クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タミヤ・ゼクセルスカイラインGT-R Gr.N

今でこそタミヤのスケールモデルと言えば世界に名だたるスーパーカーをキット化するというイメージがありますが、そんなタミヤにも国産車ばかりをラインナップした時期がありました。それが今から20年ほど前、まだ日本車にも個性のあった時代・・・そのタミヤ黄金時代の中にあって、今でもなお燦然と輝くキット。それがR32型スカラインGT-Rのキットでしょう。そのGT-Rをベースに次々リリースされたレース仕様車のうちの1つが本作、「ゼクセル・スカイラインGT-R Gr.N」というわけです。



b0098271_23231896.jpg


b0098271_23232688.jpg


b0098271_23233437.jpg




近年タミヤでは再生産ラッシュもありましたが、そのラインナップからも外れてしまった本車は、1990年7月、フランスのスパ・フランコルシャン24時間耐久レースに出場した2台のうちの1台であり、若き日の服部尚貴などが登場した55号車と、同じく若き日の木下隆之などが登場した56号車はそれぞれ2位、3位入賞という輝かしい戦歴を持つ、知る人ぞ知る伝説のツーリングカーなのであります。ほぼ市販状態でしか出場することが認められないこのレースにおいて素晴らしい成績を収めたということは、R32の素性の良さを証明しているにほかなりません。とはいえ本車の知名度のなさは誠に悲しむべきことであります。



さて、そんな忘却の彼方に忘れ去られてしまったこのキットをどこで入手したかというと、新潟の片田舎にある、模型屋というより街のおもちゃ屋にひっそりと並べられていたものをデッドストックで入手したため。シャッター商店街を通り越してもはや人影もない路地でひっそりと営業を続けるそのおもちゃ屋はまさに昭和の生き証人であり、まだまだデッドストックのプラキットが残っています。有名キットはすでに残っていませんが、マニア垂涎の逸品といったものがまだありそうで、また機会を見て探索してみようと思います。



そんな古いキットですが、最も心配されたデカールの状態は思ったほどひどくなく、ひび割れもなく黄変は最小限、パーツの欠品ももちろんなく、プラも新品同様の強度を持っていました(20年ほどでは劣化するはずもないか)。ただ気になった点は、現在のタミヤのキットに比べると離型剤である油分が少し多めなこと。おそらく水性塗料は弾いてしまうであろう程の油分があったので、いつも以上に念入りに中性洗剤で洗浄しました。



さらにパーティングラインも目立ってしまっており、バリはなかったものの金型の合わせがいまいちなところもあり、ズレてしまっているところが散見されました。近年のタミヤのキットはバチピタで加工を要するところが本当に少なく、非常に恵まれていると実感しました。それでもなお21世紀にも通用するプロポーションの良さは、まさに傑作カーモデルキットと呼ぶにふさわしいモデルです。
[PR]
by gramman | 2012-03-28 23:32 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トミーテック・THEトレーラーコレクション第6弾

トミーテックの展開するジオコレの中でも高い人気を誇るのがこのトレーラーコレクション。今回はその第6弾となります。


<TOMYTEC公式コメント>「大好評のトレーラーコレクション第6弾は、30ftコンテナ(2種)と20ft有蓋コンテナを新規作成しました。40ft背高海上コンテナでは本シリーズ初収録の事業者が7社と充実したラインアップとなります。トラックキャブは日野ドルフィンプロフィア2種が新規作成となります。20ft、30ft、40ftコンテナは今回もTOMIX貨車に搭載可能です!」



上記からもわかるように、今回はドルフィンプロフィアの仕様違い2車種が初登場。街で見かける回数からいえば意外な感じもしますが、ドルフィンプロフィアは今までのトラックコレクションも含め、立体化されてこなかったのです。



・日野ドルフィンプロフィア+T.S.LINES(40ft背高コンテナ)
b0098271_1848564.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+MSC(40ft背高コンテナ)
b0098271_18483384.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+Tex(40ft背高コンテナ)
b0098271_18485842.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+KMTC(40ft背高コンテナ)
b0098271_18492373.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+Hapag-Lloyd(40ft背高コンテナ)
b0098271_18495481.jpg


・日野ドルフィンプロフィア+中海コンテナ(40ft背高コンテナ)
b0098271_18502886.jpg


T.S.LINESとMSCのトラクタが前期型、TexとKMTCのトラクタが日野ウィングマークが廃止された中期型、Hapag-Lloydと中海コンテナのトラクタが「テラヴィ顔」の愛称を持つ後期型という扱いになるようです。



・いすゞギガ+神原汽船(40ft背高コンテナ)
b0098271_18594058.jpg


ギガからは1事業者のみ収録。40ft背高コンテナ搭載トレーラーのみの再現となっております。



・UDトラックスクオン+日本通運(30ftコンテナ)
b0098271_1914452.jpg


・UDトラックスクオン+フリー(30ftコンテナ)
b0098271_1921159.jpg


・UDトラックスクオン+日本石油輸送(20ft有蓋コンテナ)
b0098271_1923928.jpg


UDトラックスからはクオンのみ登場。連結されるトレーラーはいずれも新規製作のコンテナを搭載しており、多様なラインナップが楽しめます。また、30ftコンテナのトレーラーは12ftコンテナを3個積載できるよう留具がついているのも留意すべき点です。



今回のシークレットは日本通運の旧塗装仕様の日野ドルフィンプロフィアに30ftコンテナを搭載した仕様のようです。またこのトラクタは今回の通常仕様にはない導風板を装着しているようで、既にヤフーオークションではプレミア価格で取引されています。ちなみに私は今回のBOX買いでは入手することができませんでした。



※撮影車両はすべて付属のサイドバンパーを装着していない状態です。あらかじめご了承ください。
[PR]
by gramman | 2012-03-25 19:05 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-120a トヨペットクラウン パトロールカー(埼玉県警察)

b0098271_18295978.jpg


b0098271_1830761.jpg


b0098271_1830199.jpg




MS50系クラウンの中からパトロールカー仕様の登場。ここでトミカファンなら気付くであろう1つの事実。「MS50系のパトカーって本家トミカシリーズになかったか?」



そう、実はMS50系パトロールカーは往年のトミカシリーズにて4-1番としてラインナップ済。いくらなんでもトミカで出したものをヴィンテージのラインナップに並べるわけにはいかないのではないか・・・と思うのだがそこはトミーテック。「あれは前期型、これは後期型」と言い張った(かどうかは知らないが)結果、堂々の製品化。確かに顔が全然違うから良しとするか・・・。



本作はスタンダードがベースとみられるものの、細部に関しては少し相違点もありそうですので注意深く見たいところ。また白黒のツートンの塗り分けがかなり上なのも特徴的で、黒地部分に白抜きで「埼玉県警察」と描かれており、警視庁パトカーとの雰囲気の違いも楽しみたいところです。
[PR]
by gramman | 2012-03-25 18:37 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-119a トヨペットクラウンスタンダード(緑)

b0098271_18171647.jpg


b0098271_181728100.jpg


b0098271_18173847.jpg


TLVシリーズの中でも人気が高い(とされる)国産高級車シリーズに、MS50系4部作がラインナップ。その中から特に低グレードマニアが泣いて喜ぶスタンダードの登場。しかも色はあの「ミズリナグリーン」とくればもう買うしかない。



ミドリでもない、シロでもない、メタリックも入っていない、微妙な色合いのミズリナグリーン。この色を再現してもらうため、わざわざ実車用のタッチアップ塗料を調色してもらい、中国の工場に持ち込んだというエピソードからもわかるように、トミーテックはこの色の再現に並々ならぬ情熱を燃やした模様(というか、トミーテックのとある人物の、常人には理解しがたいコダワリとも言えるが・・・)。その甲斐あって昭和の家電色ともいうべき、懐かしい色合いを完璧に再現しています。とある雑誌では「昭和の扇風機色」と紹介されていたこのミズリナグリーン、よく見たら今年のファッションのトレンドであるシャーベットカラーではないか。今年の春もトミーテックは(期せずして)流行の最先端を突き進みそうだ。
[PR]
by gramman | 2012-03-25 18:26 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

アオシマ・バリューデコトラ「四畳半」

アオシマが意欲的に展開するバリューデコトラシリーズ初の4t車、「四畳半」を作例を無視して製作。「四畳半」的な雰囲気のまるでない仕上がりとなりました。そもそもどこにも「四畳半」のアンドン等もありませんが。



b0098271_21431650.jpg


b0098271_21432860.jpg


b0098271_21433640.jpg


b0098271_21434529.jpg


b0098271_21435390.jpg


b0098271_2144824.jpg


b0098271_21441833.jpg




基本的にはキットの内容に含まれるパーツを使って製作しましたが、これが参った。まずデコトラのキットでは定番だった不要パーツというものがほとんどない。ロケットマーカーやナマズマーカーくらいは余分に入っていますが、シートキャリアがなかった。キット箱絵には確かにシートキャリアは描かれていないものの「どうせ入っているだろう」と思ったのに期待を見事に裏切られ、結果ルーフの上は寂しい状態になりました。



それでもこのキットの特筆すべき点は、貴重なラッセル戻しフロントバンパー。この形状のバンパーが入っているキットというのは希少で、今店頭に並んでいるキットで入手しようとするとこの「四畳半」に頼らざるを得ないと思われます。このバンパー欲しさに旧いキットをオークション等で入手する猛者もいるとか。



ハコの上の文字は自筆にて描いてみました。菊花は別売りのデカールを使用。ここ以外にもいろいろな箇所で使用しています。しかしこのハコのペイントは何とかならなかったものか。バリューデコトラではたびたび散見されますが、このキットのペイントは特にフザケがひどい。左右同じ絵柄だし、妙にポップな感じであまり個人的には好きでない。



リア部はリアリティと法規に配慮して、リアバンパーの雰囲気をぶち壊してでもバックランプを埋め込み、綺麗なリアのペイントを犠牲にしても反射板を貼り付け。このおかげで多少は公道を走れそうな雰囲気が出たかと思います。



久しぶりにトラックを作りましたが、実在しない仕様で気ままに作れるというのもいいものです。
[PR]
by gramman | 2012-03-05 21:56 | 模型 | Trackback | Comments(0)