人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

タグ:ネオヒス ( 100 ) タグの人気記事

トミーテック・LV-N183b グロリア グランツーリスモ アルティマ(赤)

TLVに5月のセドリックブロアムVIPに続いてグロリアグランツーリスモが仲間入り。



b0098271_15581331.jpg
b0098271_15581642.jpg
b0098271_15581800.jpg
言うまでもなく、グロリアはセドリックと兄弟車であり、Y32グロリアも1995年6月に誕生した。こちらもラインナップは全車ハードトップ、3ナンバーのみとなった。

今回のグランツーリスモアルティマはスポーティグレードの最上級グレードに位置付けられ、ターボエンジンのVG30DEを搭載、いかにも速そうな丸目4灯の攻撃的なフロントマスクが特徴であった。開発元である日産でも、セドリックはブロアムVIP、グロリアはグランツーリスモアルティマを最上級グレードと想定し、棲み分けがなされていた(セドリックにもグランツーリスモが、グロリアにもブロアムVIPはもちろんラインナップされていた)。アルティマに限らず、グランツーリスモは本当によく売れた。今でこそ下火になってしまったVIPカーというジャンルを、Y31で確立させ、Y32で昇華した立役者であると言えよう。



b0098271_15582094.jpg
b0098271_15582258.jpg
b0098271_15582425.jpg
セドリックブロアムVIPとの対比。兄弟車なので基本的な構造は変わらない。フロントマスクはもちろん、分かりにくいがバンパーの意匠も異なるので、実車でグランツーリスモが全長が20ミリ長い。

by gramman | 2019-06-16 16:09 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N181 セドリックブロアムVIP

新元号1発目、2019年5月のTLV新車はY31セドリックブロアムVIP。珍しく色違い2台を2つとも入手。


・LV-N181a セドリックブロアムVIP(白)
b0098271_15405529.jpg
b0098271_15410006.jpg
b0098271_15410437.jpg


・LV-N181b セドリックブロアムVIP(薄緑)
b0098271_15410765.jpg
b0098271_15411085.jpg
b0098271_15411358.jpg


実車は1991年に登場したY32系で、ラインナップはハードトップのみとなった。税制改正により全車3ナンバーとなったのも特徴である。中でもブロアムVIPは最上級グレードと位置付けられ、豪華な装備品、ひいては無駄ともいえるほどの贅沢な装備が話題を呼んだ。

あまり古い印象を受けないクルマであるが、生産は1995年までのため車歴24年よりも新しいクルマはないわけで、ネオヒストリックと呼んでも良いクルマになってしまった。さらにこの頃のVIPカーブームとも相まって無茶な改造を施されたものが多く、クラウンよりも販売台数が多かったと言われる割に程度の良い個体は極端に少ないと思われる。日産の勢いがトヨタを上回っていた、最後の時代のクルマであった。



b0098271_15411640.jpg
b0098271_15412010.jpg
模型的にはヘッドライトとフェンダーパネルの隙間が非常に薄いのがよく分かる。ダイキャストではここまで再現するのは困難で、今回のモデル化に際してのトミーテックの気合の入れ方が分かる。

by gramman | 2019-06-16 15:55 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.08 日産 シルビア

トミカプレミアム2019年4月の新車第1弾はシルビアだ。



b0098271_10020412.jpg
b0098271_10020635.jpg
b0098271_10020882.jpg
特に説明されていないがS13系シルビアに間違いなく、もはや解説も必要ない超有名車である。本家トミカでも長らくラインナップされたロングセラーモデルであった。独特な色のツートーンもトミカと同じだ。

ボディサイドのエンブレムからターボモデルのK'sであると分かる。このS13のグレードはトランプになぞらえて下からJ's、Q's、K'sと洒落たネーミングが与えられていた。もっとも、ターゲットであった若年層と、後年になってからの走り屋層からはQ'sはクズ、K'sはカスとシルビアユーザーに問答無用で殴られるようなネーミングで呼ばれていた。ほぼ競技仕様であまり売れなかったJ'sは蔑称すら与えられなかった。



b0098271_10021023.jpg
左右ドアが開閉可能。ドアミラーは対象年齢の関係で再現できなかったのだろう。



b0098271_10021251.jpg
b0098271_10021563.jpg
フロントライトを見てみると、うっすらとプロジェクターヘッドライトのモールドが再現できる。リアもテールライト部分に反射板部分が再現されており、1000円を切る1/64スケールモデルでここまでやるのはまったく驚異的というほかない。

by gramman | 2019-04-28 10:12 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N179a トヨタ マークII 2.5グランデG(白)

トミカリミテッドヴィンテージネオ2019年3月の新車は、2月の2.5GTツインターボに続き、80系マークⅡ2.5グランデGだ。



b0098271_16313571.jpg
b0098271_16313903.jpg
b0098271_16314191.jpg
b0098271_16314429.jpg
2.5グランデGはラグジュアリー志向が強いグレードとして、スポーティ志向の2.5GTツインターボとは趣が異なる。ノンターボながら直列6気筒DOHCエンジンは最高出力180PS、最大トルク24.0kg・mを発揮、滑らかな走りと力強い加速を実現した。

昔見かけた実車は白が圧倒的に多かった記憶があるので、白色を購入した。この他にグレーのボディカラーもラインナップされる。3ナンバー車らしい大型バンパーが目立ち、特にリアは実車よりもかなり大きいのが気になるが、全体的なバランスはとても良い。モデル化に恵まれなかった80系ではありながら、一番後出しになった今回のモデルは傑作と言えるだろう。

by gramman | 2019-03-30 16:57 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N178a トヨタ マークⅡ2.5GTツインターボ(黒/銀)

2019年2月のTLV新車の新しいほうのもう1台は、6代目となるマークⅡの2.5GTツインターボだ。



b0098271_12502811.jpg
b0098271_12503224.jpg
b0098271_12503577.jpg
b0098271_12503799.jpg
6代目トヨタ・マークⅡは1988年に登場した。先代のX70系の角ばったボディから決別、丸みを帯びた上品なスタイルと、同時期のクラウンセダンと全く同じ寸法になるなど高級志向が高まり、大きな話題を呼んだ。メカニズム的にはガソリンエンジンは排気量にかかわらず全てDOHCとされ、ターボを除くDOHCエンジン搭載グレードにスーパーチャージャーが搭載された。シャシーこそ先代ものを引き継いだが、足回りは新規設計とされた。

登場から2年後の90年8月にマイナーチェンジを実施、2500ccエンジン(1JZ)が新規採用され、2.5グランデ、2.5グランデG、2.5GTツインターボが追加された。3000cc車と2500ccエンジン車は大型バンパーにより全長を延長、名実ともに3ナンバー車となった。



b0098271_12504138.jpg
TLVでは画像の黒/シルバーのほか定番のホワイトも用意。今回はあえてホワイトでないほうをチョイスした。横から見ると先代70系よりも下げられたルーフの低さが際立つが、このモデルでは実車より狭いであろうフェンダーとタイヤのクリアランスが絶妙で、カスタムの必要が無い。トランク部分に備わるリアスポイラーはユーザ取付パーツとなる。今回は装着していない状態だ。

by gramman | 2019-02-16 13:03 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・トミカプレミアムNo.02 トヨタ セリカ 2000GT-FOUR

トミカプレミアムにまたまた国産車ファンの購入意欲をくすぐるクルマが仲間入り。



b0098271_14463819.jpg
b0098271_14464075.jpg
b0098271_14464228.jpg
今回は1985年に登場した4代目セリカである。「流面形」の愛称で知られるモデルだが、これは当時のキャッチコピーで、トヨタ自らが名乗ったものであった。同時期のコロナ、カリーナのフロアパンと共通であるため、コロナクーペ、カリーナEDとは広い意味で姉妹車となる。

中でも2000GT-FOURはフルタイム4WDで武装した1台で、86年に登場した。搭載される直列4気筒2000ccエンジンはノンターボながら185ps/6000rpmを発揮した。足回りは前後ともストラットであった。このセリカはモータースポーツでも活躍し、特にWRCでは90年にランチアを破り、日本車で初となるドライバーズタイトルを獲得したことでも知られる。また、87年公開の映画「私をスキーに連れてって」で登場し、爆発的に知名度を高めることとなった。逆に言えばセリカ=スキーの方程式が生まれてしまい、クルマにとってはそれが良かったのか悪かったのか・・・。



b0098271_14464610.jpg
ラリーのイメージが強かった本車は、オプションの埋め込みのフォグランプを装着したクルマがよく見られた。今回はその姿を再現したモデルとなっている。「私スキ」に登場するセリカもこのフォグランプを装着していた。



b0098271_14464418.jpg
左右ドアは開閉可能。この角度から見ると、昔トミカにラインナップされていた赤箱33番のセリカを思い出す。確かにトミカプレミアムのほうが彩色も施され、ディテールにこだわりも見えるが、当時のトミカのほうが魅力的に思えてしまうのは何故なのだろうか。



このセリカのラインナップに伴い、モリタ林野火災用消防車が廃版となった。入手したい方はお早めに。

by gramman | 2019-01-26 15:34 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N177a アンフィニRX-7 タイプRZ(黒)

2018年12月のTLV新車はまだまだ実車人気も高いFD3S型RX-7。



b0098271_23184268.jpg
b0098271_23184823.jpg
b0098271_23185045.jpg
初期型であるいわゆるⅠ型は既に9月にラインナップに登場している。今回のLV-N177番は中期型に分類されるⅣ型となる。Ⅳ型は1996年1月のマイナーチェンジで登場したもので、CPUの性能向上、吸気系、ターボブースト圧の見直しによりMT車で10PSの出力向上が図られ、最高出力265PSとなったモデルだ。外観上はリアコンビネーションランプが片側3連のものに変更されている。

グレード名であるタイプRZは前期型で登場したグレードで、リアシートが無く2シーターとされ、エアコンですらオプションとなるストイックなグレードであった。ボディ色は黒のみ、専用のメッシュホイールが奢られスパルタンな印象を強く受ける。



b0098271_23273037.jpg
b0098271_23273377.jpg
b0098271_23273667.jpg
Ⅰ型との比較。ホイールとボディカラーだけでここまでイメージが変わるものかと驚かされる。ボディ形状自体には変更がなく、前述の変更点以外にリアスポイラー形状に差異がみられる。これは前のⅢ型から4点で支えるものから2点で支えるものに変更された。よく見ると室内のシート形状も異なる。また、Cピラーに赤字で「RZ」の表記がされる点にも注意。

今回もサイドミラーがユーザー取付パーツとなる。ミラーでおそらくガラッと印象が変わるとは思うが、やはり装着位置にガイドもなく、取付は困難だ。

by gramman | 2018-12-16 23:36 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N176a クラウン2.8ロイヤルサルーンG(白)

2ヶ月連続で120系クラウンの新車が登場。前回は後期型の2000ccのロイヤルサルーンであったが、今回は前期型2800ccのロイヤルサルーンだ。



b0098271_11485529.jpg
b0098271_11490200.jpg
b0098271_11490611.jpg
実車は1983年に登場した120系クラウンの最高峰グレードである。エンジンには5M-GEU型直列6気筒2800ccDOHCを採用。足回りは歴代クラウンで初となる4輪独立懸架となった。外観上はCピラーにクリスタルピラーと言われるアクリル製のピラーが話題を呼んだ。実は2800ccモデルは登場から1年後には6M型の3000ccに変更されるためレアなクルマである。

スポーティさを演出するために前期型の途中から採用されたフロントアンダースポイラーは今回もユーザー取付パーツである。

by gramman | 2018-11-23 11:56 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

トミーテック・LV-N175a クラウンHTロイヤルサルーン(白)

TLV2018年10月の新車は久々のクラウン。1983年に登場した120系だ。筆者が生まれた頃の新車は130系だったので120系クラウンは「新しいクルマ」という感覚はないが、クルマ好きな諸兄にはまだまだ新しいクルマという意識があるかもしれない。でも街でぱったり見かけなくなったのは事実だ。



b0098271_23383159.jpg
箱絵はフォグランプが点灯した状態で描かれているのが素晴らしい。前述のように120系クラウンは83年に登場したモデルであるが、今回は85年のマイナーチェンジ以後の後期型が再現されている。前期型は110系の面影を残し、80'sの雰囲気を感じられる外観であったが後期型はマークⅡ3兄弟のように、より洗練された雰囲気を醸し出している。120系にまつわるエピソードとしては、有名な「いつかはクラウン」のフレーズが用いられたモデルでもあった。

b0098271_23383783.jpg
モデルグレードは2000ロイヤルサルーンスーパーチャージャー。エンジンは直列6気筒DOHCの1G-GZEU型を搭載、日本初のスーパーチャージャーを搭載したクルマとして知られる。サスペンションも4輪独立懸架を採用、スーパーホワイトを引っ提げて、同時期のマークⅡ3兄弟とともにハイソカーブームをけん引した。ユーザ取付パーツとしてフロントバンパー下のスポイラーが付属するが、画像では取り付けていない。

b0098271_23384141.jpg
新時代のクラウンらしいリアビューも再現。内装はワインレッドで再現されており、当時の雰囲気を色濃く感じることが出来る。

by gramman | 2018-10-29 23:52 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

タカラトミー・タカラトミーモールオリジナル トミカプレミアム マツダ RX-7 FD3S RE雨宮仕様

こちらもトミカプレミアムタカラトミーモールオリジナル商品。FD3SRX-7のRE雨宮仕様だ。



b0098271_11354851.jpg
b0098271_11355356.jpg
b0098271_11355712.jpg
RE雨宮といえばクルマ好きでは知らない人はいない、有名なチューニングショップである。特にロータリーエンジン搭載車に造詣が深く(代表の雨宮氏は「ロータリー専門でレシプロエンジンは無理だ」と発言している)、また外装の派手なことも根強い人気を支える理由でもある。チューニングショップとして改造を手掛けるだけでなく全日本GT選手権、D1GPなど有名なレースにもフル参戦したこともまた、知名度を大きく向上させた。

今回のFD3S雨宮バージョンも外観はRE雨宮らしい派手なもので、カーボンボンネット、大型リアスポイラー、フロントスポイラーはもとより、リトラクタブルライトをあえて固定式にするなど独特なスタイルが魅力の1台である。通常版のFD3SもRE雨宮仕様で人気であったが、2017年11月に日産レパードと入れ替わる形で廃版となってしまった。

by gramman | 2018-09-30 11:50 | ミニカー | Trackback | Comments(0)