クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トミーテック・THEトラックコレクション第8弾

待ちに待ったトラックコレクションの新作がようやく登場となった。第8弾となる今回のキーワードは「総輪駆動」だ。今回はいすゞのTX系、TS/TW系を中心に除雪車やシリーズ初の自衛隊車両等、バラエティに富んだラインナップとなった。




・いすゞTXD-A タンクローリー
b0098271_0152162.jpg

b0098271_0153116.jpg

個人所有のタンクローリーがモデルだと思われる見慣れないカラーリングのタンクローリー。社名等も一切記載がない。このTX系は総輪駆動のバスのベースにもなっているため、全く同じ顔をしたボンネットバスを今でも見ることができる。

・いすゞTXD-A 日本通運
b0098271_0155392.jpg

b0098271_016486.jpg

お馴染みの日通カラーを身にまとったTXD-40。書体と塗色から言って、現役当時をモデルにしたものと思われる。今よりも少し濃い橙色が印象的だ。幌部分は取り外しが可能で、凝った意匠の鳥居も再現されている。




・自衛隊 2 1/2tカーゴトラック
b0098271_0164534.jpg

b0098271_016544.jpg

いかにも古めかしい外観を持つ自衛隊のトラックであるが、実は平成になっても調達され続けていた長寿モデルである。正式には「2 1/2t 4X4トラック」という。フロントバンパー部に「千基」と「基教」の文字があることから航空自衛隊千歳基地基地警備教導隊の所属と分かる。これも幌の脱着が可能で、取り外すと延長されたアオリが確認できる。それにしてもこのボンネットトラックを平成の世になっても調達し続けて防衛庁(当時)は理解に苦しむ。

・いすゞTSD/TSG 消防車
b0098271_0171374.jpg

b0098271_017226.jpg

まだドアが装備されていない往年の姿を再現した消防車。1灯の赤色灯も良い雰囲気を醸し出すのに一役買っている。総輪駆動の消防車はさぞや重宝したに違いない。特に所属などは描かれていない。

・いすゞTSD/HTS 岩崎工業除雪車
b0098271_0174533.jpg

b0098271_0175527.jpg

ブレードを装備し、これまた良い雰囲気の除雪車。ブレードを避けるように上部に移設されたライト類も再現されている。後部反射板が描かれているところを見ると、現代でも現役という設定か。ブレードは左右に可動する。それにしても、この時代を感じる塗色には落涙を禁じ得ない。

・いすゞTWD/HTW ダンプ
b0098271_0181572.jpg

b0098271_018314.jpg

短い車体に後部2軸のスタイルがかなり異彩を放って見えるダンプ。ベッセル部分は上下に可動する。これも後部反射板を装備していることから、設定は現代か。

・いすゞTWD/HTW クレーン付平荷台
b0098271_0184973.jpg

b0098271_019016.jpg

これも後部2軸の総輪駆動車。フロントバンパー部にウインチを装備し、さながら林業に携わる働き者といったところか。これも後部反射板を備えているが、ある日突然こんなトラックに出会ったら、思わず歓喜の声を上げてしまうだろう。



<自衛隊車両>
・自衛隊 74式特大型トラック
b0098271_0193560.jpg

b0098271_0194327.jpg

これこそ働く総輪トラックというべきか、自衛隊の74式特大型トラックだ。「とくだいがた」ではなく「とくおおがた」と読むのが正しい。よく見かけるトラックが3トン半しか積載出来ないのに対し、74式特大型は倍の7トンが搭載できる。見て分かるようにふそうのスーパーグレートがベース。所属は「12施」とあるように、陸上自衛隊第12施設群だ。これも幌の脱着が可能。延長されたアオリが確認できる。

・自衛隊 74式特大型トラック重レッカ
b0098271_020053.jpg

b0098271_0201097.jpg

まさかこれを立体化するとは思わなかった重レッカ。「重レッカ」が制式名称だ。お分かりだろうが「じゅうれっか」と読む。戦車の砲塔を持ち上げたりする整備にはこれが欠かせない。「11後支-2」と表記があるが、その横に「武」か「高」のタンポ印刷が見て取れる。今は無き陸上自衛隊第11後方支援連隊武器大隊の所属なのか、陸上自衛隊第11後方支援隊第2整備中隊高射直接支援小隊の所属なのか判断に困る1台だ。クレーン部分が回転する。


<ビッグサム>
・日産ディーゼルビッグサム レッカー車
b0098271_0204145.jpg

b0098271_0204853.jpg

重レッカのコンポーネントを流用して民生用のレッカー車に仕立てられた(逆かもしれないが)のがトラックの故障時等に活躍するこいつだ。重量のあるトラックを引くため総輪駆動車が適しているのだろう。同じくクレーン部分が可動。


<クオン>
・UDトラックスクオン 岩崎工業除雪車(一般道仕様)
b0098271_0212045.jpg

b0098271_0212857.jpg

この時期の雪国でよく見かけるのがこの除雪車であるが、主要国道などある程度速度が速くなければならない時に活躍するのがこのトラック型除雪車だ。除雪車という任務上、総輪駆動が適しているのは言うまでもない。雪に埋もれてしまわないよう、マフラーがキャブ後方で上部に延長されている点に注意。前部ブレード部分と中央のブレード部分が可動する。

・UDトラックスクオン 岩崎工業除雪車(高速道路仕様)
b0098271_021492.jpg

b0098271_0215640.jpg

b0098271_022390.jpg

前述の一般道仕様の除雪車に比べ、より大型のブレードを装備しているのがこの高速道路仕様の除雪車だ。このブレードのおかげで今回のラインナップの中で全長が一番長い。通常このトラック型の除雪車が4台ほどで編隊を組んで除雪作業を行う。高速道路上で40km/hほどで走行するので、正直とても邪魔だが、彼らのおかげで降雪時でも安心して高速道路を通行できるということを忘れてはならない。前部のブレードは左右に可動するほか中央部分やや右から折り曲げることも可能。車体中央部のブレードも可動する。



数が多いため急ぎ足で紹介した。今回のトラックコレクションは1個840円とかなり強気の金額だ。12個コンプリートすると10080円となりかなり高額になってしまうが、それに見合うだけのクオリティは期待できる。いつもすぐにメーカー欠品になってしまうので、店頭やネットで見つけたら即決をお勧めする。



ちなみに今回のシークレットはベッセルを装備したTSD/HTSの除雪車らしい。
b0098271_0583362.jpg


いつも不満の声が聞こえるシークレット商品だが、今回に関しては合格点をもらえるだろう。
[PR]
by gramman | 2013-02-04 01:00 | ミニチュア | Trackback | Comments(0)

タミヤ・アメリカ M1A2 SEP エイブラムス戦車 TUSKⅡ

引き続きミリタリーアイテムの投入。米陸軍が誇るエイブラムスの最新版がこのM1A2 SEP エイブラムスであり、さらに市街地戦用のキットTUSKを装着したのが本車だ。



b0098271_22352739.jpg


b0098271_22353923.jpg


b0098271_22354833.jpg


b0098271_22355751.jpg


b0098271_2236589.jpg


長らく米陸軍はもとより世界の陸軍の中でも最強クラスと謳われたエイブラムスではあるが、さすがにシステムの古さを隠せなくなってきたため導入されたのがSEP(System Enhancement Package)であった。これは主にソフト面の改修が主であり、より効率的な戦闘行動が可能となったのである。



しかしイラク戦争における小規模な戦闘の続発は、まさに米軍の戦闘の根幹を揺るがすほどの衝撃を与えた。湾岸戦争を最後に大規模な戦車戦は発生しなくなり、代わりに神出鬼没に出現するイラク民兵の攻撃に米軍は頭を悩ませることになった。エイブラムスは旧ソ連戦車と交戦しても耐えうる装甲を有していたが、RPGなどの携帯対戦車兵器、路肩爆弾など安価な武器を前に、陸戦の王者はなす術がなかったのであった。



そこで考え出されたのがTUSK(Tank Urban Survival Kit)の導入であった。これはもっぱら市街地での戦闘を想定しており、近い距離の敵を全周にわたって警戒できるよう考え出されたものだった。車長と装填手が常に車外に露出していても危険が少なくて済むようシールドを設置し、近い距離の敵に対抗できるよう機関銃を増設。車内からも警戒できるようカメラも設置されている。またスカート部には対戦車兵器に対抗できるようタイル状の爆発反応装甲が増設された。これがいわゆるTUSKⅠである。



TUSKⅡではスカートのタイル状の爆発反応装甲の上にさらに瓦状の爆発反応装甲を増設、さらにこれを砲塔側面にも設置することで生残性を高めている。このTUSKおよびTUSKⅡの導入により、エイブラムスの市街地での戦闘行動は飛躍的に向上したのであった。



本キットでもそんなTUSKⅡの装備が余すことなく再現されている。

b0098271_22572434.jpg


b0098271_22573396.jpg


b0098271_2257412.jpg


b0098271_22574976.jpg


各部に増設された12.7mm機関銃M2と7.62mm機関銃、防弾シールドも特徴的なスタイルの演出に貢献している。シールド類はかなり薄く整形され、しかも簡単に破損しない強度も持ちあわせている。タミヤのキットの進化には毎回驚かされることばかりだが、なかなか他のメーカーでは実現できないことをさらっとやってのけてしまう点が素晴らしい。



b0098271_2313570.jpg


安心の装備の数々にさぞや車長もご満悦に違いない。



ちなみに本キットは瓦状の爆発反応装甲を持たないTUSKⅠも再現することができる。
[PR]
by gramman | 2013-02-03 23:02 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-130 ダットサンフェアレディ1500

前回登場した初代フェアレディのバージョン違いが新たにラインナップに並んだ。



b0098271_2344136.jpg


b0098271_2345041.jpg


b0098271_2345993.jpg


b0098271_235614.jpg


b0098271_2352190.jpg


b0098271_2352841.jpg


SP310型、すなわち先月ラインナップに加わった1500ccモデルはどちらかといえばツアラー的な性格を与えられていたが、今作のSR311型では排気量を2000ccまでアップ、エンジンも全く別物となった。それ故に当時の日本車としては最高峰の性能を誇り、よりスポーティなオープンカーとしてフェアレディの名は日本はおろか、北米等でも知られることになったのである。



今回のモデルは安全対策でフロントウィンドゥの高さが変更となる1967年10月より以前のモデルを再現しており、よりウインドゥの低いスタイリッシュな見た目が楽しめる。ちなみにユーザー取付対応のパーツとして、幌をたたんだ状態を再現できるパーツと、ハードトップを再現するためのパーツが付属する。
[PR]
by gramman | 2013-02-01 23:11 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N76b グロリア200ターボブロアム(紺)

前作の430セドリックに続き、今回は430グロリアが登場。2000ccでは最豪華仕様となるターボブロアムを再現している。



b0098271_22584363.jpg


b0098271_22585244.jpg


b0098271_2259539.jpg


グロリアのアイデンティティでもある横基調のグリルとシンプルなテールが430らしい角ばったボディラインと相まって非常にスマートな印象。ちなみに内装は青色だ。特徴的なワイヤーホイールも抜かりなく再現されている。いつも以上に写真がピンボケなのは許してほしい。
[PR]
by gramman | 2013-02-01 23:03 | ミニカー | Trackback | Comments(0)