人気ブログランキング |


クルマと模型バカによる終わりなき妄言の全記録


by gramman

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

NULLTOP

カテゴリ

全体
模型
自動車
愛車
ミニチュア
ミニカー
鉄道
告知
ミリタリー
未分類

最新のコメント

削除しなさい
by 通りすぐる at 23:42
> 通りすがりの元技官さ..
by gramman at 15:37
お邪魔します。 業..
by 通りすがりの元技官 at 16:04
>ひろ吉 さん 適合表..
by gramman at 22:40
おせわになりますw 今..
by ひろ吉 at 11:55
私も同感です、免許取って..
by スーパードルフィン at 22:35
>みやのこさん いつも..
by gramman at 20:52
はじめまして、 私は埼..
by みやのこ at 17:09
確認して訂正しました。あ..
by gramman at 22:03
79式ですよ
by mat man at 00:12

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
車・バイク

画像一覧

タグ:バイク ( 13 ) タグの人気記事

タミヤ・陸上自衛隊オートバイ偵察セット

ちょっと大物ばかり続いたので箸休めみたいな意味でのフィギュアセットを投入。タミヤの陸自偵察セットだ。



b0098271_21404871.jpg


b0098271_21412719.jpg

フィギュアセットとは言え、車両も付属する。製品名に車名も入らないし、車名のデカールも付属しないが、ホンダのXLR250Rがベースのオートバイだと思われる。おそらく車名を入れるとホンダに許諾を取らなければならなくなるのだろう。バックミラーのパーツは付属しないので、公道走行時を再現するなら少々工作が必要になる。実車に装着されるバックミラーは丸型の非常にオーソドックスなタイプだ。

ちなみに現在はこの空冷エンジンのXLRから水冷のカワサキKLXに更新されつつある。画像にピントが合っていないが、1/35スケールではあまりにバイクが小さく、持っているデジカメではなかなか撮影が難しかった。



b0098271_21443296.jpg


b0098271_2145928.jpg

乗車姿勢の偵察隊員が付属するので乗車させてみた。弾帯ベルトの周囲等にたくさんの装備品が装着されている。装備する89式小銃は折り曲げ銃床式である点に注意。背中に背負う無線機のアンテナはパーツでは再現されていないので、伸ばしランナーをくっつけた。これがあるとないとでは雰囲気がかなり違うと思われる。



b0098271_21512239.jpg


b0098271_2152056.jpg


b0098271_215236100.jpg

戦車長のフィギュアも付属するのでご登場いただいた。これで偵察前の打ち合わせ風景が再現できる。車長の手には紙で地図を握らせる指示になっているが、手持ちの素材でバインダーを再現してみた。

いつも苦労する陸自隊員の迷彩模様はタミヤアクリルカラーから、XF-67NATOグリーンをベースにXF-60ダークイエロー、XF-64レッドブラウン、XF-69NATOブラックを組み合わせた。これが混色しない範囲でもっとも実物に色調が近いような気をする。もっとも、実物にも秋冬用迷彩などは枯葉の時期を想定しているためいわゆる陸自の迷彩とは色彩が異なる。

最後の画像では第10偵察隊の軽装甲機動車にも友情出演してもらった。
by gramman | 2013-04-30 21:59 | 模型 | Trackback | Comments(0)

アオシマ・完成品バイク CB1300P(白バイ)

あのアオシマが精力的にラインナップを展開する新ジャンル、「完成品バイク」に皆の憧れの白バイが登場した。しかも今回の白バイはただの白バイではない。初の立体化となるCB1300Pがモデルだ。



b0098271_2114742.jpg


b0098271_21141951.jpg


b0098271_21142738.jpg


b0098271_21143455.jpg


b0098271_21144267.jpg


b0098271_21144924.jpg


長らくおなじみだったVFR750P、VFR800Pに変わり配備が進む最新型の白バイがこのCB1300Pだ。750ccのVFRに比べると実に1.7倍もの排気量を誇る、白バイのフラッグシップに相応しい1台と言えるだろう。しかもこのホンダCBシリーズは教習車にも採用されるケースが多いことからも分かるように、扱いやすさもピカイチだ。

この巨大な車体がいざ路上に出ると、白バイ隊員の卓越した技術と相まって世の中のドライバーの畏怖を一身に集める存在へ一変する。ある意味で公道最強のバイクと言えるだろう。



今作はカウル類がダイキャストで再現されており、フレーム、マフラー等の繊細な部品はプラパーツにて再現されている。センタースタンド、サイドスタンド、ハンドル、タイヤ等の「模型として動かなければならない部位」は可動するので安心してほしい。



定価2000円なのでそれほどディテールが細かいわけではないが、それなりに満足できる出来と言えるだろう。しかしながら外箱は非常にチープなので覚悟してほしい。「ゲーセンのクレーンゲームの景品」をイメージしてもらえば間違いない。ビックリするほどそっくりだからだ。
by gramman | 2012-12-18 21:24 | ミニカー | Trackback | Comments(0)

外装変更

手に入れてから1か月ほど経ちまして、ようやくNS-1に手をかけてみました。



b0098271_2048285.jpg


b0098271_20483839.jpg




この車体を譲ってもらった友人から純正シートカウルとタンクカバーを入手しまして、懸案事項だった外装の問題は一歩前進。手間のかかる全塗装という選択肢からは遠ざかりつつあります。しかしアッパーカウルとアンダーカウルは改めて入手する必要があり、現在ヤフオクで検索中。現状、かなり変な外観になっています。



まだまだ純正部品は出る車体ということで、ヤフオクと純正パーツの両方を駆使してどうにか現代版へとアップデートを図りたいと考えています。まずはパーツリストを入手せねばとヤフオクで入札かけました。まだ落札できるかは未定ですが、競合相手がいないので、おそらく大丈夫でしょう。キーシリンダー一式と、ライト類は新品にしたいところです。



それと同時にフロントスプロケットを純正サイズである14丁へと変更。結果低速時の安定性は向上しましたが当然トップスピードは落ち、エンジンの性能を使いきれていない感が強まったので、おそらくベストは15丁。この辺も各所のセッティングと同時に煮詰めていきたいと考えています。
by gramman | 2012-05-06 20:56 | 愛車 | Trackback | Comments(0)

ホンダ・NS-1

この項目は久々の更新。



もうかれこれ10日ほど前になるだろうか、友人を通じて1台のバイクを入手しました。



b0098271_13232563.jpg
b0098271_13231980.jpg




ホンダ・NS-1の、フロントライトが丸目2灯になった後期型。あくまでも原付ですが、50ccとしては最上級の加速性能を誇る、国産2サイクル車の傑作と言えるでしょう。その加速性能、最高速性能はすでに実感済。



ただいろいろと手を加えなければならないところはあって、まず目に付くのが外装。もともと赤系のカウルに、大した下地処理もなく黒い塗料が塗りたくられているので、そもそも美しくないし、ところどころ黒い塗料が剥げて下地が見えてしまっている。これにかんしてはもう1つ別のカウルを入手するか、後から塗った塗料を落としてしっかり下地処理をしたうえで改めて塗りなおしたいところ。



次に駆動系。フロントスプロケットが純正14丁に対して16丁と大型化されており、これが鬼門。ただでさえトルクのない2ストエンジンなのに、さらに加速が弱くなり1速発進でエンストする有様。相当いい感じにスピードが乗っても6速を使うことがほとんどないので、16丁にした前オーナーの選択は誤りだったと言わざるを得ない。純正14丁はおまけで付いてきたので、これに替えるか、15丁にしたいところ。



大きく気になるのはこのくらいだろうか。乗ってみてまた、不満が出たらその都度直すというまさに楽しいレストアライフの始まりといったところです。
by gramman | 2012-04-15 13:31 | 愛車 | Trackback | Comments(0)

タミヤ・ホンダNR

皆様明けましておめでとうございます。2011年はあまり良いニュースに恵まれない1年でしたが、2012年こそは良い年になってもらいたいものです。



さて、新年一発目のネタは、今でもバイク好きの間で語り草となっている、空前絶後にして唯一無二のホンダNRです。カウルの全てをカーボンで作ってしまったり、マフラーセンター出しなどの特徴は数あれど、なんと言っても本車の特徴といえば「楕円ピストン」。1気筒で2気筒分のパワーを得ようと、2気筒を1つにしてしまおうというその奇想天外な発想と、それを実現させてしまうホンダの高い技術力が結集して出来上がった珠玉の名機RC40E型で、このエンジンがあってこそNRがNRとして存在出来るといえましょう。しかしこれだけ高度なメカニズムを備えながら、最高出力は現代のSSと比較すると少し控えめな77PS、足回りはフロントがテレスコピック、リアはプロアームと至って一般的な構造であったため、乗り味は極めてフレンドリーであったということです。当時のホンダの技術の粋を集めた本車の新車当時の価格は、二輪としては驚異的な520万円。これを高いと思うか安いと思うかは、オーナー次第です。


そんなNRをタミヤがキット化。実車登場に合わせての登場だったので初登場から20年ほどが経ち、さすがに金型もお疲れのようで、タミヤらしからずバリが散見されました。前回制作したハヤブサはそれよりかなり後の年代のタミヤ製品であったゆえに、それと比較してしまったためなおさらアラが目立ちました。



b0098271_17462096.jpg


b0098271_17462951.jpg


b0098271_17463690.jpg


b0098271_17464716.jpg


b0098271_17465748.jpg


b0098271_1747563.jpg


キットは素組。ナンバープレートを0.3mm厚のプラ板に置き換えた以外はそのままです。カラーリングはグンゼの79番シャインレッドのスプレー缶をそのまま塗布。説明書では蛍光レッドと書いてありましたが、実車は蛍光カラーとは言い難いもののようです。付属のタイヤは左右のゴムを勘合させた際のバリが目立ったので紙ヤスリにてバリを除去。その程度手を入れてやればここまで仕上がります。完成後も非常に目立つマフラーカッターは本来はメッキですので、ハセガワのミラーフィニッシュ等使ってやればさらに良い質感になったかもしれませんね。他のバイクモデルとスタイルを合わせるために付属のレーシングスタンドは使わず、サイドスタンドを装着。非装着状態では2枚のカーボンパネルがアンダーカウルとツライチになるよう設計されています。



キットはアッパーカウルとサイドカウルは透明部品にて再現されており、そのまま組めば完成後も特徴的なV型4気筒エンジンを拝むことができます。このキットにはメッキされた部品が1つもないので、あらゆる金属部分はすべて塗装にて再現しなければなりません。それが少し不満点でありました。



このNRのキット、良く行く近所の某電機では売っていないので少し遠征した別の某電機で入手したといういわくつきのキット。手に入れてから半年ほどたってしまいましたがようやく完成と相成りました。
by gramman | 2012-01-03 17:52 | 模型 | Trackback | Comments(0)

タミヤ・スズキGSX1300R隼

スズキの誇る重量級バイクの登場です。その名も勇ましき「ハヤブサ」。



b0098271_10561928.jpg


b0098271_10572118.jpg


b0098271_1113814.jpg


b0098271_1115989.jpg


b0098271_1122759.jpg




純正色では青/シルバー、黒/青などのツートンしかないのですが、塗装のしやすさと格好を重視してメタリックブラック一色を選択。シブさを出すつもりが少しシブくなりすぎました。これでウインカーがクリアーに出来ればなお良かったんですが、ウインカー類は最初からクリアーオレンジで成型されていたために断念。脱色する方法がない事はないんでしょうが、今の技術では無理でした。



b0098271_11281422.jpg


b0098271_11285764.jpg


1000ccの軽量SSでもストレートならきっと勝てるハヤブサのエンジンと言っても、特別なエンジンを積んでいるわけではない。普通の1300ccの直4エンジンに過ぎませんが一応フレームに乗った状態を2ショット。この状態だとかなりロングホイールベースだということも分かります。これではSSと峠でタメ張ろうってのは無理な話です。



さて次回作はホンダの楕円ピストンを搭載した市販車。これだけでのヒントで、少しでもバイクが好きな方なら分かるはず。
by gramman | 2011-11-12 11:39 | 模型 | Trackback | Comments(0)

タミヤ・ヤマハYZF-R1

バイクモデル5連発の最新作、ヤマハが誇るSS、それがYZF-R1だ。



b0098271_21495684.jpg


b0098271_2150665.jpg


b0098271_21501819.jpg


ヤマハのYZF-R1と言えば、1000ccの大排気量エンジンを搭載しながらもワインディングを誰よりも速く駆け抜けるために開発されたバイク。それまでリッターバイクと言えば、長距離を移動することに主眼を置いたツアラー的な要素が強いモデルが多かったが、ヤマハはそんな常識にとらわれずに果敢にチャレンジし、今ではホンダがCBR1000RR、カワサキはZX-10R、スズキはGSX-R1000をラインナップするまでに至りました。まさにYZF-R1は革新的なモデルと言えます。



そんな性格のモデルですから、構造はきわめてストイック。純正でフロントに倒立サスを装備し、フロントブレーキキャリパーは4ポッド式、セパレートハンドルに集合式排気管とまさにSSを基本を抑えた造りです。車体の小ささも特筆すべき点で、CB750Fと同程度であり、VFR800Pよりも一回り小さい印象です。「人馬一体」とはよく言いますが、ライダーがバイクをコントロールできるサイズにおさまっています。



そんな本車を、メタリックレッド一色で塗装。これはもちろん純正のカラーにはありません。塗り分けの手間を嫌っただけの結果ですが、なかなか印象的な色合いで、これはこれでアリ。カラーリングが全塗装なのに各パーツがノーマルという違和感はどうにもなりませんでしたが、そこは妥協です。



しかしこの著しくスポーツなライディングポジションになりそうはハンドルの配置と、SSらしい薄いリアカウルと同じく薄いシングルシートを見るに付け、これで長距離をツーリングするのがいかに苦痛か、想像に難くありません。
by gramman | 2011-10-04 22:03 | 模型 | Trackback | Comments(0)

フジミ・Honda VFR800P 警視庁白バイ仕様

いつ以来になるだろうかと考えてしまうほど久しく手を出していなかったフジミのプラモデル。個人的にタミヤばっかりしか作らない私がなぜフジミのキットに手を出したか。それは、このキットがメーカーの好き嫌いを超えて魅力的な車種だったからだ。そのキットとは、ホンダVFR800P、つまり「白バイ」だ。



<フロント>
b0098271_2139449.jpg


b0098271_21391596.jpg


b0098271_21392363.jpg




<リア>
b0098271_21394853.jpg


b0098271_21395758.jpg


b0098271_2140698.jpg




フジミにしては、実車の雰囲気が良く出ていると思う。昔はカーモデルと言うとモーターライズでシャシーが共通、太いランナーとヒケ、ディテールの甘さやラインの不正確さというものが目に付いたものだが、よく進化したものだと感嘆した。タミヤの病的なまでのディテールの追求と比較すると見劣りする感は否めないが、組んでしまうと違和感はそれほど無い。ただ若干ノッペリしてしまう印象もある。



実はこのキット、ナンバープレートが付いていない。これは買ってから気が付いた。キットの箱にわざわざ書いてあったんだけども、いざ買ってみて袋から出すまで全く気が付かなかったね。

そしてタイヤはプラスチック製で、定番の中空ゴムによる再現ではない。ホイールと一体成型で、完全に塗り分けによって再現する。ゴム用の金型はプラスチック用の金型に比べると高くつくという話を聞いたことがあるし、VFR800だと派生させるような有名車種も無く、単に白バイのバージョン違いで展開させる以外にない事を考えれば、こういった形でコストを削減するのもやむをえないか、と前向きに考えてみる。昨今の4000円を超えてしまうかのようなバイクモデルのキットばかりが多く出回っているのを見ると、こういったコスト削減は率直に歓迎すべきなのだろうか。

コスト削減は他の部分にも及んでいる。エンジンの再現が全く無いのだ。「どうせカウルで見えなくなるのだから」という発想なのだろうか。だがいざ組んでしまえば、エンジンがあるのかないのか、カウルの前部にわずかに開いた隙間からよくよく見なければ分からない。バイクモデルの概念を覆す思い切った冒険が出来るのは、今までバイクモデルをラインナップしていなかったフジミならではであろう。



b0098271_21512931.jpg


b0098271_21571667.jpg


ここまでくればやはり実車についても説明せねばなるまい。ベースになっているのはホンダのVFR、V型4気筒エンジンを搭載し、プロアームをアイデンティティとするどちらかといえばSSよりはツアラー寄りの性格を有するバイクである。見た目とは馴染まない、フレンドリーな乗り味が特徴である。

そんなフレンドリーなVFRが、熟練した白バイ隊員の手によって他の追随を許さない、公道で最も安全で、かつ最も速いバイクへと変貌を遂げる。まさに風のようなライディングテクニックと、鬼のような執念で違反車を追い詰める。その実力たるや子供も黙る、いや大人も泣くほどのすさまじい気迫である。風のようなライディングテクニックについては、YouTube等で閲覧されたい(「白バイ競技会」などで検索を)。

さぞや改造してあるんだろうと思いきや、実は速さに直結する部分はほとんど市販車と同じだ。変更点としては、前後サイドバンパーの装着、前後ブレーキへのABSの採用、ハンドルバーをアップハンドル化し、ステップ位置を変更、(都市部での運用を想定して)オイルクーラーの大型化、と言った程度のものだ。そのどれもがより安全に任務を遂行するための装備であったり、待機することも多い長い取締りでの疲労感を低減するためのものだ。すなわち、バケモノなのはバイクではなく隊員のほうだと断言できる。



そんな白バイを余す所なく再現したフジミの意欲作、おススメです。
by gramman | 2011-09-12 22:08 | 模型 | Trackback | Comments(0)

タミヤ・ホンダCB750Fカスタムチューン

前作のカタナに続いて今作もバイク。そして題材は珠玉の名機、ホンダCB750フォアです。



b0098271_23302067.jpg


b0098271_23303255.jpg




国産ネイキッドバイクの金字塔、それがホンダのCB750。初登場は1979年ながら、現在に至るまでホンダ党は言わずもがな、バイク好きならば全員が認める名機。過去も、そして未来もきっとその輝かしい栄光は語り継がれていくことでしょう。



そんなCB750Fのカスタムチューン仕様をかなり前からタミヤがラインナップ。マフラー、リアショック、クラッチ等々、純正よりも高性能を発揮するためのパーツが別の金型で再現されています。ただ特定のパーツメーカーのものを再現した感はありますが、権利の関係からか一体どのパーツがどのメーカーのものを再現しているのか、一切うかがい知ることは出来ません。



ボディカラーは「バリバリ伝説」のグンの車両を意識してメタリックレッドで再現。純正のレッドではサイドにストライプのようなものが入りますが、今回は全塗装という設定で、HONDAのエンブレムのみ使用。例によってリアフェンダーは取っ払い。ここまでするとホイールも換えたいところですが、付属するパーツは純正のものだけなので、とりあえず色だけ変更。真っ黒に見えますが、ダークブルーのメタリックです。



しかしどこから見ても端正なスタイル。これ以後の全てのネイキッドバイクは、このCB750を基準にして考えるべきでしょう。
by gramman | 2011-08-12 23:39 | 模型 | Trackback | Comments(0)

タミヤ・スズキGSX1100Sカタナ カスタムチューン

お馴染み、タミヤの誇る1/12オートバイシリーズより1100ccのカタナのカスタムチューンです。



b0098271_012739.jpg


b0098271_014610.jpg


b0098271_015510.jpg


b0098271_02347.jpg




ノーマルと違う部分はオイルクーラーの増設、クランクケース、リアショック一式、集合管マフラー等です。その他もいろいろと変わっております。



今回目指したのは峠族や街道レーサーというよりは、雑誌「RIDE」等で取り上げられるような、真っ黒な皮ツナギを着たややいかつい人たちの乗るバイク。故にウインカーとクリアー化し、全体的にモノトーンなカラーリングを意識。リアのナンバープレートはややハネ上げすぎた気はします。きっと摘発されます。例によって、またリアフェンダーは切りました。「バリバリ伝説」のヒデヨシみたく、フロントフェンダーも取っ払っても良かったんですが、ちょっとスタイルが悪くなりそうなんで断念。嗜好とも合わないしね。劇中だとかっこ良く仕上がっていますが、立体化するとたいていフロントフェンダーがない事によるバランスの悪さが気になります。製作される方は気をつけてください。



仕事しながら作った割には製作期間は1週間ほど。やはりボディの塗装が早いと違います。ただし夏は乾燥が早くて良いですが、仕事が終わってからとそうすると気温が下がっているので湿度が高く、一切ツヤが出ません。日中に塗装するしかありませんが日中に塗装出来る環境は土日しかないのが悩みどころ。



さて次回作はホンダCB750Fカスタムチューン。同じコンセプトの商品ですが、今回は峠族を目指します。
by gramman | 2011-07-11 00:14 | 模型 | Trackback | Comments(0)