリルとの一体感が強調された仕上がりになっています。また輸出に対応するためサイドマーカーの大型化のほか、内装の一部も変更になっています。本作では内装の違いを垣間見ることは出来ませんが。



ちなみに日本では「2000GT」として有名な本車、輸出用はその排気量から2300GTになるそうです。
[PR]
by gramman | 2011-03-29 22:00 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-N22c ホンダバラードスポーツCR-X Si

b0098271_18373797.jpg


b0098271_18374466.jpg


80年代ホンダ車の雄、初代CR-X、通称バラスポの登場です。コンパクトと言われる国産旧車と比べても遜色ないほど、かなりコンパクトにまとめられています。このコンパクトボディにホンダの誇るテンロクエンジンが搭載されるわけですから、峠やジムカーナでは相当速かったことでしょう。昨年登場したCR-Zとは親子のような関係になるわけですが、このコンパクトさは現代の水準でコンパクトとされるCR-Zのさらに上を行くような印象です。



このモデルでは、後に改良される固定ヘッドライトではなく、少しだけ眠たげな目をしているセミリトラクタブルヘッドライトが再現されます。特徴的な純正アルミホイールも良い雰囲気です。今コレを見つけるとなると結構腐食の進んだ奴ばっかりで、あんまり良いものはないのでは?



そういえば今や休刊になってしまった雑誌「J's Tipo」に熱狂的なバラスポ好きなカメラマンがいたけど、そんなにもいいクルマなんだろうか。
[PR]
by gramman | 2011-03-09 18:46 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-64a トヨペットコロナ1500デラックス

b0098271_18314116.jpg


b0098271_18314918.jpg


マニアの間では「バリカンコロナ」の愛称でお馴染み、3代目コロナの1500デラックス。



バリカンのように角度のついたフロントはメーカーでは「アローライン」という名前で呼んで欲しかったようですが、今見てもまさにバリカンそのもの。特徴的なフロントに対してリア周りは同年代のトヨタ車のように手堅くまとめた印象も。



このコロナは日産と長らく続いていた「BC(ブルーバード・コロナ)戦争」に終止符を打った記念すべきモデルで、ブルーバードとの販売競争に勝ったという名誉を獲得しています。日産党としては悔しい限りですが。
[PR]
by gramman | 2011-03-09 18:36 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカリミテッドNo.128トヨタクラウン消防指揮車

b0098271_18234378.jpg


b0098271_18235117.jpg


通称クジラクラウン、MS60系クラウンの消防指揮車バージョン。トミカリミテッド特有の濃い色彩にも耐えうる、彫りの深いスタイルが魅力です。3割くらいハズレのあるトミカリミテッドにありながら、今回のは割と当たりだと言えるでしょう。


公用車でありながらホワイトリボン。今では考えられない話ですが、模型としてのスタイルはバッチリ決まっています。
[PR]
by gramman | 2011-03-09 18:29 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

アオシマ・大型デコトラシリーズ「毘沙門」

前回の右寄りな少々抑え目のトラックから一転、今回はバリバリに攻めてみようコンセプトで作った1台がこちら。ベースは行きつけの模型屋で見つけた、もはや懐かしの大型デコトラシリーズから、デッドストックの「毘沙門」をベースに付属のパーツを組み合わせてあります。前回買った別売りデカールもフル活用。



b0098271_1832162.jpg


b0098271_18322331.jpg


b0098271_18323331.jpg


b0098271_18323975.jpg


ヘッドはふそうザ・グレート。ザ・グレートに付属のパーツと言えばもはやお馴染み、段違いになったテールライトユニット。フロントはこれまたザ・グレートお馴染みのラッセルバンパーに舟形バイザー、シートキャリアと荷台にはロケットと至ってオーソドックスなスタイル。今ではあまり見られなくなったフルアート車の魅力を余す所なく盛り込んだ1台となっております。



今回はメッキパーツをフルに使うと言うことで役に立ったのが付属のメッキパーツ用接着剤。表記には「ゴム系接着剤」とあったので、一般のスチロール樹脂用接着剤とは成分を異にするもので、メッキを剥がさなくても十分な接着力を発揮してくれるすぐれものです。一方で粘度がかなり強く、しかも少量では効果を発揮しがたいので理想の量を使うとハミ出やすいという欠点があります。しかしその欠点があってもかなり有用なので、今のデコトラキットには付属していませんが、メッキパーツ用として付属させても良いのではないかと思います。これに近い効用を持った接着剤を入手しようとすると、ホームセンターでゴム系の接着剤を入手するか、あるいはタミヤから出ているエポキシ系接着剤を使うのが良いでしょうか。



ともあれ、今回のレビューは以上です。当方、3月から長らく居住した群馬から引っ越すので、群馬で製作するプラモデルは本作が最後になります。最後を飾るに相応しいものとなったのではないでしょうか。
[PR]
by gramman | 2011-03-07 18:42 | 模型 | Trackback | Comments(0)

東京マルイ・タクティカルマスター

以前から入手したいと思っていた東京マルイのガスブローバック、M92F。それも良いのですが、M92をベースに東京マルイが独自の改良を施したタクティカルマスターのほうがよりよく見えたので、中古品でありながらも入手に至りました。



b0098271_1642052.jpg


b0098271_1643735.jpg

<スライドオープン>



アメリカ陸軍制式採用のM9らしさを残しつつも、より扱いやすいようにカスタムされた独特のフォルム。握りやすさを増したグリップと、バレルの先端を切り落とした実用重視のスタイリングは、まさにタクティカル(戦術)ハンドガンと呼ぶに相応しいといえます。よりスピーディーさが要求されるCQBにおいてはメインウェポンとして使われるほか、通常の戦闘時における小銃のサイドアームとしても最適です。



b0098271_16135598.jpg

<上>タクティカルマスター
<下>シグP226レイル

以前に入手したP226と並べたショット。同じ軍用拳銃でありながらも、やはりコンセプトを異にすることがよくわかります。握りやすさとしてはタクティカルマスターに軍配が上がりますが、よりカッチリ感を求めるならばP226でしょうか。ブローバックの動きはP226のほうがストロークが短いため若干速い気がします。よって個人的に扱いやすいのはP226だと言えます。
[PR]
by gramman | 2011-03-06 16:19 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)