クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アオシマ・RASTY PS13 シルビア

またまたのカーモデルはまたまたシルビア。RASTY製エアロを装備したS13だ。



b0098271_21343443.jpg

b0098271_2135034.jpg

b0098271_21353113.jpg

b0098271_21355611.jpg

b0098271_21362378.jpg


そもそもRASTYって何だ、と思いつつネットで検索すると個人でやってるショップの名前らしい。製品一覧を見ていくと、だいたいこういったテイストの、品のないエアロ等を得意としているらしい(「品のない」は褒め言葉なので誤解なきよう)。カーボンボンネット、アクリルウインドウなんかもあった。

このS13に採用されているフロントバンパー、R34系を模したと思わせるデザインはやはりR34の純正バンパーをモチーフにした「R-SPEC」シリーズという商品らしい。厳密にいうと形状は異なるし、ラインナップにあるのはフロントバンパーだけだ。すなわちバーフェン、リアバンパーはアオシマのオリジナルだ。マフラーもRASTYからラインナップされているが、本作に装着されているマフラーはVERTEXのS13でも同形状のものが付属していたので全く関係ない。ちなみにVERTEXのS15のキットにも同じパーツがついてきた。

このエアロ、どこかで見た形状だと思いつつ再びネット検索すると、出たのがマンガ「ジゴロ次五郎」。エアロは全部一致した上にGTウイングも一緒。さすがアオシマ、既存のキットを使いつつ、RASTYから許諾を得て製品化したんだな、と納得。本当にリサイクルの上手い会社だ。



と、各方面に敵を作ったところで作例を見ていこう。キット自体を形にすることは特に難しくない。S13のキット自体が登場からまだ数年しか経っておらず、パーティングラインなども少ない。これをキッチリ組んであげてTS-40メタリックブラックを塗布。クリアーを塗ってフィニッシュした。相変わらずグンゼの黒サフを愛用しているが本当に便利だ。サフ塗りっぱなしでもいい感じにツヤ消しになってキマってくれる。

ホイールは本作で初登場の形状らしい。18インチの深リムのホイールで、面の部分とリムのメッキが別パーツで、メッキを生かしたまま非常に塗り分けがしやすい。前後でトレッド幅が違うのだが、ここは前後幅が一緒でもよかったように思われる。おかげでフロント部がだいぶ貧相な感じになってしまった。仮組みの大事さを確認。このタイヤを収めるために、バーフェンの裏側を少し削っておくとの説明書の指示がある。



純正を再現するわけではないので、好き勝手に作らせてもらった。天気に恵まれて塗装がスムーズに進んだのが良かった。
[PR]
by gramman | 2013-11-28 21:54 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-NEO 西部警察07 マシンRS-3

まだまだラインナップが続くTLVの「西部警察シリーズ」、最新作はRS軍団のラストナンバー、マシンRS-3だ。



b0098271_21451430.jpg


b0098271_21454314.jpg


b0098271_21461448.jpg


b0098271_21465198.jpg
このRS-3は元々マシンRSとして開発された車両であり、RS-1、RS-2よりも古参の軍団専用車である。RS-1、RS-2の登場を期にルーフ上の大型パトライト・エアロスプリットなどのエアロパーツの追加と、タイヤサイズの変更といったRS-1・RS-2に仕様を合わせるための再改造を実施しRS-3となった。古参の車両にも関わらずRS-1を名乗らなかった理由は判明していない。

RS軍団3台のうちRS-3だけベース車両が異なり、RS-1、RS-2は2000ターボRS、RS-3は2000RSをベースにしているため、ボンネットのバルジ形状、ボディサイドの大型ステッカー、リアスポイラー形状などが異なる。

軍団内での役割は「情報分析車」であり、マシンRSの役割と装備をそのまま引き継ぐ。本来助手席があるところに方向回転式サーチライトおよび赤外線・サーモグラフィ対応ビデオカメラ、コンピュータ、特殊無線機、信号操作装置、ECM装置などの操作盤を搭載している。また車内後部にもコンピュータ、無線機、プリンターなどが搭載されており、信号分析、声紋分析、前後レーダーで捉えた犯人車の逃走経路検索、CACSシステム(自動車総合管制システム:目的地までの交差点形状、誘導表示や、周辺車両の位置、速度などの各情報を表示する)などの機能が使用でき、処理結果はCRTモニターに表示される。乗車定員は2名、運転席と後部座席しかない。



b0098271_2156334.jpg
ようやく「大門軍団フォーメーション」が組めるようになった。本当は430覆面車は年式の違う個体だが、まだモデル化されていないので代用した。これで大門軍団専用車はほど出そろった形となった。残すはサファリの登場に期待したいところだがまだまだそういった情報は入ってこない。
[PR]
by gramman | 2013-11-13 21:58 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N88a 三菱ギャラン∑エテルナ1600SLスーパー(赤)

1978年に初代ギャランΣの姉妹車として登場したギャランΣエテルナが、姉よりひと月遅れで仲間入り。



b0098271_21303421.jpg


b0098271_21305877.jpg


b0098271_21312186.jpg
ボディライン自体はギャランΣと全く同じだ。相違点は角型2灯ヘッドライトと、縦基調のテールランプの2つくらいに過ぎない。三菱の販売チャネル拡張(カープラザ店新規開設)に伴い用意されたと言っても過言ではないクルマだ。

今回ギャランΣエテルナでは1600SLスーパーのグレードを再現しているが、1600ならではホイール形状を採用するなど、10月発売のギャランΣ2000スーパーサルーンとは区別されている。なんとなくチープな感じがするのはそのためだ。
[PR]
by gramman | 2013-11-13 21:40 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-137a いすゞベレット1600GT タイプR(橙)

ベレット1600GTに引き続き、ベレットの最上級スポーツモデルがTLVに登場した。ベレットGTタイプRだ。



b0098271_21195210.jpg


b0098271_21201775.jpg


b0098271_21204046.jpg
本車は「GT-R」と称されることも多く、スカイラインよりも先にGT-Rを名乗ったとも言われることがあるが、正式名称は「GT typeR」である。1969年8月の鈴鹿12時間耐久レースで優勝を飾ったベレットGTXをプロトタイプとする。

通常のベレットの車体に、エンジンを117クーペ用の1,600ccDOHCに換装。サスペンションを前後輪とも強化スプリングとし、ブレーキにサーボを追加するなどサーキットでの技術をフィードバックさせている。車体は太陽光反射を抑えるため黒のボンネットが採用され、2分割されたフロントバンパーの間にフォグランプを装着する。

1971年11月のマイナーチェンジ後はGTともども、当時流行のブラックマスクスタイルとなり、本モデルは「最終型を再現」と公式発表がある通り、ライトベゼルが特徴的なマイナーチェンジ後の姿を再現している。リアのテールユニットも大型化されている点にも注目。

カラーリングはオレンジ/黒、白/黒の2種類。ベレGといえばこの色だろ、とオレンジの車体をチョイスした。今回もルーフアンテナがユーザ取付パーツとして付属している。
[PR]
by gramman | 2013-11-13 21:26 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

アオシマ・VERTEX RIDGE S15シルビア

少し純正仕様のモデルが続いたので今回は社外エアロ仕様のキットを製作。題材はS15だ。VERTEX製のエアロを身にまとったシルビア、正直なところ実車はよく知らない。



b0098271_21332731.jpg


b0098271_21335245.jpg


b0098271_21341842.jpg


b0098271_21344352.jpg


b0098271_2135117.jpg
ボディ自体は前後バンパーまで一体成型で、ボンネットのみ別パーツとなる。これは先に接着し、ボディの塗装を仕上げる。今回もグンゼの黒サフェーサーを使用したが、これは本当に便利だ。番手も1500番と細かく、研ぎ出しをせずともそこそこの仕上がりになるので助かる。無論メタリック塗装時の下地塗料としても最適だ。



シャシーはアオシマお馴染みのスプリング式サスペンション。例によってスプリングは省略してノーサス仕様の最低車高状態に。若干下がりすぎた感もあるが、クルマの性格を考えればこれでよいのだろう。実際に走るわけではないし。



ホイールはレイズのTE37(風)の6本スポークが付属。デカールにTE37のものが付属するので正式にレイズから認可されているんだろうが、どうも造形がしっくりこないのでTE37風と表現させてもらった。とか言いながらしっかりホイールにはデカールを貼り付けておいた。本当にちゃっかりしている。ちなみにホイールはブロンズ塗装済みだ。クリアー塗装はされていないので気になる方は自分でクリアー塗装を施してほしい。



内装は黒一色。バケットシート形状のフロントシートが2脚付属してきたので見栄えを考えて赤で塗装。ステアリングホイールの最上部には競技車両によく見られる黄色の帯を巻いておいた。モノトーン系の色合いの中で良いアクセントになると思う。



ナンバープレートや車検ステッカーなど公道を走行するために必要なステッカー類は再現されないので、手持ちのディテールアップパーツで日本式のナンバープレートのみ再現。番号を陸運局の選択に特に意味はないで深読みしないでほしい。


とにもかくにもこのキット、作りやすい部類に入るだろう。久々に1週間で完成を見たキットだった。
[PR]
by gramman | 2013-11-11 21:45 | 模型 | Trackback | Comments(0)

タミヤ・スバルBRZ

久しぶりのスポーツFRの登場に日本中が沸き立ったのは2012年。その名はトヨタ・86/スバルBRZ兄弟。模型界においても久々のビックネームの登場に沸き立った。すっかりブームも落ち着いた中、ようやくタミヤのBRZを製作。



b0098271_10405933.jpg


b0098271_10413036.jpg


b0098271_10421799.jpg
スバルと言えばやはりスバルブルー。ボディカラーにはWRブルー・マイカを選択。タミヤカラーのTS-50 マイカブルーで塗装した。

キット自体はタミヤらしく組み立てやすさ、塗り分けやすさにも配慮された構成で非常に造りやすい。しかも組み立てやすさと各パーツの繊細さを両立させるという、まさにタミヤの真骨頂が体現された名作と言える。少ないパーツでエンジンルーム内も再現できるようになっているが、ボンネットフードは接着してしまったので本作では見ることはできない。腕に覚えのある方ならエンジンルーム内も再現してみてはいかがだろうか。

本キット一番の、いや唯一の難関ポイントは純正ホイールの塗り分け。凹部分はセミグロスブラック、凸部分はメッキむき出しという非常に塗りにくい構成になっている。ネット上での指南書によれば、ホイール自体はメッキパーツで用意されるので全体をブラックを塗装後、溶剤で表面をなでるという方法が紹介されていた。しかしこの方法はうまくいかなかったので今回は割り切って黒一色とした。2000番のペーパーなどで研磨する方法も試したが、ダメだった。黒一色のホイールも雰囲気は悪くないのでヨシとしよう。

ナンバープレートはジャンク品のナンバープレート用エッチングパーツを流用したのでスマートな仕上がりになった。他は特に手を加えていないので、やはりキットの素性の良さが際立っていると思う。
[PR]
by gramman | 2013-11-10 10:53 | 模型 | Trackback | Comments(0)