人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タカラトミー・トミカNo.132 横浜市消防局 特別高度救助部隊 機動けん引工作車

意外なラインナップでいつも我々を驚かせてくれるロングトミカシリーズであるが、今回の新車もまた意外なクルマであった。横浜市消防局の誇る特別高度救助部隊、通称スーパーレンジャー所属の機動けん引工作車である。



b0098271_13280071.jpg
b0098271_13280380.jpg
b0098271_13280717.jpg
横浜市消防局特別高度救助部隊は「スーパーレンジャー」(略称はSR)の名前で知られる消防救助部隊で、前身となる組織の創設は1964年と古い。これは高度経済成長により来るべき都市環境の変化に対応するために創設されたものであった。まだ国内には高度な救助技術を持つ組織が無く、救助隊員の一部が救助の精神を磨くため陸上自衛隊富士学校にて教育を受けた。これはいわゆる「レンジャー」の由来で、全国の消防高度救助組織の中で「レスキュー」ではなく「レンジャー」と名乗るのはここだけである。その後様々な経緯があり、2008年に組織を統合し、横浜市消防局の直轄部隊として現在の形となった。

このスーパーレンジャーの誇る特殊装備の中でも唯一無二の装備であるのがこの機動けん引工作車である。このクラスの大型レッカー車は日本中でもスーパーレンジャーに1台あるのみである。この車両の任務は主に交通救助や重量物挟まれ事故などである。また大規模な震災などの際は被災地で活動障害となる障害物の排除活動や道路啓開を行う。クレーンは最大36tの非常に高性能なけん引性能を有し、このクレーンでけん引のほか吊り下げも可能である。車両後部のアンダーリフトを使用して自走できない車両などをけん引することも可能である。


b0098271_13282523.jpg
b0098271_13282879.jpg
b0098271_13284143.jpg
b0098271_13285157.jpg
b0098271_13285539.jpg
b0098271_13284636.jpg
今回のトミカはそんな機動けん引工作車を見事に再現。ロングトミカの最大の利点である長さを生かしたモデルとなっている。車両各部の文字表記、塗り分けもかなり念入りに施されており、タカラトミーがこのモデルにかける情熱のほどが伝わってくる。被けん引車両として簡単な構造の乗用車が1台付属する。


b0098271_13285951.jpg
b0098271_13290430.jpg
b0098271_13290942.jpg
可動部分はレッカー装置回転・伸縮・上下/アンダーリフト可動/ウインチ回転となっている。特筆すべきはクレーン部分のロープの伸縮が可能な点で、タコ糸のような簡単な素材ではあるがこの部分を可動としたことに感動した。ウインチ部分も再現されているため、手で巻くこともできる。



b0098271_13291376.jpg
b0098271_13291618.jpg
最後に付属する乗用車をチェック。タカラトミーは特に何も謳っていないが、形状と特徴的なリトラクタブルヘッドライトから3代目ホンダプレリュードと推定される。1991年に生産を終了しており、廃車体を見る機会もほとんどない中で2018年現在では救助訓練等で破壊されるような対象でもなく、あえてこの車種が選定された経緯が気になって仕方がない。



乗用車のモデル選定には若干の疑問が残るものの、このモデルは非の打ちどころがない完璧なものと評する。個人的にはトミカオブザイヤーを進呈したい。某家電量販店にて入手したが開店前からこのトミカを求めて並ぶ人もおり、またネット通販サイトA社では発売前から定価の2倍程度のプレミアム価格がついていたので、落ち着くまではしばらく入手困難なものとなりそうだ。

by gramman | 2018-06-16 13:57 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.58 ホンダ シビック TYPE R

2010年9月、ホンダ・シビックは8代目となるFD型を最後に、日本市場から姿を消していた。ちょうど7年後の2017年9月、ホンダ・シビックが満を持して日本市場に帰ってきた。これが10代目となるFC/FK型シビックである。ラインナップはボディ形状から大別して「セダン」「ハッチバック」「タイプR」が用意された。

「セダン」はむろん4ドアであるが、いわゆる日本型3BOXセダンというよりはファストバック形状に近い。エンジンはシビック用に用意されたL15B型直列4気筒1500ccVTECターボである。「ハッチバック」は5ドアであり、エンジンは型式、構造こそセダンと同じ直列4気筒VTECターボであるが、ハイオク仕様のセンターエキゾーストとされ、よりスポーティな性格をもったモデルとされている。ホンダ伝統の「タイプR」は5ドアハッチバックをベースとしたボディを採用し、専用のK20C型直列4気筒2000cci-VTECエンジンを搭載している最スポーティグレードである。

トミカでは、この中からタイプRを2018年6月の新車としてラインナップした。

b0098271_13191182.jpg
b0098271_13191621.jpg
b0098271_13192278.jpg
今回入手したのは初回特別仕様のモデルで、ボディカラーが赤色となっている。メーカーではこの赤色を「フレームレッド」としている。通常版は白色で、「チャンピオンシップホワイト」である。実車ではこのほかに黒色と青色がラインナップされる。ホイールの赤色がよく目立つが、実車の純正ホイールも黒色をベースとし、フチに赤色のラインが入る仕様となっており既存のホイールを使いながらも再現度は高い。

このトミカは5ドアハッチバックのスタイリングをよく再現しており、強力なダウンフォースを発揮するスポイラー類も、単体では派手なように思われるがよくまとまっている。

by gramman | 2018-06-16 13:25 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N169a スカイラインGT-R オーテックバージョン 覆面パトカー(白)

TLVネオ2018年6月の新車はR33型スカイラインの4ドアGT-R仕様だ。今回はその中から覆面パトカー仕様を購入。



b0098271_22333481.jpg
b0098271_22333880.jpg
b0098271_22334128.jpg
この4ドアGT-Rは日産自動車が正規にラインナップしたものではなく傘下のオーテックが開発したもので、通常の生産方法と異なるため大量生産が出来ず、生産台数は442台と言われている。GT-Rの性能を2ドアクーペだけではなく4ドアセダンでも楽しめるとのコンセプトは、一部の日産党はもとより高速性能を求める高速仕様の警察用車両としても需要があり、当時の各警察本部に何台か導入されたようだ。神奈川県警の白黒パトカー仕様は既にLV-N152aにてモデル化されている。この覆面パトカーはトミーテックはどの警察本部のものか所属を明らかにしていないが、当時は埼玉県警に存在することが一部パトマニアの間では常識とされていた。その個体は塗色もこの白色であることが確認されている。

余談ではあるが埼玉県警はスカイラインGT-Rをパトカーとして採用することが好きだったようで、このR33型4ドアGT-Rの覆面パトカーの他、2ドアGT-Rの覆面仕様が数台、後年にはR34型GT-Rの覆面パトカーを採用しており、白黒パトカーはR33型は2ドア4ドアGT-R、R34型でも2ドアGT-Rを採用してきた。これは管内に東北道、関越道をはじめ常磐道、圏央道、首都高と交通取り締まりを行うべき高速道路が数多くあることが理由と推定される。ちなみに隣の栃木県警でも古くはフォードマスタング、ホンダNSXのパトカーが採用されていたことが知られている。2018年6月現在、国内で初めてR35型GT-Rがパトカーとして採用されることが発表され、またクルマ好きの間で話題となっている。

改めてこのモデルを見ていくと、基本的な造形は以前ラインナップされたものをそのまま使用する形となっている。パトライトは点灯状態で固定となっている。この他今や懐かしいオートカバー付き前面警告灯、後部アンテナはユーザー取付パーツとして付属する。オートカバー付き前面警告灯はこの時代のお馴染みの装備で、1990年代後半から2000年代にかけて数多く採用された。製造はおなじみ小糸製作所で、商品名もそのまま「オートカバー」であった。フォグランプにしては不自然な位置に装着されることが多いため覆面パトカーを見分けるポイントとして長らく定番であったが、180系クラウンの年代からより秘匿性の高いLED式警告灯に変わっている。オートライトを装着した覆面パトカーはなんとも言えない味わいがあったのだが、LED式になってからはより一般車との見分けがつきにくくなりどんな車種にもなじみやすいため、秘匿性を考えると警察にとっては良いのだろうがパトカー好きとしては寂しい限りだ。
b0098271_22335204.jpg

by gramman | 2018-06-15 23:03 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

陸上自衛隊新発田駐屯地 創設65周年記念行事

b0098271_21511042.jpg
平成30年5月13日、陸上自衛隊新発田駐屯地にて創設記念行事が行われた。移動中は絶えず雨が当たり、式典が始まる10時ころになっても小雨が降る気象条件であったがなんとか傘を差さずに済む程度で済んだのでありがたかった。



b0098271_21553116.jpg
b0098271_21554052.jpg
b0098271_21563319.jpg
駐屯地司令が入場しきっちり10時に式典が開始。国旗が会場右手より登場し、観閲台へ登壇した。護衛の隊員の小銃の持ち方が担い銃ではないのと、銃剣が着け剣となっていることに注意。



b0098271_22045044.jpg
駐屯地司令による巡閲の図。使われる1/2tトラックはピカピカではないものの、汚れひとつなく磨かれている。



b0098271_22102781.jpg
b0098271_22083756.jpg
b0098271_22090208.jpg
式典の最後は観閲行進である。徒歩行進の先頭は音楽隊、観閲部隊指揮官乗車の82式指揮通信車と続き、普通科が3中隊、新隊員教育隊が2中隊行進した。ちなみに行進の音楽は陸軍分列行進曲であった。しかし毎年思うが新発田の82CCVはフロントの部隊表記の位置が見慣れない位置にある。



b0098271_22144178.jpg
b0098271_22144808.jpg
b0098271_22145203.jpg
b0098271_22145794.jpg
b0098271_22150476.jpg
b0098271_22152246.jpg
b0098271_22152487.jpg
b0098271_22152683.jpg
b0098271_22153214.jpg
徒歩行進に続いて車両行進。曲目は祝典ギャロップに変わった。新発田駐屯地所在の普通科装備、軽装甲機動車、迫撃砲牽引の高機動車、94式除染装置、特大型トラック(6×4)と続く。その後他駐屯地の保有する装備品が行進した。なぜか新発田の装備と他駐屯地の装備が順不同で行進したので、個人的な感想としては新発田は新発田の装備でまとめてほしかった。



b0098271_22265225.jpg
b0098271_22270480.jpg
観閲行進から間髪入れず、空挺降下展示となった。小雨状態ではあったが風は無風に近かったため降下可能と判断されたようだ。第12ヘリコプター隊所属のCH-47より第1空挺団の新潟県出身者が3名、高度1000mから降下した。昨年の高田ではアナウンスに気づいた時には既にパラシュートが開いていたが、今回は事前にアナウンスしてくれたのでヘリから降下する瞬間を見ることが出来た。使用されたのは自由降下傘と推測される。ちなみにCH-47の出番はこれっきりで、この後の模擬戦闘訓練、装備品展示には登場しなかった。なのでCH-47JなのかJAなのか定かでない。



b0098271_22432163.jpg
音楽隊の行進曲の演奏をはさみ、模擬戦闘訓練となった。



b0098271_22451621.jpg
今回の状況は敵に占領された会場左手の台を、会場右手から味方部隊の各職種が連携して奪取するとの想定であった。

b0098271_22450840.jpg
まずは偵察オート、87式偵察警戒車、OH-6Dにより敵情を視察。

b0098271_22473820.jpg
b0098271_22474754.jpg
得られた情報を元に普通科の保有する81mm迫撃砲L16、120mm迫撃砲RTが展開、続けて中距離多目的誘導弾が展開した。

b0098271_22493301.jpg
普通科と連携し特科のFH-70が攻撃準備射撃を開始。会場観覧席にかなり近く、射撃音は轟音であった。余談ではあるがFH-70は状況開始後に牽引車により進入したわけではなく、普通科が進入時には既に射撃可能な姿勢であった。

b0098271_12044651.jpg
攻撃準備射撃後、普通科隊員が96式総輪装甲車、軽装甲機動車に分乗し戦闘地域に進入。

b0098271_12050890.jpg
途中普通科隊員が敵の攻撃により負傷したとの想定で救急車が進入し、負傷した隊員を後送した。この後施設小隊が敵地雷原を爆破等により啓開、特科と普通科の迫撃砲により突撃支援射撃を実施後普通科隊員が突撃を行い敵陣地を奪取した。この辺りのシナリオは場所が悪く撮影が出来ず、肉眼でも見えなかったのが残念だ。以上で訓練展示は終了した。



b0098271_09374860.jpg
b0098271_09375369.jpg
b0098271_09375754.jpg
b0098271_09380552.jpg
続いて装備品展示。個人携行火器が並ぶ。今回は手に取ることはできず、また装備からかなり離れた位置にロープが張られていたので近くで見ることも難しかった。上から対人狙撃銃、110mm個人携帯対戦車弾、携帯地対空誘導弾操作訓練装置、01式軽対戦車誘導弾である。3段目の携帯地対空誘導弾はあくまで訓練専用の装置で、実際に発射することはできない。

b0098271_09382025.jpg
第12偵察隊の87式偵察警戒車。説明の隊員はこの87式のプラモデルを作ったことがあると言っていた。

b0098271_09382292.jpg
今年も登場第12通信隊の野外通信システムアクセスノード。陸自の多様な無線システムを一元化した広域多目的無線、通称コータムの通信において、無線通信の出来ない地域に即応して展開し通信拠点を確保するための装置である。模擬戦闘訓練でも装備品展示でもあまり目立ってはいなかったが、陸自の通信システムにとっては画期的な装備品だ。

b0098271_09382641.jpg
戦車教導隊の96式装輪装甲車B型。模擬戦闘訓練では普通科隊員の下車戦闘を披露してくれたが、実際のところ普通科で運用できるほどの配備数がなく、普通科隊員の突撃に使用されることはそう多くはないだろう。

b0098271_09383436.jpg
b0098271_09385068.jpg
模擬戦闘訓練には参加せず、観閲行進と装備品展示に登場した第12施設隊のグレーダ。基本的に民生品をOD色に塗装して屋根に黄色の回転灯を装備した車両である。不整地のナラシ作業など陸自での役割は少なくない。

b0098271_09384649.jpg
同じく第12施設隊のバケットローダ。これも土木作業用に従事する車両で、民生品と構造は同一である。稀にバケット部分に隊員を載せて模擬戦闘訓練に参加することもあるようだが、実戦でそのように運用されることはないだろう。

b0098271_09392960.jpg
番外編、1/2tトラックの緊急車両仕様。屋根とグリル部分に赤色灯が追加され、運転席側フロントフェンダーにサイレンが追加されている。トレーラ誘導に使用されるものは屋根の回転灯が緑色になり(グリルは赤灯のまま)、警務隊仕様は車体色が白色になる。

b0098271_09393691.jpg
こちらも番外編の消防車。ヘリ発着時に散水する任務があるため荷台上に放水銃が備わる以外は、一般の消防車両と同一の構造だと思われる。一般道を走行することが少ないため赤灯の数は消防署のものと比べると控えめである。「30普ー本」の所属表記の上から「ポンプ隊車両」のマグネットシートが貼られているので、運用が変わったのだろうか。

by gramman | 2018-06-15 12:32 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)