人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12
数々の旧型トラックのメー..
by gramman at 20:50

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フジミ・Honda VFR800P 警視庁白バイ仕様

いつ以来になるだろうかと考えてしまうほど久しく手を出していなかったフジミのプラモデル。個人的にタミヤばっかりしか作らない私がなぜフジミのキットに手を出したか。それは、このキットがメーカーの好き嫌いを超えて魅力的な車種だったからだ。そのキットとは、ホンダVFR800P、つまり「白バイ」だ。



<フロント>
b0098271_2139449.jpg


b0098271_21391596.jpg


b0098271_21392363.jpg




<リア>
b0098271_21394853.jpg


b0098271_21395758.jpg


b0098271_2140698.jpg




フジミにしては、実車の雰囲気が良く出ていると思う。昔はカーモデルと言うとモーターライズでシャシーが共通、太いランナーとヒケ、ディテールの甘さやラインの不正確さというものが目に付いたものだが、よく進化したものだと感嘆した。タミヤの病的なまでのディテールの追求と比較すると見劣りする感は否めないが、組んでしまうと違和感はそれほど無い。ただ若干ノッペリしてしまう印象もある。



実はこのキット、ナンバープレートが付いていない。これは買ってから気が付いた。キットの箱にわざわざ書いてあったんだけども、いざ買ってみて袋から出すまで全く気が付かなかったね。

そしてタイヤはプラスチック製で、定番の中空ゴムによる再現ではない。ホイールと一体成型で、完全に塗り分けによって再現する。ゴム用の金型はプラスチック用の金型に比べると高くつくという話を聞いたことがあるし、VFR800だと派生させるような有名車種も無く、単に白バイのバージョン違いで展開させる以外にない事を考えれば、こういった形でコストを削減するのもやむをえないか、と前向きに考えてみる。昨今の4000円を超えてしまうかのようなバイクモデルのキットばかりが多く出回っているのを見ると、こういったコスト削減は率直に歓迎すべきなのだろうか。

コスト削減は他の部分にも及んでいる。エンジンの再現が全く無いのだ。「どうせカウルで見えなくなるのだから」という発想なのだろうか。だがいざ組んでしまえば、エンジンがあるのかないのか、カウルの前部にわずかに開いた隙間からよくよく見なければ分からない。バイクモデルの概念を覆す思い切った冒険が出来るのは、今までバイクモデルをラインナップしていなかったフジミならではであろう。



b0098271_21512931.jpg


b0098271_21571667.jpg


ここまでくればやはり実車についても説明せねばなるまい。ベースになっているのはホンダのVFR、V型4気筒エンジンを搭載し、プロアームをアイデンティティとするどちらかといえばSSよりはツアラー寄りの性格を有するバイクである。見た目とは馴染まない、フレンドリーな乗り味が特徴である。

そんなフレンドリーなVFRが、熟練した白バイ隊員の手によって他の追随を許さない、公道で最も安全で、かつ最も速いバイクへと変貌を遂げる。まさに風のようなライディングテクニックと、鬼のような執念で違反車を追い詰める。その実力たるや子供も黙る、いや大人も泣くほどのすさまじい気迫である。風のようなライディングテクニックについては、YouTube等で閲覧されたい(「白バイ競技会」などで検索を)。

さぞや改造してあるんだろうと思いきや、実は速さに直結する部分はほとんど市販車と同じだ。変更点としては、前後サイドバンパーの装着、前後ブレーキへのABSの採用、ハンドルバーをアップハンドル化し、ステップ位置を変更、(都市部での運用を想定して)オイルクーラーの大型化、と言った程度のものだ。そのどれもがより安全に任務を遂行するための装備であったり、待機することも多い長い取締りでの疲労感を低減するためのものだ。すなわち、バケモノなのはバイクではなく隊員のほうだと断言できる。



そんな白バイを余す所なく再現したフジミの意欲作、おススメです。
by gramman | 2011-09-12 22:08 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-N10b ニッサンサニー1500 4WD スーパーサルーン

b0098271_22241973.jpg


今は亡き「サニー」という車名。その失われた車名を持つサニー史上でも1、2を争う角張り具合を持つB11系のスポーティモデル。昔家のクルマがB12系サニーEXサルーンだったこともあり、例え型が違えども、サニーにはそこそこ思い入れがあります。ましてスポーツセダン好きとしては魅力的なモデルです。



b0098271_2225198.jpg


b0098271_22255532.jpg

このモデル、リアの再現度は相当なもんです。実車と見紛うばかりの素晴らしいコンビネーションランプ。TLVの黎明期にありながら、この再現度はトップクラスだと断言できます。



しかしこのコンパクトなセダンをスポーティに仕上げてしまうあたり、今の自動車メーカーにはないセンスです。特にターボがついているわけでもなく、普通の1500ccのエンジンを積んだサニーにスポイラーをつけただけのグレード。1600ccのエンジンにMTミッションを積んだ競技専用グレード、VZ-Rというものがありましたが、それとも違うわけです。ちなみにそのVZ-R、コンセプトはそのままに最後のサニーであるB15系にもありました。
by gramman | 2011-09-06 22:30 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-34b プリンスクリッパーバキュームカー 東京都清掃局

第2弾もセドリックに負けず劣らず前のモデル。品番としてはセドリックの次にあたります。



b0098271_2285748.jpg


b0098271_2295887.jpg


b0098271_22104062.jpg

TLVシリーズの初期作品の中でも、商用車としては初めてに近いモデル。それがプリンスクリッパー。



某国産車変態雑誌では「プロペラ」と表現されるフロントグリルのオーナメント。プロペラは回りませんが、ここ越しに運転席の足元に走行風が流れ込んできます。しかしいつ見ても怖い顔だ。これの荷台に積まれるのが糞尿を吸い込むユニットだってんですから、泣く子も黙るってもんです。このクリッパーに始まるプリンス伝統のプロペラのオーナメントは、次の代のクリッパーにも引き継がれています。
by gramman | 2011-09-06 22:18 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・TLV-33a ニッサンセドリック道路公団車

先日の日本海クラシックカーレビューのフリーマーケットで手に入れたTLVシリーズ3連発。いずれも絶版車種にもかかわらず500円という特価販売。さすがアイアイアドカンパニーは違います。



b0098271_2158363.jpg

1発目はセドリックの道路公団車。最新の品番がNo.110に迫る勢いであることを考えると、相当前に発売になったものです。



b0098271_21582057.jpg


b0098271_21583195.jpg

いわゆる130系のセドリック。「道路公団」という名称と、左右でそれぞれ赤と橙の回転灯に時代を感じます。姉が持っていた百科事典の自動車の巻に、全く同じセドリックが載っていたなぁとそれも懐かしく思い出されます。



モデルとして見てみると、リアランプユニットの塗装が雑な感じは若干否めない。これでも当時としては画期的なほど緻密であったのに。今のTLVがいかに細部にわたってこだわって作られているか、それを実感させてもらえる良いモデルでした。
by gramman | 2011-09-06 22:03 | ミニカー | Trackback | Comments(0)