人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

タグ:トミカ ( 46 ) タグの人気記事

タカラトミー・トミカギフト110番!警察車両&DVDセット

トミカギフトに人気のパトカーセットが新しく登場。



b0098271_16310672.jpg
とりあえずパッと見て共通性のないセットに見える。何となく話題になった警察車両のセットなのかと思ったが、もしかしたら付属のDVDを見れば納得するのかもしれない。



・トヨタ ランドクルーザー 現場指揮車(DJポリスカー)
b0098271_16312531.jpg
b0098271_16312789.jpg
b0098271_16312906.jpg
b0098271_16313130.jpg
今回はこれが欲しくてこのセットを買った警視庁の現場指揮官車。実車は機動隊の現場指揮官車として活躍するランドクルーザー200系であるが、トミカでは200系ランクルがラインナップにないので新型ランクル70系になったのだろう。全体の雰囲気はとても良い。詳細を見ていくとルーフの指揮官が立つ装備はこのクルマ専用と思われる。簡単な構造ながら拡声器、回転灯などのモールドが施され、芸が細かい。



・トヨタ クラウン アスリート パトロールカー
b0098271_16443349.jpg
b0098271_16444790.jpg
一部方面では有名な神奈川県警のクラウンアスリート。神奈川県警では何年も前からボディサイドの神奈川県警察の表記の下に、POLICEと黄色いロゴが入れられているが、今回はそれが無い。ロゴが無い理由は分からないが、第1交通機動隊本隊所属のクラウンアスリート、無線番号438号車の存在が確認できた。モデル化の理由はともかく、フェンダーの裏の塗装が施されているのが質感が高い。



・スバル インプレッサ 覆面パトロールカー
b0098271_16480890.jpg
b0098271_16481035.jpg
トミカ通常版では2番WRX S4 覆面パトカーがラインナップされているが、今回はわざわざスタンダードなインプレッサの捜査用車両仕様。トミカ78番のインプレッサをベースにしている。ワイドタイヤでないのでより覆面パトカー感が増して良い。

by gramman | 2019-04-28 16:52 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカギフトならべてたのしい!新幹線輸送トレーラーセット

トミカギフトの新商品、新幹線輸送トレーラーセット。
b0098271_15450098.jpg

・三菱ふそう スーパーグレート -E5系新幹線はやぶさ 輸送車
b0098271_15451454.jpg
今回のメインのトラクタと新幹線トレーラ。ロングトミカ122番で展開されているものと同じだ。

b0098271_15453251.jpg
b0098271_15453616.jpg
トラクタ部分。プラスチックのピンのようなものは外すことが出来ない。

b0098271_15451900.jpg
b0098271_15452830.jpg
新幹線とトレーラ。新幹線と台車は金属ピンで固定されており、動かすことはできるが外すことはできない。



・日産 セレナ 先導車
b0098271_15494786.jpg
b0098271_15495078.jpg
法令で定められた緑色の回転灯を載せた先導車。それ以外はいたって普通のセレナだ。



・いすゞ エルフ 後方警戒車
b0098271_15510975.jpg
b0098271_16281081.jpg
b0098271_16281779.jpg
新幹線輸送の最後尾で後方の一般車両に注意を促す後方警戒車。トミカでは本来は道路公団の車両であるが塗装を一新し、見事に化けている。看板の上下が可能だが、実際の車両は上げた状態では走行しないと思われる。



b0098271_15531295.jpg
実際に並ぶとこんな感じ。セレナ、スーパーグレート、エルフとスケールが全く違うので統一感は無いが、雰囲気は出ている。トラクタのキャブに描かれたNITTSUの文字が誇らしい。

by gramman | 2019-04-28 15:54 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.28 いすゞ サインカー

トミカ2019年4月の新車は、いすゞサインカー。



b0098271_09510384.jpg
b0098271_09510873.jpg
b0098271_09511010.jpg
箱絵を見る限り警視庁所有のサインカーを再現していると思われるが、実車を調べてみると実は警視庁のいすゞサインカーは4tクラスのフォワードであった。今回のトミカはどう見ても2tクラスのエルフであるが、既存のキャブを流用して上手くモデル展開している(実際フォワードとエルフの顔つきは1/64スケールでは大差ないほど似ている)。あえて「いすゞエルフサインカー」ではなく「いすゞサインカー」としたのはそのためか。



過去にはトイズドリームプロジェクトの同じくいすゞ製警視庁サインカーもあったが、エルフが代替わりした格好だ。
b0098271_09533977.jpg
b0098271_09534129.jpg



b0098271_09552975.jpg
b0098271_09553208.jpg
b0098271_09553525.jpg
後方の電光掲示板部分は収納状態、展示状態の回転上下が可動。実車同様に高さを稼いでアピールすることもできる。側面上部にも横長の電光掲示板がセットされる。海上保安庁でも巡視船、巡視艇に横向きの電光掲示板が導入されており、それを思い出した。



b0098271_09584435.jpg
いっとき全く存在しなかったトミカのシールがまた復活してきた。上の状態ではのっぺらぼうなので、警視庁のロゴ、掲示板部分にシールを貼りつけて楽しむ。

by gramman | 2019-04-28 10:00 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.128 那覇市消防局 ハイパーミストブロアー車

2019年3月の新車ロングトミカ部門は「那覇市消防局 ハイパーミストブロアー車」である。



b0098271_22300281.jpg
b0098271_22300562.jpg
b0098271_22300857.jpg
b0098271_22473003.jpg
一見して消防車両なのは間違いないが、最初見た感想は「なんだこりゃ?」だった。子どもが飛びついて買ったところで配備の意義は分かるはずもなく、まずもって大人が説明できない装備品であろう。

とっさに記憶から呼び戻されたのが東京消防庁の保有していた無人放水車「レインボー5」であった。これは30年近く前の子ども向け働く車の絵本では大人気で、今となっては古臭い、さながら工事現場の発電機にキャタピラが着いたような外観であったが子供には斬新な装備品だった。要するにハイパーミストブロアー車も消火方法は違えど役割は同じだ。レインボー5は今では全く話題にもならず、この記事を書いた人間の歳がバレる。



b0098271_22360705.jpg
b0098271_22361067.jpg
b0098271_22361306.jpg
b0098271_22361590.jpg
トミカで再現されるハイパーミストブロアー車。正式名称は自走式大量噴霧放水大型ブロアー車である。平成28年度に沖縄県の沖縄振興特別推進交付金(賛否両論ある予算ではあるが)活用して導入された車両で、同型の車両としては国内で初の配備であった。現在は那覇市西消防署の小禄出張所に配置され、緊急消防援助隊には登録されておらず、那覇市消防局管内での出動が想定されている。

開発は消防車両の開発に造詣のあるテイセンと、建設機械に強いマルマテクニカが担当。隊員は本体に乗車することなくリモコンで操作する。本車の最大の特徴はブロアー車としての排煙性能はもちろん、ブロアー装置を生かしたミスト放水、ブロアー中央部からの直線放水が可能な点である。ブロアー車自体は全国でも珍しくは無くなってきているが、直線放水も可能なブロアー車となると今のところこの装備しか存在しない。

トミカでも簡略化されているが特徴をしっかりとらえており、ブロアーの上下も再現される。キャタピラのモールドの下にはプラ製の車輪が仕込まれているため、前後の手ころがし遊びはとてもスムーズに行える。



b0098271_22471629.jpg
b0098271_22471914.jpg
セットになる重機搬送車。ブロアー車のみではとてもではないが災害現場に駆けつけることはできないので、搬送車とセットで1つの装備となる。ロングトミカの特徴を生かし、短くデフォルメされることなくより実車に近いバランスで再現される。荷台前方には資機材収納庫が備わり、ブロアー車の活動に欠かせない資機材が積載されるものと思われる。なにぶんにも新型装備であり、ブロアー車本体はともかく積載車に関しては情報が少ないのが現状だ。実車は荷台底部とみち板の内側が黒色になっているので、よりリアルさを求める方はツヤ消しの黒で塗ると良いだろう。



b0098271_22525083.jpg
ブロアー車を卸下するの図。実車は荷台鳥居にアウトリガが設置され、建設機械を運ぶ積載車よろしく車体全体が傾くのでここまでみち板が急になることはないのだが、やはりそこはトミカなのでジャッキアップまでは再現できず、このように遊ぶのが正しい。

by gramman | 2019-03-25 22:56 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.113 トヨタ ハイエース(初回特別仕様)

トミカ2019年3月の新車、トヨタハイエースの初回特別仕様が発売から1週間後の店頭に並んでいたため入手した。



b0098271_22092233.jpg
b0098271_22093123.jpg
b0098271_22093415.jpg
b0098271_22151992.jpg
通常版ではグレーメタリックのボディ色になるところ、初回限定盤は明らかに装いを変えてきた。トミカらしくないセンス(子供受けしないという意味、誤解のないよう)のこのクルマは、ハイエース誕生50周年を記念してモデリスタにて架装された「リラクベース」を再現している。公式HPには『あなたのカーライフに「彩り」と「楽しさ」を与えるレトロ感あふれる外観。サーフィンボードなどアクティビティアイテムも余裕で積載できるのはもちろん、車中泊などに活用できるベッドキットでキャンプ仕様にしたりと幅広いレジャーユースに対応できるユーティリティ機能をもたせたコンプリートカーです。』と記載されている。

特徴的なレトロなボディカラーはもちろんこのグレード専用のもので、フロントのメッキガーニッシュ、ブラックアウト部分はグレード標準装備とされる。トミカではディーラーオプションのルーフラックを装備している。ハイエースがルーフラックを装備した姿はともすると内装工事業などのクルマに見えなくもないが、このカラーリングによってファミリーユースに見えるよう昇華させている。



b0098271_22153308.jpg
b0098271_22153032.jpg
今回のハイエースに関しては、トミカ1BOXでお馴染みのバックドア開閉機能は再現されない。おかげでバックドア付近は実車に即してスッキリ、と言いたいところだがボディとシャシーを接合するための棒が丸見えである。子供の玩具である以上、激しく遊んでも部品が外れない耐久性が最優先なのは分かるのだが、サイドガラスが開放的であるがゆえになおさら残念でならない。

とはいえ街でよく見かけるハイエース、ギフトセットなどさらなるバリエーション展開に期待したい。

by gramman | 2019-03-25 22:19 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカギフトセット警察車両セット

トミカでも大人気の警察車両がセットになったものを入手。新発売ではなく、発売日は2014年3月だ。


b0098271_16080623.jpg


●トヨタ クラウン パトロールカー
b0098271_16100806.jpg
b0098271_16101756.jpg
b0098271_16102064.jpg
最もスタンダードな警察車両であるセダンの白黒パトカー。赤色灯の昇降装置が無いこと、ルーフの対空表示から言って警視庁交通部第五方面交通機動隊所属の車両と推察される。交通機動隊モデルは見た目こそ警ら仕様のクラウンと大差ないが、専用の「交通取締用四輪車」として納入されている。これは任務の性質上より高性能な自動車を必要とするためで、排気量が警らパトカーより大きい3000ccとされている。

ネット上で調べてみると第五方面交通機動隊の所属車両をまとめたページがあった。車名はトヨタクラウンで形式はDBA-GRS202、「交通取締用四輪車 一般道路用」の表記があった。また、リアバンパーの塗り分けからこれが国費で買われたパトカーではなく、都費購入のものと分かるので、現実に存在するパトカーだと特定することができた。


●救助工作車
b0098271_16203412.jpg
b0098271_16203679.jpg
b0098271_16203919.jpg
b0098271_16204175.jpg
セットの2モデル目は警視庁仕様の救助工作車。以前にも紹介した74番災害対策用救助車Ⅲ型をベースに警察仕様に塗り分けたモデルだ。警視庁の救助工作車と言うと緑/白色のものが一般的であるが(TLVのシビリアンのカラーリング)、機動隊の警備車両と同じカラーリングである青/白のものも存在する。ちなみに他都道府県警察の救助工作車はほとんどが青/白カラーを採用している。



●タンクローリー
b0098271_16282936.jpg
b0098271_16283273.jpg
b0098271_16283478.jpg
今回のセットの中で一番使い道が分からないのがこのタンクローリーだ。一体何を運ぶために存在するのか、水なのか燃料なのか・・・と考えネットを探っていたところ、最初に当たったのが警視庁の各機動隊が保有する燃料補給車であった。警察組織の中でも装備品を長期間使用する場面が想定されるのはやはり機動隊であろう。ただ実車は白色のボディに、タンク部分に緑色の帯をつけただけのシンプルな塗装で、車両は4tクラスの日野レンジャーである。

次に検索で出てきたのがまさしくこのカラーリングのタンク車で、警視庁特科車両隊の保有する「除染車」であった。これは水と除染剤である次亜塩素酸ナトリウムを積載、有事の際に薬剤を運搬する用途のものだ。これも実車はエルフではなく4tクラスのUDコンドルである。

最後が給水車である。特型警備車などで使用する放水銃用の水を運ぶものだ。これもカラーリングは同じだが実車は10tクラスのUDクオンで、やはりエルフとは車格が合わない。

ついに納得のいく答えは出なかった。が、ここは分かる事だけを伝えるのが一番だ。元々通常品57番エネオスタンクローリーとしてラインナップされていたものを警察仕様に意匠替えしたものがこのエルフだった。2018年のマクラーレン720Sの登場に合わせて廃番となったので、今は入手することが出来ない。



●Honda ステップワゴン 覆面パトロールカー
b0098271_16472736.jpg
b0098271_16473049.jpg
b0098271_16473335.jpg
最後がこのステップワゴンの覆面パトカー。使うのは主に刑事で、張り込みから被疑者を通常逮捕する際や、検察へ送致する際など警察車両であることを隠したいときに使われる。護送車ではないので金網が張られたりはしない。

by gramman | 2019-03-03 16:51 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカギフトセット消防車両コレクション2

最近入手したトミカギフトセットのご紹介。

b0098271_16583072.jpg
商品名は「消防車両コレクション2」。発売日は2016年6月18日とのことなので、まだまだ現役の車両からラインナップされている。なおこのセットの特徴として、全車で青ガラス、赤メッキホイールが採用されているので、定番トミカとは一味違った風情となっている。


●照明電源車
b0098271_17043208.jpg
b0098271_17043795.jpg
b0098271_17044107.jpg
b0098271_17044414.jpg
夜間の火災、または災害時に活躍する照明電源車。これは32番の国土交通省照明電源車の意匠替えだ。逆に言えば実際の消防装備をトミカにしたわけではないので、全国の消防にこの仕様の照明電源車は存在しない(・・・はずだ。詳細をご存知の方がいればぜひコメントをお願いします)。実際に消防に配備されている照明車は、本来の用途があり照明車としての機能も果たすものが多く、荷台中央に照明設備、両側に救助資機材などを搭載した仕様が多い。

トミカ的には、ベース車ゆずりのフレキシブルな照明装置の動きがとても楽しい一品だ。単に車体を赤くするだけでなく、照明部分を薄い水色の樹脂にするスペシャル感も所有欲を刺激する。



●災害対策用救助車Ⅲ型
b0098271_17143609.jpg
b0098271_17144092.jpg
b0098271_17144307.jpg
大規模な災害に備えて特殊な装備を備える救助工作車Ⅲ型。ベースは74番災害対策用救助車Ⅲ型だ。実車の細かい説明はリンク先で見てほしい。

今回は基本的な仕様は全く同じで「消防庁」「RESCUE 特別救助隊」の表記が追加されている。特別救助隊は消防士の中でも救助の知識、実力を持つ隊員によって構成された組織で、東京消防庁においては、全消防署の中でも限られた消防署にのみ置かれる特別な救助部隊である。さらに高度な救助技術を持つ部隊は東京消防庁の場合は「特別救助機動部隊(通称ハイパーレスキュー)」となり名称が変わる。

b0098271_17144928.jpg
b0098271_17144689.jpg
今回のセットの救助車はベースとギミックは同じだ。照明装置の上下と、クレーンが左右に可動する。



●日産 NV350キャラバン 査察広報車
b0098271_17270594.jpg
b0098271_17270849.jpg
b0098271_17271195.jpg
b0098271_17271485.jpg
直接消火活動、救助活動にはかかわらない査察広報車。これは27番日産NV350キャラバン消防指揮車がベースとなっているが、2017年にNV200タクシーと入れ替わる形で定番落ちしてしまったので、現在はこのセットでしか入手することが出来ない。当時はまだトミカ消防車両に対する熱が高くなかったので新品を入手することができなかった。

このモデルはリアドアが開閉できる。現在は18番日産NV350キャラバン救急車がラインナップされているので新車で入手可能だが、室内の意匠は救急車仕様となり、今回のものとは異なるようだ。



●モリタ・スーパージャイロラダー
b0098271_17331980.jpg
b0098271_17332284.jpg
b0098271_17332574.jpg
b0098271_17332812.jpg
最後は救助の要となるはしご車だ。ベースは108番日野はしご付消防車(モリタ・スーパージャイロラダー)だ。定番での商品名は日野とモリタのダブルネームだが、今回はモリタのみの表記となる。しかしながらフロント部分にしっかりと日野のロゴも入っている。

定番商品と異なり車体側面に雷模様と「RESCUE」の表記が足され、より救助隊としての性質が濃くなっている。はしごの伸長、旋回も健在だ。

by gramman | 2019-02-16 17:37 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.82 マツダ CX-5 パトロールカー

新車ではないが最新入荷のトミカのご紹介。2014年に広島県警で採用されて話題となったCX-5のパトカーだ。



b0098271_01294036.jpg
b0098271_01294609.jpg
b0098271_01295199.jpg
このパトカーはマツダが地元広島県警に寄贈した2台のCX-5パトカーのうちの1台である。ベースになったのはXDグレードの4WDで、クリーンディーゼル車である。降雪もある広島県内の高速道路での取り締まり活動に役立ててもらおうと企画されたもののようだ。うち1台が昇降機付赤色灯を搭載、もう1台は昇降機が無く通常の赤色灯を搭載したタイプとなる。今回のトミカは昇降機能付き赤色灯搭載車のほうだ。警視庁のフェアレディZ、栃木県警のGT-Rほどではないにせよ、導入時は話題になった。



b0098271_01295455.jpg

バックドアが開閉可能。トミカのベースは一般車仕様なので、開けても警察の備品などが再現されたモールドはなく、普通のトランクである。



b0098271_01300657.jpg
パトカーとしてのスタイルもなかなか悪くないと思わせる1枚。実車はフロントグリル内に点滅式のLED赤灯が仕込まれる。最近はNEXCOに白/紺ツートンの道路パトロールカーがあり、SUV車だと警察っぽくないが、これは間違いなく高速隊パトカーなので見かけても安心しないようにしたい。

by gramman | 2019-02-12 01:41 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.13 日産 GT-R NISMO GT500

2018年12月のトミカの新車はスーパーGT仕様のニッサンGT-Rだ。



b0098271_18345001.jpg
b0098271_18345259.jpg
b0098271_18345571.jpg
スーパーGT仕様のGT500クラスGT-R 2018年モデルだ。まず目を引くのはカラーリングで、シャシーがガンメタ、ボディがつや消し黒とかなり特異なスタイルをしている。おかげでボディ形状が良くわかる。スーパーGTのGT500クラスはロードカーの日本最高峰のレースと位置付けられ、ニッサン、トヨタ、ホンダがしのぎを削る。ニッサンはかつて常勝チームであったが近年は苦戦しており、車体に工夫が詰め込まれている。車体やエンジンは厳格にレギュレーションが決まっているので重量、出力はどのクルマでも変わりはないが、ニッサンはNR20A型直列4気筒2000ccターボエンジンを搭載しており、最高出力550PS以上と言われる。

GT-R勢としては2018シーズンはNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R、No.12 カルソニック IMPUL GT-R、No.23 MOTUL AUTECH GT-R、No.24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rの4チームがエントリーしているが、車体形状は同じである。



b0098271_18351190.jpg
b0098271_18350883.jpg
b0098271_18345935.jpg
トミカでは左右ドアを開閉させることが可能。レーシングドライバーは日本車でありながら、いわゆる左ハンドルの位置に乗車することになる。2枚目の写真でバケットシートが確認できるだろうか。右ドアの下部分が切欠きになっているのは車体中央にマフラーがあるからで、3枚目の写真で写っている楕円形のモールドがマフラーである。



b0098271_18351413.jpg
シールは伝統の23号車のゼッケンとミシュランとモチュールのスポンサーステッカーが再現される。本来23号車はMOTUL AUTECH GT-Rであり、R34から引き継がれる筆で塗ったような赤色が目立つカラーリングとなるはずで、23号車を掲げる割にトミカで黒一色となるのはなんらかの大人の事情なのだろうか。前述の4チームのカラーリングを再現したトミカギフトが発売されるのを願うばかりである。と同時にクルマ作り以外で世間をにぎわせているニッサンの躍進を切に祈る。

by gramman | 2018-12-23 18:58 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカNo.91 メルセデスベンツ SLS AMG

新車ではないが最近入手したトミカのご紹介。2009年に登場したメルセデスのスーパーカーである。



b0098271_18114800.jpg
b0098271_18115138.jpg
b0098271_18115369.jpg
メルセデスベンツ SLS AMGはSLRマクラーレンの後継車として2009年に登場した。AMGと銘打っているがノーマル車は存在せず、当初からAMGによるチューニングが施された初のクルマである。V型8気筒DOHC6200ccエンジンをフロントミッドに、ゲトラグ製ミッションをトランスアクスル方式で搭載した。オールアルミフレームとボディを組み合わせ、前後重量配分は47対53であった。最高出力571PS/6800rpm、最大トルクは66.3kgfmを発揮、車両重量は1620kgに抑えられパワーウェイトレシオは2.83であった。これは日産・GT-Rよりも優秀な数値(2007年式GT-Rで3.63)である。



b0098271_18115569.jpg
往年のメルセデス300SLをモチーフにドアの開閉はガルウィングとされ、これはトミカでも再現された。余談だがカモメが飛んでいるように見えるこれが本当のガルウイングで、Aピラーにヒンジをつけて開閉するタイプ(カウンタックLP400など)は厳密にはシザーズドアといい、ガルウイングではない。



このクルマは2010~2014シーズンのF1ペースカーにも採用されたため、多くに人々がこのクルマに関心を寄せることとなったが、日本での販売価格は2490万円であり、多くの人々が手に入れることが出来る、とは到底言えないクルマである。トミカでは実車の雰囲気がよく再現されているので、トミカで十分満足できることだろう。しかし最近のメルセデスのトミカはやたらと出来が良く、メルセデスの監修がよほど厳しいのだろうか。

by gramman | 2018-12-23 18:31 | ミニカー | Trackback | Comments(0)