人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

<   2019年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タカラトミー・トミカギフト110番!警察車両&DVDセット

トミカギフトに人気のパトカーセットが新しく登場。



b0098271_16310672.jpg
とりあえずパッと見て共通性のないセットに見える。何となく話題になった警察車両のセットなのかと思ったが、もしかしたら付属のDVDを見れば納得するのかもしれない。



・トヨタ ランドクルーザー 現場指揮車(DJポリスカー)
b0098271_16312531.jpg
b0098271_16312789.jpg
b0098271_16312906.jpg
b0098271_16313130.jpg
今回はこれが欲しくてこのセットを買った警視庁の現場指揮官車。実車は機動隊の現場指揮官車として活躍するランドクルーザー200系であるが、トミカでは200系ランクルがラインナップにないので新型ランクル70系になったのだろう。全体の雰囲気はとても良い。詳細を見ていくとルーフの指揮官が立つ装備はこのクルマ専用と思われる。簡単な構造ながら拡声器、回転灯などのモールドが施され、芸が細かい。



・トヨタ クラウン アスリート パトロールカー
b0098271_16443349.jpg
b0098271_16444790.jpg
一部方面では有名な神奈川県警のクラウンアスリート。神奈川県警では何年も前からボディサイドの神奈川県警察の表記の下に、POLICEと黄色いロゴが入れられているが、今回はそれが無い。ロゴが無い理由は分からないが、第1交通機動隊本隊所属のクラウンアスリート、無線番号438号車の存在が確認できた。モデル化の理由はともかく、フェンダーの裏の塗装が施されているのが質感が高い。



・スバル インプレッサ 覆面パトロールカー
b0098271_16480890.jpg
b0098271_16481035.jpg
トミカ通常版では2番WRX S4 覆面パトカーがラインナップされているが、今回はわざわざスタンダードなインプレッサの捜査用車両仕様。トミカ78番のインプレッサをベースにしている。ワイドタイヤでないのでより覆面パトカー感が増して良い。

by gramman | 2019-04-28 16:52 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカギフトならべてたのしい!新幹線輸送トレーラーセット

トミカギフトの新商品、新幹線輸送トレーラーセット。
b0098271_15450098.jpg

・三菱ふそう スーパーグレート -E5系新幹線はやぶさ 輸送車
b0098271_15451454.jpg
今回のメインのトラクタと新幹線トレーラ。ロングトミカ122番で展開されているものと同じだ。

b0098271_15453251.jpg
b0098271_15453616.jpg
トラクタ部分。プラスチックのピンのようなものは外すことが出来ない。

b0098271_15451900.jpg
b0098271_15452830.jpg
新幹線とトレーラ。新幹線と台車は金属ピンで固定されており、動かすことはできるが外すことはできない。



・日産 セレナ 先導車
b0098271_15494786.jpg
b0098271_15495078.jpg
法令で定められた緑色の回転灯を載せた先導車。それ以外はいたって普通のセレナだ。



・いすゞ エルフ 後方警戒車
b0098271_15510975.jpg
b0098271_16281081.jpg
b0098271_16281779.jpg
新幹線輸送の最後尾で後方の一般車両に注意を促す後方警戒車。トミカでは本来は道路公団の車両であるが塗装を一新し、見事に化けている。看板の上下が可能だが、実際の車両は上げた状態では走行しないと思われる。



b0098271_15531295.jpg
実際に並ぶとこんな感じ。セレナ、スーパーグレート、エルフとスケールが全く違うので統一感は無いが、雰囲気は出ている。トラクタのキャブに描かれたNITTSUの文字が誇らしい。

by gramman | 2019-04-28 15:54 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.15 ランボルギーニ ディアブロ SV

2019年4月のトミカプレミアム新車第2弾はランボルギーニディアブロSV。



b0098271_15311774.jpg
b0098271_15312077.jpg
b0098271_15312338.jpg
個人的にはあまりなじみのない車種ではあったが、登場は1990年と意外に古く、カウンタックの後継車種と位置付けられていた。言われてみれば楔形の空気抵抗の少ない車体にシザーズドアを採用、リトラクタブルヘッドライトとまさに新型カウンタックと呼ぶにふさわしいクルマであると言える。エンジンはV型12気筒DOHCをリアミッドに搭載、シャフトを前側に出しトランスミッションを介してリアホイールを駆動する方式をとっていた。スーパーカーにしては珍しく4WD仕様もラインナップされたが、この駆動方式ゆえAWD化するのも容易だったであろう。

中でもディアブロSVは96年に登場したモデルで、最高出力が標準モデルの492PSに対して530PSに高められていた。



b0098271_15312511.jpg
b0098271_15312747.jpg
今回のトミカプレミアムでは、外観上の特徴であるシザーズドアとリトラクタブルヘッドライトの可動が再現されている。これはこのスケールでは驚異的と言って良い。同じくトミカプレミアムのカウンタックではシザーズドアは閉じたままであったし、ライトも閉状態しか見ることが出来なかったが、これが登場から5周年経ったトミカプレミアムの技術力ということなのだろうか。タカラトミーは本当にすごいミニカーシリーズを展開したものだとつくづく思う。

by gramman | 2019-04-28 15:43 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.08 日産 シルビア

トミカプレミアム2019年4月の新車第1弾はシルビアだ。



b0098271_10020412.jpg
b0098271_10020635.jpg
b0098271_10020882.jpg
特に説明されていないがS13系シルビアに間違いなく、もはや解説も必要ない超有名車である。本家トミカでも長らくラインナップされたロングセラーモデルであった。独特な色のツートーンもトミカと同じだ。

ボディサイドのエンブレムからターボモデルのK'sであると分かる。このS13のグレードはトランプになぞらえて下からJ's、Q's、K'sと洒落たネーミングが与えられていた。もっとも、ターゲットであった若年層と、後年になってからの走り屋層からはQ'sはクズ、K'sはカスとシルビアユーザーに問答無用で殴られるようなネーミングで呼ばれていた。ほぼ競技仕様であまり売れなかったJ'sは蔑称すら与えられなかった。



b0098271_10021023.jpg
左右ドアが開閉可能。ドアミラーは対象年齢の関係で再現できなかったのだろう。



b0098271_10021251.jpg
b0098271_10021563.jpg
フロントライトを見てみると、うっすらとプロジェクターヘッドライトのモールドが再現できる。リアもテールライト部分に反射板部分が再現されており、1000円を切る1/64スケールモデルでここまでやるのはまったく驚異的というほかない。

by gramman | 2019-04-28 10:12 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.28 いすゞ サインカー

トミカ2019年4月の新車は、いすゞサインカー。



b0098271_09510384.jpg
b0098271_09510873.jpg
b0098271_09511010.jpg
箱絵を見る限り警視庁所有のサインカーを再現していると思われるが、実車を調べてみると実は警視庁のいすゞサインカーは4tクラスのフォワードであった。今回のトミカはどう見ても2tクラスのエルフであるが、既存のキャブを流用して上手くモデル展開している(実際フォワードとエルフの顔つきは1/64スケールでは大差ないほど似ている)。あえて「いすゞエルフサインカー」ではなく「いすゞサインカー」としたのはそのためか。



過去にはトイズドリームプロジェクトの同じくいすゞ製警視庁サインカーもあったが、エルフが代替わりした格好だ。
b0098271_09533977.jpg
b0098271_09534129.jpg



b0098271_09552975.jpg
b0098271_09553208.jpg
b0098271_09553525.jpg
後方の電光掲示板部分は収納状態、展示状態の回転上下が可動。実車同様に高さを稼いでアピールすることもできる。側面上部にも横長の電光掲示板がセットされる。海上保安庁でも巡視船、巡視艇に横向きの電光掲示板が導入されており、それを思い出した。



b0098271_09584435.jpg
いっとき全く存在しなかったトミカのシールがまた復活してきた。上の状態ではのっぺらぼうなので、警視庁のロゴ、掲示板部分にシールを貼りつけて楽しむ。

by gramman | 2019-04-28 10:00 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

陸上自衛隊高田駐屯地 創設69周年記念行事

b0098271_14551511.jpg
毎年恒例の陸上自衛隊高田駐屯地創設記念行事が平成31年4月21日日曜日に開催された。駐屯地開放は午前9時からで、午前8時40分には現地に到着。今年は高田城100万人観桜会の会期と重ならなかったため駐車場の確保には苦労しなかったものの、開放を待つ長蛇の列が。おそらく過去最高の待ち人数であった。観覧席の確保に一抹の不安を感じながらも午前9時の開門と同時に入場。待つ人々の数の割には、狙っていた観閲台右側の一般席をあっさり確保することが出来た。

b0098271_14552050.jpg
b0098271_14561382.jpg
午前9時30分から部隊進入開始。同45分には観閲部隊幕僚も揃い、整列完了した。



b0098271_15014527.jpg
b0098271_15014857.jpg
国旗掲揚のあと部隊執行者による観閲。執行者である高田駐屯地司令は新制服を着用していた。



b0098271_15034284.jpg
b0098271_15034750.jpg
b0098271_15040513.jpg
b0098271_15035138.jpg
b0098271_15045175.jpg
b0098271_15043458.jpg
執行者訓示、来賓祝辞などに続いて観閲行進。徒歩行進は第2普通科連隊の第1から第3中隊、新隊員教育隊の2個区隊、第48普通科連隊の第1普通科中隊が行進した。

b0098271_15084673.jpg
b0098271_15085776.jpg
b0098271_15085948.jpg
b0098271_15090584.jpg
b0098271_15090950.jpg
徒歩部隊のあとに車両部隊が行進。第2普通科連隊保有の装備が次々行進した。特に説明は無かったが偵察オートは本部管理中隊情報小隊、中距離多目的誘導弾は本部管理中隊対戦車小隊だと思われる。軽装甲機動車は導入当初こそ第3中隊所属車両のみであったが、最近では第1第2中隊所属の車両も良く見かけるようになった。

b0098271_15121311.jpg
b0098271_15131165.jpg
続いて第5施設群と隷下部隊が行進。相変わらず75式ドーザの轟音はすさまじく、走行時には地面に震動が直接伝わるほどであった。

b0098271_15163955.jpg
東部方面後方支援隊隷下の第102施設直接支援大隊第2直接支援中隊と、第12後方支援隊第2整備中隊第1普通科直接支援小隊の車両。

b0098271_15212025.jpg
続いて他駐屯地の装備品。毎年参加の第12対戦車中隊(新町駐屯地)所属の87式対戦車誘導弾とその搭載車両。模擬戦闘訓練にも参加してくれるのだが、観閲行進でも誘導弾本体は見えない上、模擬弾の発射もできず、なかなか存在感をアピールできないのがもどかしい。

b0098271_15212488.jpg
第12高射特科中隊(相馬原駐屯地)所属の93式近距離地対空誘導弾。とにかく価格の高い装備品というイメージが強い。

b0098271_15212744.jpg
第12特科隊(宇都宮駐屯地)所属の155mmりゅう弾砲FH-70。模擬戦闘訓練では派手に空砲射撃を行うことができる貴重な存在だ。

b0098271_15213186.jpg
第12偵察隊(相馬原駐屯地)所属の87式偵察警戒車。模擬戦闘訓練では敵戦車役も敵AFV役もこなす。

b0098271_15213374.jpg
施設教導隊(勝田駐屯地)所属の96式装輪装甲車。昨年までは富士教導団隷下の教育支援施設隊から参加することが多かったが、今年は施設教導隊からの参加となった。

b0098271_15213672.jpg
武器学校(土浦駐屯地)所属の74式戦車。昨年から2年連続の参加だ。



b0098271_15422786.jpg
b0098271_15462842.jpg
模擬戦闘訓練の設営準備の間、高田新発田駐屯地富士学校合同音楽クラブの演奏、高等工科学校のファンシードリルが披露された。ファンシードリルは最後に1発だけ全員一斉に空砲を撃つのだが、毎回必ず驚く人がいて面白い。設営準備中の敵役の隊員が防弾チョッキを着用している点に注目。




b0098271_15474466.jpg
b0098271_15481995.jpg
模擬戦闘訓練では会場右手側を敵勢力に占領された「関山の台」と仮定、歩兵および戦車によって不当に占領されている状況である。情報小隊の偵察オートをと87RCVによって敵情を解明、攻撃部隊を展開させる。

b0098271_15510953.jpg
会場左手、味方陣地に迫撃砲、中距離多目的誘導弾を主幹とする攻撃部隊が展開、会場正面に狙撃手がUH-60JAヘリより潜入した。狙撃手の説明のために、会場左手から右手にただ単に歩いていった狙撃手の格好をした隊員がシュールきわまりない。

b0098271_15535922.jpg
特科による攻撃準備射撃のあと普通科隊員が展開。敵陣地への接近を試みる。真ん中で左右の隊員に指示を出しているのが小銃小隊長だろう。

b0098271_15570552.jpg
敵陣地入口に地雷が埋設されていることが判明、煙幕を炊き、その間に92式地雷原処理車にて地雷を処理する。この日は煙幕も模擬爆弾もかなり奮発したようで、会場右手側の観客に容赦なく煙が流れて行った。

b0098271_15591477.jpg
b0098271_15592165.jpg
地雷処理により敵陣地が啓開されたため、特科による突撃支援射撃最終弾弾着と同時に普通科が戦車を先頭に突撃。

b0098271_16015494.jpg
b0098271_16015967.jpg
味方部隊が敵陣地を奪取、訓練担当中隊長が終了を報告し、状況終了となった。



午後からは装備品展示。
b0098271_16040321.jpg
珍しくなくなったのか誰も寄り付かない軽装甲機動車。おかげで写真を撮るのに苦労しなかった。

b0098271_16045053.jpg
一方でこちらは人気だった87式偵察警戒車。乗務員帽をかぶっての記念撮影が好評だったようだ。

b0098271_16054829.jpg
シャッターを閉めた状態の82式指揮通信車。高田には1両しかいないはずで、昨年と同じ車両だと思うが急速に退色が進んでいるので心配だ。

b0098271_16072777.jpg
こちらも注目されていなかった中距離多目的誘導弾。まだまだ秘匿事項が多いようで、発射機も収納状態で観察できる箇所が少なかった。

b0098271_16085498.jpg
これは人気だった自走架柱橋。メカ的な面でなく、運転台に乗れるというのが人気の要因だった。そしてとりあえずクラクションを鳴らしてみるのもお約束。

b0098271_16101705.jpg
b0098271_16102470.jpg
機体内部に入れるとのことで大人気だったCH-47JA。操縦席にまで入り込んでいる人がいた。

b0098271_16112159.jpg
b0098271_16112542.jpg
こちらは会場端で渋いファンが多かったUH-60JA。M2機関銃を据え付ける架台を見ることが出来たのは初めてだ。

b0098271_16125901.jpg
これも大人気FH-70。とにかく子供が砲手席に乗って砲身を上下、左右に動かしていた。今回注目したのは操縦装置部分で、ペダル類とメーターを確認。シート下にブレーキのマスターシリンダーがあった。また手元には前進3速、後進1速のシフトノブも確認できた。最高速度16km/hと言われる中で3速も必要なのかと思ったが。また操行装置が見当たらないので、どうやって曲がるのかも疑問だ。

b0098271_16162926.jpg
74式戦車はやっぱり人気だった。子供のみならず結構な数の大人たちも戦車帽をかぶって写真撮影していた。

b0098271_16172231.jpg
96式装輪装甲車。ずっと気になっていた上部に装着されたものは70式地雷原爆破装置を搭載するための装備だと推察される。この状態を知識として知ってはいたが実物を見るのは初めてだ。おそらく73式装甲車に搭載される装備品を96式WAPCにも搭載したのだろう。

b0098271_16225793.jpg
87式対戦車誘導弾が車両から降ろされている形で展示されていた。装備品そのものよりも傍らに立つ隊員に注目がいってしまう。防弾チョッキに89式小銃のラバーガン、右腰には9mmけん銃と見どころ満載だ。



【今回の一番のハイライト】
b0098271_16244933.jpg
完璧な伏射の姿勢で、模擬戦闘訓練のベストショットを狙う陸自広報官の本気を見た。

by gramman | 2019-04-27 16:27 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)