人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タミヤ・ニスモR34 GT-R Zチューン

「最後の」BNR34スカイラインGT-Rの中でも最高峰ともいえるモデルが2005年東京オートサロンに登場し、一躍脚光を浴びた。日産のワークス部門、ニスモ創立20周年を記念するモデルとして、まさにニスモの持つ技術の結晶ともいえる作品が、NISMO R34 GT-R Z-tuneであった。

新しいモデルとはいえZ-tuneとして新車を製造するのではなく、ニスモが厳選したR34の中古車に手を加えて販売する手法がとられていた。全国限定20台、価格は1774.5万円というまさにスカイラインGT-Rの最高峰モデルにふさわしい価格設定であった。



b0098271_23281327.jpg


b0098271_23283965.jpg
モデルとしてはタミヤの他にアオシマもリリースしているが、今回組み上げたのはタミヤ製である。タミヤにはもともとR34のキットがあるのでそれにただパーツを差し替えれば良い、というのは素人考え。このキットは専用パーツのオンパレードだ。フロントフェンダーもノーマル車より拡張されているし、リアフェンダーもやや拡張されている。ボンネットも専用形状だ。

塗装は説明書の指示通りTS-17アルミシルバーを塗布。実車写真と比してもほぼ同じ色のようだから、調色は不要だろう。ちなみに実車のシルバーは「KY0」という型番のようなので、こだわる人は実車塗料を探してほしい(専用カラーなのでラインナップにはおそらく無い)。今回もタミヤ製の別売エッチングパーツセットを使用している。



b0098271_23342266.jpg
エンジンはRB26DETTをベースに2800ccまで排気量をアップ。GTタイプのエンジンブロック、クランクシャフト、コンロッドと専用のカムシャフト、ピストン、インテークコレクター、IHI社製ボールベアリング式ターボチャージャー、ECU等が装着され、各部を研磨・バランス取りされたパーツで組まれたRB26DETT改Z2エンジンを搭載していた。最大出力500ps、最大トルク55kgm以上であった。空冷式ツインオイルクーラーやアルミ製大型ラジエター、大型インタークーラーを装着し、冷却性能もアップされている。モデルでもナンバープレート後方に「NISMO」のロゴが入ったインタークーラーを見ることができる。

ボディはドア開口部をスポット溶接増しし、一部パネルをCFRP接着貼込みにより補強。同様にCFRP製フロントバンパー、片側を15ミリ拡大したフロントブリスターフェンダー、アウトレット付きボンネット等を装着している。



b0098271_23441852.jpg
足回りにはSACHS社製の車高調整式サスペンションを装着。ブレーキは前後ブレンボ社製の専用強化品が採用され、フロントにモノブロック6ピストンキャリパーとベンチレーテッドディスク、リアに4ピストンキャリパーと同じくベンチレーテッドディスクの組み合わせであった。本モデルではブレーキディスク面用にエッチングパーツを使用した。スリットも入り、貼るだけで手軽にディスクブレーキの雰囲気を再現できる。

タイヤはポテンザの265/35R18、ホイールはニスモLM GT4だ。説明書ではセミグロスブラックが指定。今回はグロスブラックに塗装したが、実車写真を確認するとマットブラックのようだ。



b0098271_23501993.jpg
駆動系にはCFRP製プロペラシャフトとデフオイルクーラー、ツインプレートクラッチを装着している。ノーマル車と異なり、リアアンダーディフューザーは装着されていない。エッチングパーツとしてデフオイルクーラーも付属するので、エッチングベンダー等で折り曲げて装着してやる。

マフラーはチタン製専用マフラー。エッチングパーツセットにマフラーエンド用にアルミ製の筒が付属するのでをれを装着した。これを付ける際は受け側のプラパーツを開口したほうが良いだろう。



b0098271_23561912.jpg


b0098271_23565324.jpg
内装には本皮とアルカンターラとのコンビネーションタイプレザーシート、専用ドアトリム、320km/hフルスケールのホワイトメーター、マルチファンクションディスプレイ、エアバッグ付3本スポークステアリングを装着。実車では各部に赤い生地を使用しているため筆塗りで塗り分けた。綺麗に発色させるためには厚塗りするより重ね塗りするほうが良い。



b0098271_23592161.jpg
フロントバンパーは純正と異なるマッシヴな造形のCFRP製が装着される。ボディ各部のメッシュもエッチングパーツで用意される。ナンバープレートはエッチングパーツが付属するが、国内用のナンバープレートは付属しないのでエッチングパーツのプレートをひっくり返し、フジミ製ナンバープレートセットのインレタを貼付した。

ウインカーレンズはクリアーではやや安っぽく見えるのでスモークを吹いておいた。フロントもリア同様アンダーカバーの類は装着されない。



と、ここまでモデルと実車解説を織り交ぜながら進めてきた。本物は少数生産、超高額スポーツカーのため手が届かないが、1/24スケールで自分の好きなように再現できるのは、やはりモデラーの特権だ。
by gramman | 2013-10-14 00:07 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-NEO 西部警察06 マシンRS-2

各方面で話題騒然のTLV「西部警察」シリーズに今月も新作が登場。RS軍団のナンバー2、それがRS-2だ。



b0098271_23294873.jpg


b0098271_23304516.jpg


b0098271_23311358.jpg
前作RS-1は「攻撃・戦闘指揮車」という位置づけであったが、今作RS-2は「情報収集車」としての位置づけであったためRS-1と違い固定武装はない。代わりに警察無線、航空機無線、船舶無線、遭難自動通報無線、アマチュア無線、各種緊急無線等の送受信が可能な特殊無線機、リアトランク内に4連装特殊弾発射筒、センサー信号処理装置、パルスドップラーシステム、シグナルコントロールなどの多種多様な電子装置を搭載していた。ちなみにシグナルコントロールとは名前の通り公道上の信号機を自由に設定できる装置であり、前作マシンRSと異なり青信号だけでなく、任意で赤信号に変えることもできた。



b0098271_23367100.jpg
ルーフ上の電動サンルーフがよく分かるショット。スジ彫りはなく、印刷での再現だ。このサンルーフを装着するため異形大型パトライトは装備されておらず、代わりにフロントバンパーの点滅式赤色灯、車体側面の回転式赤色灯、リアトレイ上部の赤色灯が装備されている。車体側面の赤色灯は格納することが可能で秘匿性は高いが劇中でそのような捜査に投入されたのはPartⅢ第54話しかなく、緊急車両としてはいささか視認性が低いような気がしてならない。



RS-1は助手席に巨大コンピューターが設置されているため助手席には誰も乗ることができないが、RS-2では座席は残されており、助手席の捜査員はコンソールのコンピューターを操作しながら追跡することが可能だ。助手席の床は鉄板張りのフラットフロアで、サンルーフから身を乗り出して安定した射撃を行うことも出来、要求の高い西部署の刑事たちも納得の捜査車両なのである。
by gramman | 2013-10-08 23:44 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N87a 三菱ギャラン∑2000スーパーサルーン(マルーン)

全国のスリーダイヤ信者お待ちかねのモデルがついにTLVに登場。その名は「Σ」のサブネームを持つ3代目ギャランだ。



b0098271_23151390.jpg


b0098271_23154199.jpg


b0098271_2316436.jpg
このギャランΣのモデル化に関してはスリーダイヤ信者はもとより、TLV信者からも登場を待ち望む声が多かったように思われる。それもそのはず、このギャランΣは歴代ギャランの中でも最も販売台数が多かったのだ。



このギャランΣは1976年5月発売。イタリア人デザイナーのアルド・セッサーノがデザインを担当したため、当時の日本車の中でも異質なヨーロピアン調デザインのスタイリッシュな4ドアセダンであった。逆スラント形状のフロントマスク、少し尻上がりなリア周りの造形などがいかにも往年の三菱車らしい。



本モデルはそのなかでも4G52型SOHC、いわゆるアストロン80エンジンのサイレントシャフト付を搭載した2000スーパーサルーンを再現している。「サルーン」の名称の通りスポーティよりはラグジーな方向性に振ったグレードであり、鉄ホイールを履きながらもどことなく高級感あふれるスタイルとなっている。このギャランΣはタクシーとして大量に採用されたことからも分かるように、4ドアセダンとして申し分ない、居住性にも優れたクルマであった。
by gramman | 2013-10-08 23:25 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-136b いすゞ ベレット1600GT(緑)

b0098271_230993.jpg


b0098271_230466.jpg


b0098271_231919.jpg
今ではトラック・バス業界で有名ないすゞ自動車の乗用車部門がまだ元気だったころ、一世を風靡したのがこのベレットであった。軽い車重と高性能エンジン、路面追従性の良いサスペンションと相まって、スカイラインが登場するまでサーキットで無敵であった。



そんなベレットの中でも1600GTは1964年に登場したスポーツグレードである。日本車のスポーツグレードの中では初めてディスクブレーキを採用したことでも歴史に名を残しているが、「GT」という車名を名乗ったのは日本車で初めてであり、そちらのほうが有名だろう。



本作はそんなベレットGTの中でもOHCエンジンを搭載した1969年式を再現。緑ボディは茶色内装となり、ホワイトリボンタイヤとも相まっていかにもオシャレだ。ルーフにはホイップアンテナがユーザー取付パーツとして付属する。
by gramman | 2013-10-08 23:11 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・ドリームトミカ 頭文字D AE86トレノ

b0098271_22181740.jpg
東京おもちゃショー2013でファンの話題をさらい、期待を一身に背負って登場したのがこの「ドリームトミカ 頭文字D AE86トレノ」だ。今や日本一有名な走り屋マンガと言っても過言ではない、頭文字Dの主人公が登場する車種がこのAE86トレノというわけだ。このマンガのおかげ(マンガのせい、と言ったほうが適切か)でハチロクトレノの市場価値がやたら高値で安定している。

しかしこのドリームトミカ、過去に「マリオカート」「スヌーピー」「ハローキティ」ときて「頭文字D」なのだから恐れ入る。



b0098271_2219253.jpg


b0098271_22192722.jpg


b0098271_22195048.jpg




細部を見ていくと、「ハローキティ」とは明らかに異なる購買層も納得の出来だ。トミカとしてはかなり頑張っている彩色の細かさが目を見張る。特徴的なツートンカラーの塗り分けもバッチリだし、マスキングによるにじみもあまり目立たない。「例の」店名もタンポ印刷でクッキリだ。



ホイールも通常のホイールと異なり、ワタナベ8スポークを惹起させるホイールを装備する。ドアミラーがないのが残念だが、トミカとしては「対象年齢3歳以上」とするにはやむを得ないのだろう。



注目はリトラクタブルヘッドライト。トミカでハチロクトレノがラインナップされていたこともあったが、その時は閉状態であった。本作ではそれが開状態となり、しかもボンネットと一体のダイキャスト製なのである。すなわち金型が違うということだ。よく見るとフロントバンパー下部にもフォグランプ用の造形が施されており、かなり専用設計の多いモデルということが分かる。



トミカらしくドアは可動。サスペンションはスーパーサスペンションだ。頭文字Dファンは「買い」の1台だ。
by gramman | 2013-10-07 22:31 | ミニカー | Trackback | Comments(0)