人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アオシマ・URAS スカイライン(ER34)

カーモデルは軽自動車ばかり続いたのでしばらくぶりに普通車を製作。車種は王道のスカイラインだ。



ベースキットはアオシマのSパッケージ バージョンRシリーズ「URAS スカイライン(ER34)」。このバージョンRシリーズは方々のカーショップの名前をキットにつけるのが好きなようだ。例に違わず「URAS」とはその世界では有名な、福岡県は大野城市に本拠地を置くカーショップだ。パーツの販売から中古車まで手掛けるようだ。D-1の世界では有名な「のむけん」スカイラインを製作したのはこのショップだ。というか、今回のキットそのものがその「のむけん」の駆るD-1仕様のER34を再現したキットの仕様替えに過ぎない。ノーマルのダッシュボード、シート類がキットに付属せず、社外バケットシート、ワンオフのダッシュボード、専用のロールバーまでセットされた競技専用車が再現できる。



D-1は改めて説明するまでもないが、日本発祥のドリフト走行を競技にしてしまったカーレース選手権である。ドリフトが主体であるためタイム自体はさほど重要ではなく、ドリフト時にいかに美しく駆け抜けることが出来るかを競う競技だ。「のむけん」こと野村謙選手はそのD-1でもトップクラスのドライバーで、ドリフトの世界でも知らない人はいない超有名人だ。そして今調べたところ、URASはその野村選手が代表を務めるカーショップで、「D-1車両を手がけた」なんてレベルではなく自分で作ってしまったと言ったほうが正解だった。



日産・スカイラインはこれまた説明不要なほど超有名車であるが、本キットはそんなスカイラインの中の10代目、R34型のうちER34を再現したキットである。発売は1998年5月、全グレードで直列6気筒DOHCエンジンを搭載した。結果的に直6エンジンを搭載した最後のスカイラインとなり、クーペモデルとGT-Rはそれなりに売れたが、セダンモデルは営業的には惨敗、わずか3年でモデルチェンジしてしまい、一部のニッサン好きにか乗らない不人気車としてクルマ好きからも忘れ去られる1台となってしまった。

そんな不人気さに目を付けたのが、件ののむけんであった。あえて人気のない4ドアセダンで華麗なドリフトを決めD-1グランプリを席巻、ここでER34人気が再燃、というより人気に初めて火が付き、結果的には多くの個体がスポーツ走行の犠牲となった。

のむけんの駆るER34は直6のRB25型2500ccターボ仕様であり、本車も同様に2500ccターボモデルと推定されるのだが、後ほど見てもらえばお分かりの通り、5ナンバーであるため、きちんと公認を受けているとすればRB20型2000ccのはずなのだが・・・アオシマのミスか、それとも。



b0098271_22552214.jpg

車体色にはスバルWRブルーとして代用されるタミヤ・TS-50マイカブルーを塗布。日産車をあえてスバルブルーに染めるという快感だ。ホイールはキット付属のGT-R純正を使用。ちなみにガンメタリックというか独特の色で塗装済みだ。

b0098271_22561132.jpg

リア周りもキットのまま。リアのオーバーフェンダーはキットにモールドされている。リアドアからフェンダーにかけてビス止めされたかなりおおがかりな逸品だ。マフラーは砲弾型がキットに付属するので素直に使用。若干斜め出しになるのがポイントだ。

b0098271_22563246.jpg

車高はキットのまま。スプリングを使用するアオシマ得意の足回りだが、画像は最大高の状態なので調整は不要だと思われる。当初最低高の状態で作ったが、スラムドになって逆に置物系に見えてしまうので、狙ってやる人にはいいだろうが、走ることを考えればこの車高が無難だろう。

b0098271_22564890.jpg

フロントバンパーもGT-Rチックだ。フロントライトは指定ではシルバー一色だったが、GT-Rをイメージして塗り分けておいた。ナンバープレートは運転席側にオフセットしておいた。キットのプレートは厚いので0.5mmプラ板を切り出して加工した。

b0098271_2257531.jpg

室内は完全に競技車仕様だ。バケットシートはシートベルトが一体モールドされているので塗り分けた。ロールバーはボディ同色としたが、アルミ地を再現しても面白いだろう。ドアミラーも社外品だ。



今回のキット、ほぼカタログ通りに再現するところがないので気軽に作らせてもらった。完成時の車格とキットの自由度のわりに値段が安いので、おススメのキットだ。
by gramman | 2015-08-30 23:10 | 模型 | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N108b クラウンカスタム(水色)

TLV-NEOの最新作は安定した人気を誇るクラウンから4代目クラウン、S6#/7#型が登板だ。



4代目クラウンは「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」へ改名し、満を持して登場したモデルである。先代の角ばったスタンダードな外観から一転、「スピンドル・シェイプ(紡錘形)」と呼ばれる、丸みを帯びたスタイルを身にまとって登場した本車は、クルマ好きの間から「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる1台だ(クジラに似ているから、らしいのだがどうみてもクジラには見えない)。

しかしながら先進的なエクステリアを持つ本車は古くからのクラウンファンから敬遠されてしまい、かつボディーの先端形状の見切りの悪さから、取り回しに支障が出たことによる不評がユーザーから相次いだ。これにより歴代クラウンの中で唯一、販売台数で日産・セドグロの後塵を拝することになってしまった。このことから「クラウン史上最大の失敗作」なる不名誉な称号までもらってしまった悲運のモデルである。



b0098271_20572437.jpg

b0098271_2057557.jpg

b0098271_20583639.jpg

本モデルの登場は1971年2月、登場時のキャッチフレーズは「エレガンツ・クラウン 世界が見つめる」であった。クジラの現存する台数はセダンとハードトップが圧倒的に多いようであるが、あえてトミーテックはワゴンをチョイス。ワゴンは特に「カスタム」のグレード名で知られる。搭載されるエンジンはトヨタ自慢のM型で2000cc OHCエンジンである。74年に上級グレードに電子制御燃料噴射装置が搭載されることになるが、このモデルではまだキャブレター仕様である。

73年にはマイナーチェンジを実施し、カラードのフロントバンパーを大型のメッキバンパーに改め、高級感を与えている。本モデルは71年の初期モデルなのでまだカラードバンパーだ。パッと見でマツダ・ルーチェ、ダッヂ・チャレンジャーにも見えると思うが、いかがだろうか?リア周りのニヤケたテールもよく再現されており、歴代のTLV-NEOの中でもなかなかの出来だと思う。
by gramman | 2015-08-17 21:05 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-153a スカイライン綜合警備保障

「愛のスカイライン」として有名な3代目に当たるC10型スカイラインは、一般的に「ハコスカ」と呼ばれるモデルだ。モデル的には2000ccDOHCエンジンを搭載し、初めて「GT-R」を名乗った2ドアクーペが有名だが、売上台数としては圧倒的に4ドアセダンのほうが上だ。今回のTLV最新作は原点回帰、ドメジャー車種の3代目スカイラインだ。



b0098271_1842985.jpg

b0098271_18425731.jpg

b0098271_18462847.jpg

68年式、最初期の4ドアセダンに綜合警備保障の衣装を纏わせたのが今回のモデルだ。ベースは1500ccのスタンダードで、エンジンはプリンスの誇るG15型であった。最高出力88PS/6,000rpm、最大トルク12.2kgf·m/4,000rpm(いずれもグロス値)と平凡なエンジンであったが、当時としては高性能なOHCエンジンで、設計思想から高速型のエンジンであった。足回りはフロントにストラット、リアはリーフリジッドと、信頼性を重視した設計である。最初期モデルには、AT仕様は用意されなかった。



TLVとしてはスカイラインの最初期モデルは2007年の『荻窪魂vol.1』以来製品化がなく、ファンにとってはまさに待望の1台となった。
by gramman | 2015-08-16 18:53 | ミニカー | Trackback | Comments(0)