人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

タグ:ニッサン ( 137 ) タグの人気記事

トミーテック・LV-N188b バイオレット 1600SSS (黄)

続けざまにTLV2019年8月の新車「古いほう」は日産バイオレット。



b0098271_14343336.jpg
b0098271_14343573.jpg
b0098271_14343872.jpg
今回のグレードは1600SSS。前回のTLVのラインナップは2008年11月に登場した1400DXであった。710系バイオレットとしては実に11年ぶりだ。

710系バイオレットは1973年1月に登場した車種で、同時期のサニーとブルーバードの中間に位置する車種として構想された。しかしながら実際にはブルーバードは610系でブルーバードUとして上級車種に転身してしまったため、バイオレットは510系までのブルーバードのコンセプトを継ぐものとして位置づけられる。車両形式が710系となるのもブルーバードの車両形式を継いでいると解釈すれば納得だ。

中でもSSSはスポーティグレードとして最上級グレードであった。高速性能を究めるためフロントがストラット、リアがセミトレーリングアームを採用した(他の全てのグレードはリアがリーフ式)。



b0098271_14344017.jpg
b0098271_14344209.jpg
フロントから見るとボディカラーと相まってミニオンズにも見えるのが可愛い。薄い黄色というなんとも昭和なカラーリングもこの車種をイメージづけるのに最適だ。

by gramman | 2019-08-12 14:49 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.01 トミカ スカイライン ターボ スーパーシルエット

トミカプレミアム2019年7月の新車は40代以上にはあまりにも有名な1台。



b0098271_14455858.jpg
b0098271_14460122.jpg
b0098271_14460509.jpg
トミカ65番でもおなじみのスカイラインスーパーシルエット。TLVでもモデル化されており、とてもモデル化に恵まれたクルマである。何よりもメインスポンサーがトミカであったことが大きいだろう。

スーパーシルエットは80年代前半に人気だったカーレースの一分野で、比較的改造の範囲が広かったのが特徴であった。そのためボディは市販仕様とは全く異なり、レーシングカーのシャシーにパイプフレームを搭載、ランプ、グリル類にわずかに市販車の面影を残す程度の軽量なボディを被せただけのものであった、故に「市販車の面影がある」という意味で「シルエット」と呼ばれるようになった。

資料によればこのDR30系をベースにしたスカイラインは、レースエンジンの直列4気筒16バルブDOHCターボであるLZ20B型をさらにチューンナップ、最高出力570ps以上/7600rpm、最大トルク55kgm以上/6400rpmを発揮するモンスターマシンであった。前述のように軽量ボディを被せた形状のため車両重量はわずかに1005kgしかなく、パワーウェイトレシオは1.76以下であった。このスカイラインの代名詞はボディサイドのマフラーから吹き出す炎であるが、燃料制御装置の性能が未成熟であったため減速時などに燃焼ガスがマフラーへ流れ出し、高音になったマフラーカッターの熱で引火するという、他のクルマでよく見られるアフターファイアーとは根本的に異なるもので、よく見ると「マフラーから吹き出る」というよりは「マフラーが燃えている」と言うべき代物であった。

ドライバーはこれまたトミカと縁のある長谷見昌弘氏で、1982年のデビューから19戦を戦い、8戦で優勝するという実力を見せつけた。またスカイラインスーパーシルエットは他に同型車が参戦しておらず、この赤/黒色の11号車しか存在しなかったというのも、スーパーシルエットを神話化させた一因だろう。



b0098271_14460766.jpg
b0098271_14461015.jpg
b0098271_14461260.jpg
カーナンバーこそ同じ11号車であるが、今回のトミカプレミアムはいわゆる「鉄仮面」といわれる83年8月のマイナーチェンジ以後の顔つきである。82年のデビュー時はフロントグリルを持つ前期型の顔つきで、トミカ65番ではそちらを再現していた。



b0098271_14461497.jpg
b0098271_14461669.jpg
細かい再現に定評のあるトミカプレミアムであるが、今回も室内のドライバーズシートとロールバーがしっかり再現されている。もはやTLVと比べても遜色ない出来栄えで、どのモデルを買っても、とても満足度の高い仕上がりがうれしい。



b0098271_14461971.jpg
トミカでは再現できなかったリア部分の造形。トミカサイズでここまで出来るようになったことは、技術の進歩を感じずにはいられない。



なお、このスカイラインスーパーシルエットの新規ラインナップに伴い、R34GT-R Z-Tuneは絶版となった。入手したい方は在庫があるうちにお早めに。

by gramman | 2019-07-22 15:13 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N185a ブルーバードSSS-R

クルマ好きにとって永遠の存在である「競技専用車」。快適装備を廃し、速く走るためだけに特化した性能を追及したクルマは、いつまでも心をひきつけてやまない。しかもベース車がモータースポーツのイメージから遠いほどなおさら、である。



b0098271_13174981.jpg
b0098271_13175216.jpg
2019年7月のTLV新車は伝説の競技車両、U12系日産ブルーバードSSS-Rである。ケースはやや高級感のある被せるタイプ。



b0098271_13175577.jpg
b0098271_13175828.jpg
b0098271_13180362.jpg
b0098271_13180134.jpg
b0098271_13180763.jpg
U12ブルーバードは1987年に登場した。SSS-Rは当初からラインナップされており、当時まだまだ参戦車種の多かった全日本ラリーで戦うことを主眼に開発された。オーテックジャパンが開発、日産自動車が製造し、NISMOが販売するという日産自動車グループの総力を結集する形で世に出ることとなった。

全日本ラリーはレギュレーションが非常に厳しく市販状態からの改造箇所が極端に制限されていたため、ロールバーすらメーカー標準装備とされた。軽量化のためエアコン等の快適装備は無く、4ドアボディながら発売当初はリアシートすらない乗車定員2名仕様だった。一方でエンジンには積極的に手が入れられ、ベースこそ量産仕様のCA18DETエンジンであったが、アルミ鍛造ピストン、ステンレス製エキマニを採用、タービンも通常仕様とは異なるものが採用され、最高出力185ps、最大トルク24.5kg-mを発揮した。価格は245万円と最廉価グレードよりかなり高額(1600LE 5MT車119.8万円)であったものの、最上級グレードよりは安かった(1800ツインカムターボSSS ATTESA LIMITED 4AT車299.8万円)。



b0098271_13180904.jpg
b0098271_13181243.jpg
TLVでもバケットシートとシートベルト、ロールバーが再現される。ちなみにこのクルマのカラーリングはカタログカラーなので、このままの状態で走っている車はいなかった。今の目ではこのデザインはダサいこと極まりないが、THE80年代のこのカラーリングはファンにはたまらない。



b0098271_13181786.jpg
b0098271_13182013.jpg
b0098271_13182315.jpg
b0098271_13182675.jpg
ベースとなったLV-N80b 日産ブルーバード SSS アテーサ リミテッドとの比較。こうして見るとベース車との相違があまりないことがよくわかる。フロントバンパー形状はほとんど同じだが、大型フォグランプを装着する点が大きな違いである。

ちなみにこのSSS-Rは受注生産とされ、月産10台程度のオーダーが、あったようだ。今回のモデルはいわゆる前期型にあたるが、ベースのブルーバードがマイナーチェンジしたのと合わせ、SSS-Rの後期型というのも存在する。ただ前期型SSS-Rと比して極端に少なく、さらにレアなクルマとなっている。カラーリングも同じトリコロールカラーでありながらデザインが変わり、曲線的なものとなる。

また、このSSS-Rで培った技術を投入して作られたのがかのパルサーGTi-Rというのも有名な話である。

by gramman | 2019-07-21 13:47 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N184a NISSAN GT-R パトロールカー

2018年に鮮烈なデビューを飾り、クルマ業界の話題を独占した栃木県警のGT-Rパトカーが、トミカから遅れること8ヶ月、TLVにも登場した。



b0098271_21212567.jpg
b0098271_21213031.jpg
パッケージは通常品番ながらかぶせるタイプの箱型。車体の大きさが通常の箱では収まらなかったのだろう。


b0098271_21213384.jpg
b0098271_21213663.jpg
b0098271_21214284.jpg
b0098271_21214505.jpg
b0098271_21213904.jpg
b0098271_21214711.jpg
b0098271_21215000.jpg
このモデルは日産GT-R2017モデルをベースとしている。塗り分けはもちろんルーフ上の赤色灯、助手席側ミラー上の補助ミラーがオリジナルパーツとなる。画像では取り付けていないが、フロントバンパーのLED赤色灯がユーザー取付パーツとして付属する(成型色は赤)。コールサインの対空表示が見当たらないが、実車にも描かれていない。



b0098271_21215208.jpg
b0098271_21215571.jpg
b0098271_21215712.jpg
b0098271_21215990.jpg
トミカ105番との比較。スケールはトミカが1/62、TLVが1/64となるが、大きさの違いは全く分からない。

本当は並べることでTLVの精緻さを強調するのが狙いだったのだが、こうして見てみるとトミカがいかに優れているかということがよく分かる。もちろんTLVのほうが圧倒的に細部の再現度が優れているのは間違いないのだが、トミカも要所要所の再現を押さえているので雰囲気が抜群に良い。最終的に価格の話になってしまうがトミカは450円、TLVは3000円。価格差6.6倍を埋めるほどの出来栄えにするのは、正直1/64スケールでは不可能だろう。無論、TLVを貶める意図は全くなく、単純にトミカが優れているということを言いたいだけである。

by gramman | 2019-06-24 21:52 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N183b グロリア グランツーリスモ アルティマ(赤)

TLVに5月のセドリックブロアムVIPに続いてグロリアグランツーリスモが仲間入り。



b0098271_15581331.jpg
b0098271_15581642.jpg
b0098271_15581800.jpg
言うまでもなく、グロリアはセドリックと兄弟車であり、Y32グロリアも1995年6月に誕生した。こちらもラインナップは全車ハードトップ、3ナンバーのみとなった。

今回のグランツーリスモアルティマはスポーティグレードの最上級グレードに位置付けられ、ターボエンジンのVG30DEを搭載、いかにも速そうな丸目4灯の攻撃的なフロントマスクが特徴であった。開発元である日産でも、セドリックはブロアムVIP、グロリアはグランツーリスモアルティマを最上級グレードと想定し、棲み分けがなされていた(セドリックにもグランツーリスモが、グロリアにもブロアムVIPはもちろんラインナップされていた)。アルティマに限らず、グランツーリスモは本当によく売れた。今でこそ下火になってしまったVIPカーというジャンルを、Y31で確立させ、Y32で昇華した立役者であると言えよう。



b0098271_15582094.jpg
b0098271_15582258.jpg
b0098271_15582425.jpg
セドリックブロアムVIPとの対比。兄弟車なので基本的な構造は変わらない。フロントマスクはもちろん、分かりにくいがバンパーの意匠も異なるので、実車でグランツーリスモが全長が20ミリ長い。

by gramman | 2019-06-16 16:09 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N181 セドリックブロアムVIP

新元号1発目、2019年5月のTLV新車はY31セドリックブロアムVIP。珍しく色違い2台を2つとも入手。


・LV-N181a セドリックブロアムVIP(白)
b0098271_15405529.jpg
b0098271_15410006.jpg
b0098271_15410437.jpg


・LV-N181b セドリックブロアムVIP(薄緑)
b0098271_15410765.jpg
b0098271_15411085.jpg
b0098271_15411358.jpg


実車は1991年に登場したY32系で、ラインナップはハードトップのみとなった。税制改正により全車3ナンバーとなったのも特徴である。中でもブロアムVIPは最上級グレードと位置付けられ、豪華な装備品、ひいては無駄ともいえるほどの贅沢な装備が話題を呼んだ。

あまり古い印象を受けないクルマであるが、生産は1995年までのため車歴24年よりも新しいクルマはないわけで、ネオヒストリックと呼んでも良いクルマになってしまった。さらにこの頃のVIPカーブームとも相まって無茶な改造を施されたものが多く、クラウンよりも販売台数が多かったと言われる割に程度の良い個体は極端に少ないと思われる。日産の勢いがトヨタを上回っていた、最後の時代のクルマであった。



b0098271_15411640.jpg
b0098271_15412010.jpg
模型的にはヘッドライトとフェンダーパネルの隙間が非常に薄いのがよく分かる。ダイキャストではここまで再現するのは困難で、今回のモデル化に際してのトミーテックの気合の入れ方が分かる。

by gramman | 2019-06-16 15:55 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.08 日産 シルビア

トミカプレミアム2019年4月の新車第1弾はシルビアだ。



b0098271_10020412.jpg
b0098271_10020635.jpg
b0098271_10020882.jpg
特に説明されていないがS13系シルビアに間違いなく、もはや解説も必要ない超有名車である。本家トミカでも長らくラインナップされたロングセラーモデルであった。独特な色のツートーンもトミカと同じだ。

ボディサイドのエンブレムからターボモデルのK'sであると分かる。このS13のグレードはトランプになぞらえて下からJ's、Q's、K'sと洒落たネーミングが与えられていた。もっとも、ターゲットであった若年層と、後年になってからの走り屋層からはQ'sはクズ、K'sはカスとシルビアユーザーに問答無用で殴られるようなネーミングで呼ばれていた。ほぼ競技仕様であまり売れなかったJ'sは蔑称すら与えられなかった。



b0098271_10021023.jpg
左右ドアが開閉可能。ドアミラーは対象年齢の関係で再現できなかったのだろう。



b0098271_10021251.jpg
b0098271_10021563.jpg
フロントライトを見てみると、うっすらとプロジェクターヘッドライトのモールドが再現できる。リアもテールライト部分に反射板部分が再現されており、1000円を切る1/64スケールモデルでここまでやるのはまったく驚異的というほかない。

by gramman | 2019-04-28 10:12 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-177a スカイライン2000GT-R 70年式(銀)

GT-R誕生50周年となる今年はTLVもGT-R大攻勢となる見通しだ。2019年2月の新車は2ヶ月連続となるC10系GT-R。



b0098271_12365853.jpg
b0098271_12370209.jpg
b0098271_12370677.jpg
b0098271_12370925.jpg
今回はPGC10型GT-Rの最初のマイナーチェンジを行った70年のスタイルとなる。70年はC10系スカイラインがマイナーチェンジを行ったため、それにGT-Rも追従した形だ。前月の69年式とはボディそのものは変わらないものの、フロントグリルがライトベゼル、ラジエターグリルが別体だった3分割タイプから、一体となったワンピースタイプに変更された。またリアテールランプの意匠も変更になっているが、正直1/64スケールだと画像では分かりにくい。その他フェンダーミラーがメッキタイプから樹脂のつや消し黒タイプに変わったようだが、これはTLVでは再現されない(箱絵では比較可能)。

by gramman | 2019-02-16 12:48 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.09 日産 フェアレディZ

2019年1月、セリカと同時ラインナップになったトミカプレミアムがこれまたメジャー車種、フェアレディZだ。



b0098271_15385737.jpg
b0098271_15385914.jpg
b0098271_15390244.jpg
b0098271_15435078.jpg
もはや実車の説明も必要ないくらい定番のS30フェアレディZ。箱では全く説明が無いが、知っている人なら知っている「その車は、まるで狂おしく身をよじるように、走るという」あのクルマなのは間違いない。フロントのリップスポイラー、RSワタナベと思しき8本スポークホイールがノーマルと異なりカスタムパーツとなる。残念ながらフェンダーミラーは再現されないが、そこまで雰囲気を悪くはしていない。



b0098271_15435409.jpg
b0098271_15435660.jpg
ボンネットは開閉が可能。S30らしく逆ヒンジである。ちなみにボディカラーは青っぽく見えるがこれは光の具合で、実物はもっと紺色と紫色が強い。



b0098271_15455205.jpg
あのマンガの設定と異なるのがエンジン。原作ではL28改エンジンにターボを搭載となっているが、このモデルのエンジンは形状からS20だと推察される。画像では運転席型にキャブレター、助手席側にエキマニがあるように見える。L型エンジンであればキャブレターとエキマニの位置が逆になるし、プラグコードはカムカバーには着かない。SOHCのL型に比べ、DOHCのS20型はカムカバーが若干幅広なのも特徴だ。別画像で確認できるがマフラーが縦出しデュアルなのもS20を搭載するZ432の特徴である。と、ここまで書いてみて、ダイキャストで再現されたエンジンながら、型式が判別できるほどの精緻さを表現できていることが、いかに今回のZのレベルが高いかお分かり頂けることだろう。



b0098271_15455720.jpg
b0098271_15455533.jpg
今回のモデルは造形が素晴らしく、特にフロントは1/64ながらまるで1/43かと見紛うばかりの迫力がある。各部の形が破たんしておらず、これは歴代のトミカプレミアムの中でも最高傑作ではないだろうか。



このラインナップに伴い、Z32フェアレディZが廃版となった。こちらもまた素晴らしいモデルなので、入手できるうちにゲットしておくことをおススメする。

by gramman | 2019-01-26 15:53 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-荻窪魂Vol.06 日産プリンスロイヤル

「平成最後」のフレーズをそこらじゅうで見かける平成31年、平成を締めくくるに相応しい1台がTLVに登場した。長らく乗用車として国内最高峰の存在であり続けた、プリンス・ロイヤルである。



b0098271_18453631.jpg
b0098271_18453906.jpg
スポーツカーはもちろん大型トラック、清掃車に果ては霊柩車まで、どんな分野のクルマでも趣味の対象になってしまう懐の深さがあるのが自動車業界であるが、ここまで趣味として語られることの少ないクルマも珍しいだろう。皇族、国賓が乗車するためだけに作られた乗用車、それが御料車でありプリンス・ロイヤルなのである。

全ては宮内庁が自動車工業会へ御料車の開発を依頼したことに始まる。グランドグロリアをはじめ宮内庁へ多くの納入実績があったプリンス自動車が開発を担当することに決まり、1965年より開発がスタートした。開発はプリンスのみならず国内の自動車産業のあらゆる技術を結集し、それを多忙であったプリンスの乗用車チームに代わり、商用車チームがまとめあげてすすめられた。史上かつてない大型リムジンの製作は各部の補強を加えていくうちに重量との戦いになったが、商用車チームが開発したことがかえって幸いした。元々プリンスの商用車は耐久性に定評があり、リムジンシャシーの開発にはそれまでのノウハウが生かしやすかった。開発は短期間で進み、短い期間でリムジン設計を完結させることが出来たのであった。67年には第1号車が納入されることになったが、その時には既にプリンス自動車は消滅していたにも関わらず、その功績から「日産・プリンスロイヤル」と名付けられた。その後72年にかけて合計7台が製造されたと言われている。



b0098271_18454133.jpg
b0098271_18454417.jpg
b0098271_18454612.jpg
全長6155mm、全幅2100mm、全高1770mmのボディは現代の目で見てもかなり大型の乗用車である。全高は約1.8mと高いが、デザインの妙により間延び感、腰高感を感じさせない。ボディは防弾装備と各部の補強を施した頑強なもので、シャシーはセパレートフレーム、足回りはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがリーフスプリングとされ、駆動方式はFRと手堅い設計とされた。エンジンは特別開発のV型8気筒OHV6473cc、燃料供給はキャブレター方式とやはり新技術に頼らず、熟成された信頼できる技術を投入していた。車体各部はできるだけ国内開発にこだわっていたが、ミッションだけは信頼性を考慮して米GM製の3速ATを選択している。

フロント部分のデザインは同時期に新車であった3代目グロリア、いわゆるタテグロに似ているが、グロリアと部品を共通にする部分は一切無い。塗装は高級車らしく特別な黒色が施されているのだろうと思うところだが、地方の行幸先でキズがついた時でも直せるよう、一般の整備工場でも施せるレベルの塗装とされた。

一般車のナンバープレートにあたる位置にシルバーのプレートがあるが、これは天皇皇后陛下が乗車される際にのみ菊花紋章が装着される。鉄道ファンならお召し列車の御料車と同じ、と言えば分かりやすいだろうか。加えて後部ドアに金色の菊花紋章が描かれ、ボンネットのフードマスコット付近にエンジ字に金色の菊花紋章が描かれた旗を立て、御料車としてのスタイルが完成する。



b0098271_19110703.jpg
b0098271_19111072.jpg
b0098271_19111394.jpg
TLVでは内装も再現。観音開きのドア(むしろ扉と呼びたくなるほど重厚)は残念ながら非可動だ。実車では運転席とその後ろに侍従が乗車する前席、その後ろに貴賓席となっている。貴賓席のみ柔らかく滑りにくい毛織物を使用し、その他の席は耐久性に優れた革張りで仕上げられていた。これは海外の一般的なリムジンに倣ったものである。




b0098271_19142937.jpg
リアフェンダー後方にひっそりと、しかし誇らしげに輝く車名エンブレム。いかにも重厚そうなリアバンパーも頼もしい。意外なほどスポーティに見える左右2本出しのマフラーも見どころである。



b0098271_19191394.jpg
b0098271_19191631.jpg
参考までに車体サイズの比較。同時代のグランドグロリアでは全くお話にならないほど大きい。
b0098271_19191906.jpg
初代プレジデントでも足りない。
b0098271_19192187.jpg
先代センチュリーでもまだ足りない。
b0098271_19192478.jpg
シビリアンでようやく全長がほとんど同じ、車高はさすがにプリンスロイヤルのほうが低いという結果になった。デザイン的に大きくは見えないが、いかにこのクルマが大きいかお分かり頂けただろうか。



b0098271_19214941.jpg
b0098271_19215195.jpg
今回はブック型ケースに収められている。デザイナーによる回顧録も載っているので、プリンスロイヤルの実際を知るにはこれ以上ない模型であろう。ちなみにメッキのフェンダーミラーとフードマスコットがユーザー取付パーツとして付属している。ありがたいことにフェンダーミラーの取付部分にヘコミがあるので装着はとても簡単だ。いずれの画像もユーザー取付パーツを取り付けていない状態なので悪しからず。

日本自動車界の威信をかけて生まれたプリンスロイヤルも40年以上経ち、寄る年波には勝てず2006年から導入されたトヨタセンチュリーロイヤルへ交替し、もう実車を見ることは無くなってしまった。メーカー希望価格9200円は新元号ご祝儀価格にしても少し高いとは思うが、昭和と平成の皇室行事に華を添えた1台、みなさんもいかがだろうか。

by gramman | 2019-01-17 20:34 | ミニカー | Trackback | Comments(0)