人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トミーテック・LV-N106a スープラ 2.0GT ツインターボ(赤)

1986年にデビューしたトヨタ・スープラはA70の型式で有名な1台だ。スープラの名称は国内としては初、海外向けモデルとしては3代目に当たるというなんともややこしいことになってしまっている。

発売当時のキャッチコピーは「TOYOTA 3000GT」。名車2000GTの再来として期待をかけられた1台であった。2代目Z20系ソアラと共通のプラットフォームを使用しており、登場時は2000ccのNAとターボ、3000ccのターボがラインナップされていた。



b0098271_16345015.jpg

b0098271_1635745.jpg

b0098271_16352388.jpg

b0098271_16355189.jpg

TLVでは初となるA70スープラを立体化。初期型の2.0GTツインターボモデルを再現している。エンジンは1988cc直6DOHCツインターボの1G-GTEU型、最高出力185PS/6,200rpm、最大トルク24.5kgf·m/3,200rpmを発揮した。

この70スープラは車体が5ナンバーサイズに収められていたのも特徴的であった。以後のグレードではブリスターフェンダーを採用しており、そんなマッシヴなスタイリングも魅力的ではあるが5ナンバー規格の細身なスープラもまた違った魅力を放っている。

本モデルではオプションのリアスポイラーを装備しており、当時のトヨタ車によく見られた車名入りのボディプロテクト・ストライプも再現されている。これはただの車名ステッカーに見えるが、ボディ下部全体を覆う形で貼られているボディ同色の厚手のウレタンフィルムで、跳ね石からボディを守ることを目的とした画期的な装備であった。



A70スープラといえば有名なのが3.0ターボAであるが、こちらもぜひモデル化を期待したいところだ。
by gramman | 2015-06-20 16:51 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-151a セドリック タクシー(日本交通)

日産セドリック、2代目のモデルとなる130系は1965年に発表された。先代の30系はアメリカンなスタイルであったが、本モデルでは一転してピニンファリーナデザインによるヨーロピアンスタイルを採用、フローイングラインと呼ばれるフロントからリアにかけて下がっていくラインや、下すぼまりのCピラーに特徴があった。エンジンはH20型4気筒OHV2000cc、J20型6気筒OHV2000ccが用意され 、最上級グレードであるスペシャル6のみL20型OHC6気筒ツインキャブ2000ccが搭載されていた。余談であるが警察専用車として「パトロール」が存在しており、H30型直列6気筒OHV3000cc、Y40型V型8気筒4000ccの2種類の専用エンジンが搭載された。



b0098271_1664443.jpg

b0098271_1674162.jpg

b0098271_168317.jpg

b0098271_16254356.jpg

今回ラインナップされた130セドリックはモデル初期の65年式で、この年式にしか存在しない小さいテールランプが特徴である。日本人は昔から大きいテールランプを好む傾向にあるようで、翌66年にはマイナーチェンジでテールランプが変更されている。(66年式は過去にLV-95番とLV-117番でラインナップされているので、テールランプを比較してみてほしい。)

カラーリングはTLVでもお馴染みの日本交通仕様だ。日本交通は東京都内を本拠地にする一般乗用旅客自動車運送事業者であり、創業は1945年とタクシー事業者としてはかなりの老舗である。本モデルでは当時の塗装を再現しており、今日見ることのできるカラーリングとはデザインが異なっている。本モデル用にナンバープレートが緑色の営業用になっている辺り、芸が細かい。



67年に130セドリックは前年、前々年に引き続き3度目のマイナーチェンジを敢行、大幅なフェイスリフトによりフロントマスクのイメージが大きく変わり、日本車らしい平凡なスタイリングになってしまった。(LV-32LV-33を参照のこと)
by gramman | 2015-06-20 16:23 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N105a,b トヨタセンチュリー(黒/グレー)

b0098271_1130358.jpg

トヨタ・センチュリーと言えば日本中の誰に聞いても、疑う余地のないほど国内最高峰の乗用車である。全長5,270mm、全幅1,890mm、全高1,470mm、車両重量は2,050kgと車格も最高峰だ。TLVでは現行型トヨタ・センチュリーを立体化。実車も12,538,286円と高価だが、TLVも2600円と通常シリーズの乗用車としては破格だ。



・LV-N105a
b0098271_1111993.jpg

b0098271_11112427.jpg

b0098271_11114495.jpg

105a番のカラーリングはブラックとなっているが、正式には「神威(かむい)エターナルブラック<202>」の名が冠される。公用車といえばこの黒いセンチュリーが採用される。箱も実に高級感にあふれている。



・LV-N105b

b0098271_11161267.jpg

b0098271_11163169.jpg

こちらのカラーリングはグレーで、正式名称は「瑞雲(ずいうん)デミュアーブルーマイカメタリック<8M3>」である。公用車に使われるイメージはあまり無いが、人と違う車を好む〇〇〇な仕事の方々には好まれる色だと思われる。実はこのモデルにはユーザー取付パーツとしてフェンダーミラーが付属するが、画像では取り付けていない。取付用のダボも目印もないので取付はやや難しいと思われるが、無くても雰囲気は悪くないのでこのままいくことにしよう。



現行センチュリーは1997年に二代目として誕生した。先代に当たる初代センチュリーは1967年から97年まで実に30年生産された超長寿命モデルであった。外観は先代のデザインを踏襲し、メカニズムを一新している。国産乗用車としては史上初にして唯一のV型12気筒DOHCエンジンを搭載、エンジンはもちろん万が一の際にも走行できるよう、走行機器の多くにバックアップのための2重系統化が施されている。

センチュリーはトヨタの象徴である徹底的にムダが排除されたトヨタ生産方式とは相容れない工程が採用されている。カローラの3倍という溶接箇所を熟練工が溶接し、さらに別の職人が溶接箇所をやすりで仕上げるボディ、専属の作業員4人がグループを組んで担当する組み立て工程、5層コートを5回焼き付けた後に専門の検査員が「鮮映性」という独自基準でチェックするボディ塗装、各職人が担当する木製パネルや本革シートが採用された内装など手作業が工程の多くを占め、コーチビルダーやカロッツェリアが製造する特装車のような車でありながら、かつて1000万円を切るほどの破格で販売されていたことは特筆に値する。



長らく公用車の頂点に君臨してきたセンチュリーであったが、近年は自治体への費用に対する批判、環境への配慮といった観点からセンチュリーを公用車として運用する自治体は減少の一途にあるようだ。内閣総理大臣専用車も最近レクサス・LS600hに置き換わってしまっており、公用車=センチュリーではなくなる日もそう遠くないのかもしれない。
by gramman | 2015-06-06 11:37 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N104a トヨタ タウンエースワゴン 1800ハイルーフカスタム (白)

TLV怒涛のタウンエースラッシュの最新作は、デビューから2年後のマイナーチェンジ後のモデルだ。(マイナーチェンジ前のワゴンはこちらから)



b0098271_1052251.jpg

b0098271_10521683.jpg

b0098271_10523474.jpg


1980年12月にタウンエースは二度目のマイナーチェンジを実施。ワゴン系のヘッドライトを丸型から規格型の角形へ変更、前後バンパーの大型化が図られた。内装面でも様々な改良が施され、当時のライバルであったニッサン・バネットとの競争を一歩リードし、市場での人気を不動のものとしていった。



なんと言っても特徴的なのは昭和のお父さんのメガネを思わせる角形ライトとヘッドライトベゼルの組み合わせと、北米5マイルバンパーを惹起させるデカいバンパーだ。ボディ側面の木目調デカールと相まって北米仕様車の雰囲気を醸し出しているが純然たる国内仕様車だ。しかし同時にラインナップされた赤色ではバンパーは無塗装の樹脂になっているのに対し、こちらではボディ同色になっているのは何故なんだろうか・・・。
by gramman | 2015-06-06 11:02 | ミニカー | Trackback | Comments(0)